中華スマートウォッチ X9 miniで遊ぶ その1: 入手!

前回までは中国のプリペイドSIMカードを紹介してきました。

今回からは話題を変えて中華スマートウォッチの紹介をします。

今回使用しているスマートウォッチX9 miniは海外通販のTOMTOPから提供していただきました。

TOMTOPではスマートウォッチX9 miniは29.99ドルで販売しています。

2017/11/30までとなりますが、クーポン「NHX9X9」を適用すると6ドルオフとなります。

TOMTOPで購入仕様とする方は、下記を参照してください。

今回は中国の通販サイトであるTOMTOPの使い方について紹介します。Webサイトも日本語化され、決済も日本円対応となっており、日本の消費者を取り込みたいという意欲を感じる作りです。スマホやタブレットなどの中華ガジェットを探すときにはTOMTOPも比較対象にするとよいでしょう。

スマートウォッチとは

スマートウォッチとは腕時計型のウェアラブルデバイスです。

スマホと連携して情報や通知を表示したり、装着してるユーザの状況をセンサーで取得して睡眠時間や歩行状況などをモニタリングできたりします。

一番有名なのは、アップルのApple Watchだと思います。そのほかにもCASIOのPRO TRECK SmartやASUSのZen Watchなどもスマートウォッチに入ると思います。

以前レビューしたNo.1 S1もスマートウォッチとなると思います。

今回は中華スマートウォッチ No.1 S9を入手したことを紹介します。デザインはシンプルでいかにスマートウォッチという派手さはなくシンプルなデザインですので、普段使いに良さそうです。もちろん、ディスプレイ表示のデザイン次第ですが・・・

同様に通知機能やモニタリング機能を持つウェアラブルデバイスとして、フィットネストラッカーというカテゴリの製品もあります。例えばFitbitの製品や、このブログで紹介したXiaomi Mi Bandがフィットネストラッカーです。

今回はBanggood.comのアクティビティトラッカーのMi Band 2を購入したことを紹介します。中華通販サイトは送料無料の場合は配達に時間がかかることもあるのですが、今回は10日ほどで入手することができました。入手したMi Band 2はシンプルなデザインで区政のない感じです。

実はスマートウォッチと手首に装着するタイプのフィットネストラッカーの境は微妙のような気がしています。

アプリがインストールできるものをスマートウォッチとする考えもあるかもしれませんが、スマートウォッチと称していてアプリがインストールできない製品も多くあります。

見た目が腕時計っぽいとスマートウォッチ、そうでないとフィットネストラッカーと考えてよいのかもしれません。

TOMTOP

X9 mini

今回、入手したのはX9 miniという製品名のスマートウォッチです。価格は30ドルを切る格安のスマートウォッチです。

2017/11/30までクーポン「NHX9X9」で6ドルオフ!

ググってみたのですが、公式サイトらしき物は発見できませんでした。

ノーブランドでもスマートウォッチが出せてしまうところが、ここのところの中国製造業のすごさです。

というわけでTOMTOPのページからスペックを引用すると次のようになります。

X9 mini
写真 TOMTOP
ディスプレイ 0.96インチ
Bluetooth 4.0
心拍数センサー あり
歩数センサー あり
睡眠センサー あり
バッテリ 90mAh
充電 専用チャージャ
サイズ 22×2×2cm
重さ 40g

細かい情報は実際に使ってみて確認したいと思います。

パッケージ

早速X9 miniの紹介をしていきます。

まずはパッケージです。パッケージには絵が描かれてているので時計であることがすぐにわかります。

パッケージ

ちなみにパッケージの素材は梨地でちょっとコストがかかっています。

背面には簡単なスペックなどが書かれています。

パッケージ上のスペック

このスペックを書き出すと下記のようになります。

サイズ 38×9.8mm
CPU NRF51822
ディスプレイ 0.66インチ OLED
Bluetooth 4
バッテリ 60mAh
通話時間 約72時間
スタンバイ時間 5~7日
動作温度 -10~50℃
心拍数センサー あり

ディスプレイサイズとバッテリ容量でTOMTOPのページと情報が異なるのが気になります。

このあと開封して確認したところディスプレイのサイズは0.66インチの方が正しいようです。

また「Talking Time (通話時間)」というのも気になります。通話機能があるのでしょうか!?

ちなみにパッケージは「QC PASS」と書かれたシールで封印されています。

パッケージの封印

このシールは剥がすとわかるタイプなので、製品が未開封であることをわかります。

パッケージの内容

気になるパッケージの内容を紹介していきます。

開梱!

パッケージを開けるとすぐにX9 miniが出てきます。X9 miniは緩衝材に挟まれて固定されています。

パッケージを開けたところ

X9 mini本体と緩衝材を取り出すと、充電器と取扱説明書が出てきます。

内容物一覧

同梱物をすべて取り出したのが下記の写真です。写真が暗くなってしまって無理矢理補正したら白飛びしてしまいました。

内容物一覧

内容物は

  • X9 mini (左側)
  • 取扱説明書 (右側上段)
  • 充電器 (右側中断)
  • ディスプレイ保護フィルム (右側下段)

です。

充電器のケーブル長は50cmぐらいです。

取扱説明書

説明書は英語・中国語で書かれています。

ただ英語はどうも中国語の機械翻訳のようで怪しいところが多々あります。また、英語なのにセクション番号が漢数字など突っ込みどころもあります。

それでも意味は通じるのでなんとかなりそうです。

説明書 表紙

説明書 1

説明書 2

説明書 3

本体の様子

それでは本体の様子です。

X9 miniにはゴールドとブラックがありますが、今回のレビューはブラックです。バンドを含めた全長は23cmでした。

X9 mini

時計のフェース部分はシンプルな円形です。スクリーンには保護シールが貼ってあります。

バンドの素材はゴムあるいはシリコンの柔らかい素材です。表面はチェック柄の加工がされています。

バンドの柄

フェース部分のサイズは3.8cmほどでボタンなどは一切ないシンプルな物です。

フェース部分のサイズ

厚みはちょうど1cmほどです。普通の時計と変わらない感じだと思います。

厚さ

背面は中央に脈拍を測るためのセンサーと、その下に充電用のコネクタがあります、

背面

重さを確認したところ39グラムでした。これくらいの重さならばつけていても気にならないと思います。

重さ

充電器

充電器は皿形をしています。

充電器

充電器とX9 miniはマグネットでカパっとつながります。

接続した状態

クリップで調べてみるとマグネットは充電器とX9 miniの両方に埋め込まれているようでした。

スマートウォッチによってはケーブルを挿したりして充電が面倒だったりするのですが、このマグネット方式は接続が簡単です。

2017/11/30までクーポン「NHX9X9」で6ドルオフ!

まとめ

今回は中華スマートウォッチX9 miniを入手したことを紹介しました。

このスマートウォッチはボタンもなく、とてもシンプルなデザインとなっています。しかもかなり安いのでその機能が気になるところです。

次回はこのスマートウォッチに電源を入れてみたいと思います。