Android一覧

Androidに関する話題です。自分で試したことを紹介しています。

海外通販: GeekBuyingで6周年記念セール Xiaomiスマホ用クーポン配布中!

今回は海外通販のGeekBuyingで発行されているXiaomiのスマートフォン3機種のクーポンを紹介します。いずれもディスプレイサイズが5.99インチなりますが、価格と中身は大きく異なっています。とにかく高性能ならMi Mix 2S、コスト重視ならRedmi Note 5、価格を抑えながらカメラを重視するならMi 6xがお勧めという感じです。

中華カーナビHizpo AD601で遊ぶ その9: ナビアプリを試す

今回は中華カーナビHizpo AD601でナビアプリを試してみます。Hizpo AD601はAndroidなので好きなナビアプリを選択することができますが、普通のスマホでないため使えないアプリもあります。Yahoo!カーナビアプリが使えないは残念ですが、TCスマホナビが使えるのでカーナビとして活用できそうです。

海外通販: GeekBuyingでOnePlus 6のクーポン配布中!

今回は海外通販のGeekBuyingで人気のOnePlus 6 グローバルバージョンのクーポンが発行されていることを紹介します。OnePlus 6は高性能CPU・ベゼルレスAMOLED・ソニー製センサー採用の高画素デュアルカメラ・LTEバンド19対応と隙のないスペックでです。最新スペックのAndroidスマホを探している方は是非チェックしてみてください。

中華カーナビHizpo AD601で遊ぶ その6: バックカメラ・フロントカメラの利用

今回は中華カーナビHizpo AD601のバックカメラ・フロントカメラ機能をテストしてみます。バックカメラ機能はリバース信号と連動させることができるため、車の後退時のみに自動的にバックカメラの映像を表示させることができます。中華カーナビHizpo AD601にはバックカメラが付属するので、車庫入れが苦手な人は是非活用したいところです。

中華カーナビHizpo AD601で遊ぶ その5: Android Autoを試す

今回は中華カーナビHizpo AD601でAndroid Autoを使う方法を模索します。中華カーナビHizpo AD601にはAndroid Autoはインストールできず、また、残念ながらAndroid Autoのレシーバーとしても使うことができません。しかしAndroidスマホにAndroid Autoをインストールして画面ミラーリングすることで、あたかもAndroid Autoかのように中華カーナビHizpo AD601を使うことができます。

中華カーナビHizpo AD601で遊ぶ その4: スマホとの連携を試す

今回は中華カーナビHizpo AD601とスマートフォンの連携機能を試してみます。カーナビとして気になる機能はミラーリングではないかと思います。Androidの場合はUSB接続が必要ですが、カーナビ側のディスプレイでスマホを操作できるというメリットがあります。iPhoneの場合はWi-Fiで簡単に接続することができますが、Androidのようにカーナビ側でスマホは操作できません。一長一短なのが惜しいところです。

海外通販: GeekBuyingでOnePlus 6の先行予約販売開始!

今回はGeekBuyingでOnePlusの新モデルOnePlus 6の先行予約を開始したことを紹介します。OnePlus 6は最新のCPUやデュアルカメラ・AMOLEDディスプレイなどの魅力的な機能のほかに、ドコモのプラチナLTEバンドに対応しているという特徴があります。 日本の格安SIMユーザに最適なスマホの一つと言えると思います。

海外通販: GeekBuyingで格安タフネススマホUHANS K5000をセール中!

今回は海外通販のGeekBuyingでタフネススマホUHANS K5000がセールとなっていることを紹介します。このスマホは防水・防塵・耐衝撃でアウトドアユースに最適なスマートフォンです。スペックは控えめなので、アウトドア用のサブスマホを探している方にはちょうど良さそうです。

Chuwi Hi9 AirのOSはAndroid Oreoに!

今回はChuwiの新タブレットの情報を紹介します。Android自体は毎年のようにアップデートされていますが、プリインストールされているAndroidが更新されていなくて残念に思っている方もいると思います。今度のChuwi Hi9 Airは最初からAndroid Oreとなっているので、最新のAndroidが楽しめます。

Google Pixel 2で遊ぶ その11: ボタンレイアウトを変える

今回はPixel 2の使い勝手を上げるべくナビゲーションバーのボタン配列を変えてみます。これで使い慣れたボタン配列でPixel 2を使うことができます。実はここで紹介した方法はPixel 2だけでなく、Android 8 (Oreo)なら適用できるそうなので困っている方は試してみてください。

1 2 3 4 17