スマートウォッチAmazfit T-Rexで遊ぶ その2: セットアップ

前回はXiaomi (Huami)のスマートウォッチAmazfit T-Rexを入手したことを紹介しました。

今回はこのスマートウォッチをセットアップしたいと思います。私は同じAmazfitのスマートウォッチであるAmazfit GTR 47mmを使っていますので、スマホアプリ類はすべてアンインストールしてからAmazfit T-Rexのセットアップを行っています。

今回使用しているAmazfit T-Rexは通販サイトのBanggoodから提供していただきました。

BanggoodではAmazfit T-Rexは2020/10/31まではクーポン「BGOCREX」を適用すると約12,500円(115.99ドル)で販売していますので、購入にトライしようと思う方は下記サイトを参照してみてください。

中国の通販サイトであるBanggoodの使い方について紹介します。 品ぞろえもよく、サイトの日本語対応も進んでいるので中華通販デビューにはおすすめのサイトです。また支払はPayPal以外にコンビニも使えるのがうれしいところです。 中華スマホ・中華タブレットを購入する際にはBanggoodも選択肢に入れておくとよいでしょう。

このスマホはクーポン・フラッシュセール対象となることも多いので、購入前にはクーポン・セール情報を忘れずにチェックしましょう!

このページではBanggoodのマーケティング担当者から紹介があったセール情報・クーポン情報のうち、私が面白いと思ったものを記載してみます。 情報が入ったら随時更新するようにしてきます。

スマートフォンアプリのインストール

私は既にZepp (旧称Amazfit App)を使ったことがあるので、いくつかの情報を入力するステップは省略されているようです。

そのため、初めてZeppを使う方とは画面遷移が異なるかもしれません。

まずは最初にスマートフォンのアプリを入れておきましょう。

アプリはZeppという名前で、アプリは取り使い説明書の二次元バーコードから取得できます。もちろんGoogle Play Store・App Storeからも入手可能です。

Zepp(元のAmazfit)
Zepp(元のAmazfit)
Developer: Huami Inc.
Price: Free
‎Zepp(元のAmazfit)
‎Zepp(元のAmazfit)
Developer: Huami Inc.
Price: Free

以前はAmazfit Appという名前だったのですが、2020年8月頃にアプリの名称が変更になりました。

今回はAndroidで試してみます。

Zeppアプリ

私は過去にAmazfit Appを使ったことがあるので、インストールを選択するとすぐにダウンロードを開始しました。

初めてこのアプリを使う場合は、インストール時に使用するアクセス権が表示されると思います。多くのアクセス権を要求してきますが、同意するしかないので同意しておきます。

インストールしたらアプリを起動しましょう。ちゃんと日本語化されているので安心です。

最初の画面は「サインイン」と「今すぐアカウントを作成」を選択できます。

サインイン

初めてZeppアプリを使う方はここで「今すぐアカウントを作成」をしても良いのですが、アカウントを管理しきれなくなるので、画面下の「サードパーティのアカウントでサインイン」を選択してみましょう。

SNSアカウントを使ってサインイン

これで既に利用しているSNSアカウントを使ってサインインすることができます。私はGoogleアカウントを使って見ました。

GoogleアイコンをタップするとZeppアプリで使用するGoogleアカウントを選択できます。

Googleアカウントを選択

いつも使っているGoogleアカウントが表示されているはずなので、これを選びましょう。

しばらくするとサインインに成功してZeppアプリの画面に遷移します。

最初にソフトウェア契約とプライバシーポリシーへの同意が求められます。これは同意しないとアプリが利用できません。

ソフトウェア契約とプライバシーポリシーへの同意

またユーザエクスペリエンスプログラムへの同意も求められます。こちらは拒否(破棄)しても良さそうです。

ユーザエクスペリエンスプログラムへの同意

その後は、まず位置情報へのアクセスが必要な理由が表示されます。

位置情報へのアクセスが必要な理由

続いて、連絡先へのアクセス、電話の発信と管理、通話履歴へのアクセス、位置情報へのアクセス、メディアへのアクセスを要求してきます。

連絡先へのアクセス許可通話履歴へのアクセス許可位置情報へのアクセス許可メディアへのアクセス許可

これらはAmazfit T-Rexを便利に使うために必要なので許可しておいた方が良いでしょう。

また、DND許可が必要という表示も出るので「設定に移動」を選択しましょう。

DND許可

これで「サイレントモードへのアクセス」の画面が開くので「Zepp」を選択しましょう。

Zeppを選択

これでZeppの設定ができるのでサイレントモードを許可しておきましょう。

サイレントモードを許可

これでようやくZeppアプリの画面になります。

Zeppアプリの画面

私の場合は直前までAmazfit GTR 47mmを使っていたので一部データが表示されていますが、初めてAmazfitのスマートウォッチを使う方は何も表示されていないはずです。

