スマートウォッチAmazfit GTRで遊ぶ その8: ウォッチフェースを変更する

前回はXiaomi(Huami)のスマートウォッチAmazfit GTR 47mmのベルトを交換したことを紹介しました。

今回はこのAmazfit GTR 47mmのウォッチフェースを変更してみたいと思います。

今回使用しているAmazfit GTR 47mmは通販サイトのBanggoodから提供していただきました。

BanggoodではAmazfit GTR 47mmは2019/11/30まではクーポン「BG139GTR」を適用すると139.99ドル(約1,5600円)で販売していますので、購入にトライしようと思う方は下記サイトを参照してみてください。

今回は中国の通販サイトであるBanggoodの使い方について紹介します。 品ぞろえもよく、GearBestやGeekBuyingとの比較対象によさそうな通販サイトと思います。また、配送のトラッキングが25ドル以上というのも、他の通販サイトと比べると有利なところです。

このスマホはクーポン・フラッシュセール対象となることも多いので、購入前にはクーポン・セール情報を忘れずにチェックしましょう!

このページではBanggoodのマーケティング担当者から紹介があったセール情報・クーポン情報のうち、私が面白いと思ったものを記載してみます。 情報が入ったら随時更新するようにしてきます。

プレインストールのウォッチフェース

Amazfit GTRにはあらかじめいくつかのウォッチフェースが用意されています。

プレインストールされているウォッチフェースについては「その3」でも紹介したのですが、再掲しておきます。

今回はスマートウォッチAmazfit GTR 47mmと組み合わせて利用するスマホアプリAmazfit Appで行える設定項目を紹介します。Amazfit Appには多くの設定項目があり、Amazfit GTR 47mmの動作を好みにカスタマイズすることができます。しかし、Amazfit GTR 47mmの画面にひらがな・カタカナを表示させると文字化けしてしまうのが残念です。<

あらかじめ用意されているウォッチフェースはAmazfitアプリから選択することができます。

Amazfitアプリを起動したら右下で「プロフィール」選択した後に、マイデバイスから「Amazfit GTR」を選択します。

マイデバイスでAmazfit GTRを選択

これで設定メニューが表示されるので「文字盤設定」を選択します。

ウォッチフェースの変更

これで選択可能なウォッチフェースがずらっと表示されます。

デフォルトで選択できるウォッチフェース

このウォッチフェースのなかから使用したいウォッチフェースを選択します。

変更するウォッチフェースを選択

あとは「文字盤を同期」を選択すると、ウォッチフェースデータのダウンロードとAmazfit GTR 47mmへの転送が行われます。

ウォッチフェースを変更した状態

サードパーティーのウォッチフェース

実はAmazfit GTRのウォッチフェースデータはインターネット上にたくさん転がっています。

「Amazfit GTR Watch Face」でググるといろんなサイトが出てきます。

その中でもデータが充実しているのが下記のサイトです。

タグホイヤーやカシオなど他社のロゴを使ったデザインもあり、権利的に心配になりますが、規制はされていないようです。

ウォッチフェースデータの入手

今回はアナログデザインで人気があるMarine Commander v1 Redというデザインを使ってみようと思います。

My vision of Marine Commander for Wear OS (full credit to the original author Bosenko). Red color._dots - red dots version._an - analog watch only version._tr -...

WebサイトにはDownloadというボタンがあるのでこれを選択します。

ウォッチフェースデータのダウンロード

今回選択したウォッチフェースにはいくつかのパターンのデータがあるのでダウンロードしたいデータを選択します。

ウォッチフェースデータの選択

データの説明はウォッチフェースのページに記載されています。今回は一番上の

  • dots: 赤い点が文字盤にデザインされているバージョン
  • int: 国際版向け

をダウンロードします。

これで「marine_commander_v1.1_red_dots_int-90455-cfbf3de4f3.bin」というファイルがダウンロードできるはずです。

ダミーウォッチフェースの用意

残念なことに現時点ではAmazfit GTR 47mmのウォッチフェースを簡単に追加する方法は用意されていないようです。

そこでダウンロードしたウォッチフェースをプレインストールされているウォッチフェースのふりさせる必要があります。

このためまずAmazfitアプリを使ってダミーのウォッチフェースをダウンロードする必要があります。

Amazfitアプリを起動してわかりやすいウォッチフェースを導入しておきます。今回はプレインストールされているウォッチフェースのうち一番最後のものダミーとして選びました。

ダミーのウォッチフェースの選択

そして「文字盤を同期」を選択してこのウォッチフェースデータを取得します。

ウォッチフェースデータの差し替え

ダミーのウォッチフェースを導入したら適当なファイル管理アプリかPCに接続してスマートフォンのフォルダを確認してみましょう。

確認するフォルダは下記になります。

  • Anroidの場合: /Android/data/com.huami.watch.hmwatchmanager/files/watch_skin_local/
  • iPhoneの場合: /iPhone/Amazfit/watchSkin/

