スマートウォッチ一覧

スマートウォッチやフィットネストラッカーの話題です。

中華フィットネストラッカー Huawei Honor Band 3で遊ぶ その3: 機能とアプリの紹介

今回は中華フィットネストラッカーHuawei Honor Band 3の機能をスマホアプリの画面をベースに紹介してます。Huawei Honor Band 3は詳細なデータを取得するだけでなく、Huaweiヘルスケアアプリでそのデータをわかりやすく表示されることがわかると思います。フィットネストラッカーの買いやすさはほとんどアプリで決まるので、これは重要な点です。

中華フィットネストラッカー Huawei Honor Band 3で遊ぶ その2: セットアップ!

今回は中華フィットネストラッカーのHuawei Honor Band 3のセットアップをするためにスマホアプリをインストールします。ちょっと設定項目が多いように見えますが、実際には選んでいくだけなので簡単だと思います。何よりも海外通販で買ったHonor Band 3でも日本語が使えるのがうれしいところです。

中華スマートウォッチ X9 miniで遊ぶ その4: しばらく使った感想

今回は中華スマートウォッチX9 miniをしばらく使った感想を紹介します。X9 miniはスマートウォッチと言うより、時計型のフィットネストラッカーというのが正しい製品カテゴリといえます。使い勝手としては、X9 miniはまずまずですが、スマホアプリの方はまだまだ改善の余地ありというのが正直な感想です。

中華スマートウォッチ X9 miniで遊ぶ その2: 電源オン!

今回はスマートウォッチX9 miniに電源を入れて本体をいじってみます。操作はスクリーンのタップ・スワイプ・ロングタッチを組み合わせて行えるように工夫されています。ただ、本体だけの操作では時刻合わせやアラームの設定などはできません。実質的にスマホアプリが必須なようです。

中華スマートウォッチ No.1 S9で遊ぶ その7: しばらく使った感想

今回は中華スマートウォッチ No.1 S9をしばらく使った感想を紹介します。私が使った限りではスマホアプリの完成度の低さと、スマートウォッチのバッテリ持ちの悪さが致命的で、日常的に使おうという気にはなれませんでした。デザイン・コンセプトなどはよいものはあるので、早くスマホアプリと本体のファームウェアを更新して改善してほしいところです。

中華スマートウォッチ No.1 S9で遊ぶ その5: フィットネストラッカーとして使う

今回は中華スマートウォッチ No.1 S9のアクティビティトラッカー機能を試してみます。しかし当然かもしれませんがアクティビティトラッカーと本業としているデバイスには使い勝手・機能としてはかなわない感じです。バッテリー消費も激しくなりますので、あくまでもおまけ機能程度に考えた方が良さそうです。

中華スマートウォッチ No.1 S9で遊ぶ その4: スマホと連携する

今回は中華スマートウォッチ No.1 S9とスマートフォンを連携させて使ってみます。SMSをのぞきスペックに載っている機能は代替確認できました。しかし、スマートウォッチ側に日本語が表示できなかったり、いまいちな点も多く見られました。また、実際にはこの記事の作成中もスマートウォッチとスマホ間の通信が安定せず苦労しました。

中華アクティビティトラッカーMi Band 2で遊ぶ その8: Mi Band Toolsを使う

今回はMi Band 2で利用できるサードパーティアプリとしてMi Band Toolsを紹介します。Mi Band Toolsを利用すると、純正アプリではできなかった心拍数のロギングや、アプリ毎に異なるアイコンでの通知などができるようになります。一方、歩数情報などは表示できませんので、純正アプリを置き換えるというよりも、補完するアプリといえそうです。

中華アクティビティトラッカーMi Band 2で遊ぶ その7: Google Fitと連携させる

今回は中華アクティビティトラッカーのMi Band 2をGoogle Fitと連携させてみます。Mi Band 2で測定した歩数データに関しては、Google Fitで表示できるようになりました。しかし、睡眠データは完全に転送されず、また時系列で表示できないなど、現時点では完全にはMi Fitアプリを置き換えることができない状態です。

1 2