これでZeppアプリのインストールはひとまず完了です。

Amazfit T-Rexとのペアリング

Amazfit T-Rexは充電しておきましょう。

いよいよAmazfit T-Rexの電源をオンにします。電源をオンにするには右上のボタンを長押しします。

Amazfit T-Rexの電源をオン

電源が入るとAmazfitのロゴが表示されます。

起動中のAmazfit T-Rex

しばらく待つとQRコードが表示されます。このQRコードはペアリングするためのものです。後ほど利用するので表示させたまま先に進みます。

Amazfit T-Rexに表示されるQRコード

アプリのインストール済の場合は、スマートフォンのBluetoothがオンになっていることを確認の上、Zeppアプリ画面左上の「+」を選択しましょう。

デバイスを追加

ペアリングするデバイスのカテゴリを選択できますので「腕時計」を選択します。

デバイスを選択

「ランニングマシン」や「スマートシューズ」も気になりますが・・・

次にウォッチのタイプを選択と表示されるので「QRコード付きウォッチ」を選択しましょう。

QRコード付きウォッチを選択

これでQRコードスキャン画面になるので、Amazfit T-Rexに表示されているQRコードをスキャンしましょう。

Amazfit T-Rexの画面がオフになった場合は、右上のボタンを1回押せば画面が再点灯します。

スキャンに成功するとスマートフォン側に○○が表示されます。

ペアリング承認が必要

この表示になったら、Amazfit T-Rex側にペアリングを許可するかどうかの表示が出るので「Yes」をタッチしましょう。

ペアリングを承認

これでペアリングに成功するはずです。

ペアリング中

ペアリングに成功すると私の場合は以前の設定を復元すると表示されました。これは直前までAmazfit GTR 47mmを使っていたからかもしれません。

設定を復元中

その後はファームウェアのアップデートが始まりました。

ファームウェアのアップデート

このときAmazfit T-Rexの画面は次のようになります。

アップデート中の画面

2・3分ほど待ってファームウェアのアップデートが完了すると、Amazfit T-Rexは自動的に再起動します。

再起動には2・3分かかり、再起動が完了するとAmazfit T-Rexには次のようなメッセージが表示されます。

アプリでの更新確認が必要

このような表示になったらZeppアプリのプロフィールのマイデバイスから「Amazfit T-Rex」を選択します。

アプリでAmazfit T-Rexを選択

表示された画面をスクロールして「アップデートの確認」を選択します。

アップデートを確認

これで「最新バージョンにアップデートしてください」と表示される場合は、画面下のアップデートを選択してさらなるアップデートを行います。

アップデートを実施

必要なデータのアップデートが始まります。

アップデート中

購入直後は「GPSファームウェア」「フォントライブラリ」「リソースライブラリ」の更新が行われるはずです。

アップデート中は特にすることはありません。完了するのをひたすら待ちましょう。なおフォントライブラリの更新には10分以上かかるので注意してください。

Zeppアプリの「アップデートの確認」で「利用可能なアップデートはありません」と表示されるようになったらアップデートの完了となります。

アップデート完了

ZeppアプリのAmazfit T-Rexのバッテリー残量が表示されるのを確認しましょう。

ペアリング完了

2020/10/31まではクーポン「BGOCREX」を適用すると約12,500円(115.99ドル)!

Amazfit T-Rexがゴツく感じる方は、ほぼ同性能のAmazfit GTR 47mmがおすすめです。

2020/10/31まではクーポン「BGGTR119」適用で119.99ドル(約12,900円)!

Amazfit GTR 47mmが大きすぎると感じる方には、バッテリ寿命は短くなるものの一回り小さいAmazfit GTR 42mmがおすすめです。

まとめ

今回はXiaomi (Huami)のスマートウォッチAmazfit T-Rexをセットアップしてみました。

スマートフォンアプリZeppは日本語化されており、スムーズにセットアップすることができました。

また、以前にAmazfitのスマートウォッチを使っていた場合は、そのときの設定も引き継げるようです。

次回はAmazfit T-Rexの機能をチェックしていきます。