私の場合はAndroidスマートフォンをPCにつないでこのフォルダを開いてみました。

暗号のような名前のフォルダ名がありますが、一番日付が新しいものを開きます。

ダミーのウォッチフェースのフォルダを選択

開いたフォルダにはファイルが三つあるはずです。重要なのは拡張子が「bin」のファイルです。

ダミーのウォッチフェースのデータ

先ほどダウンロードしたファイル「marine_commander_v1.1_red_dots_int-90455-cfbf3de4f3.bin」のファイル名をこのフォルダにあるbinファイルのファイル名(上記の例ではc9d961c88c2075a23626a5326cc2dfcf.bin)に変更し、上書きコピーします。

ダミーのウォッチフェースデータの差し替え

これでダミーのウォッチフェースデータの差し替えの完了です。

ウォッチフェースの設定

ここまできたらもう一度Amazfitアプリを開き、先ほど選択したダミーのウォッチフェースを再選択します。

ダミーのウォッチフェースの選択

プレビュー画像は変わりませんが、そのまま「文字盤を同期」をしましょう。

ダミーのウォッチフェースの導入

これで先ほど差し替えたウォッチフェースデータデータ(=ダウンロードしたウォッチフェースデータ)がAmazfit GTR 47mmに転送されます。

これでダウンロードしたウォッチフェースが設定されます。

変更されたウォッチフェース

このウォッチフェースは多くの情報表示され、なかなか良いのですが、日付(右側の丸の中の数値)が「日/月」で表示されているのが残念です。

サードパーティーアプリの利用

上記で紹介したようにプレインストールされているウォッチフェースを差し替えることで、ダウンロードしたサードパーティー製のウォッチフェースを使うことができました。

しかし、これは少々面倒です。そこでウォッチフェースを管理できるサードパーティーアプリAmazFacesを使ってみましょう。

AmazFaces
AmazFaces
Developer: GIK-Team's web
Price: Free

AmazFacesアプリ

残念ながらこのアプリはiPhone版はないようです。

インストールしたら起動してみます。起動時に「ログイン」あるいは「アカウントの作成」を要求されますが、試すだけなら「Continue as guest」を選択しましょう。

AmazFacesアプリの起動

このアプリはウォッチフェースデータを格納するためにメディアへのアクセスが必要になります。

ストレージへのアクセスを許可

次に利用するスマートウォッチの選択になります。左右スワイプして「GTR 47/42」を選んで「CONNECT」を選択します。

利用するスマートウォッチを選択

これでウォッチフェースを選択する画面になります。

ウォッチフェースの選択画面

この画面では利用したいウォッチフェースを検索します。例えば上部の検索バーに「casio」と入力すれば、カシオの腕時計のデザインをパクったウォッチフェースが表示されます。

ウォッチフェースの検索

今回はこのG-SHOCKをパクったデザインを使ってみます。ウォッチフェースをタップすると「DOWNLOAD」をというボタンがあるのでこれを選択しましょう。

ウォッチフェースのダウンロード

すると次のようなメッセージが表示されます。

Amazfit GTRでの導入方法の紹介

このメッセージは

まずAmazfitアプリでプリインストールのウォッチフェースをインストールしてから、AmazFacesアプリのダウンロードボタンを押すと、プリインストールのウォッチフェースが差し替えられる。

差し替えたらAmazfitアプリでそのウォッチフェースを選択すること。

という意味です。

そこで、いったんAmazfitアプリに戻り、プリインストールのウォッチフェースをインストールします。インストールするウォッチフェースは先ほどのメッセージに表示されていたウォッチフェース(右側)のウォッチフェースします。

ダミーのウォッチフェースの導入

この後もう一度AmazFacesアプリに戻り、もう一度「DOWNLOAD」ボタンを選択します。

これで先ほどの「RPLACE」のボタンが「AMAZFIT」に変わりますので、これを選択しましょう。

Amazfitアプリを起動

これでAmazfitアプリに切り替わったらもう一度先ほどのプリインストールのウォッチフェースを選択します。

ダミーのウォッチフェースの導入

そして「文字盤を同期」選択してウォッチフェースデータがAmazift GTR 47mmに転送されるのを待ちます。

データの転送が完了すればAmazfit GTR 47mmのウォッチフェースが切り替わります。

変更したウォッチフェース

実はAmazFacesアプリが内部で行っていることは、前のセクションで説明した処理と同じです。ファイルの改名やコピーが苦手な場合は、AmazFacesアプリを使うと良いでしょう。

2019/11/30まではクーポン「BG139GTR」適用で139.99ドル(約15,600円)!

Amazfit GTR 47mmが大きすぎると感じる方には、バッテリ寿命は短くなるものの一回り小さいAmazfit GTR 42mmがおすすめです。

2019/11/30まではクーポン「BGGTR129」適用で129.99ドル(約14,400円)!

まとめ

今回はXiaomi(Huami)のスマートウォッチAmazfit GTR 47mmのウォッチフェースを変更してみました。

ウォッチフェースを色々切り替えられるのはスマートウォッチのよい点だと思います。

Amazfit GTR 47mmにはサードパーティー製のウォッチフェースもたくさんでているので自分の気分に合わせて選択できるのではないかと思います。

次回はこのスマートウォッチをMi Fitアプリと組み合わせて使ってみます。