中華タブレットTeclast Tbook 10 Sで遊ぶ その6: キーボードの使い勝手

前回は中華タブレットTeclast Tbook 10 SのWindows側でベンチマークソフトを動かしてみました。

今回はTeclast Tbook 10 Sの専用キーボードを使ってみて気づいたことを紹介したいと思います。

今回使用しているTeclast Tbook 10 Sは通販サイトのGearBestから提供していただきました。

GearBestではTeclast Tbook 10 Sは2018/02/10時点で24470円で販売していますので、購入にトライしようと思う方は下記サイトを参照してみてください。

今回は香港・中国の通販サイトであるGearBestの使い方について紹介します。 GearBestはAliExpressよりもサイトが使いやすく簡単な英語がわかれば注文することができます。中国ブランドのタブレットやスマホを安く入手したい場合は有力な選択肢となるでしょう。

また、このタブレット用のキーボードは2018/02/10時点で5309円で発売しています。

このタブレットはクーポン対象となることも多いので、購入前にはクーポン情報を忘れずにチェックしましょう!

このページではGarBestのマーケティング担当者から紹介があったセール情報・クーポン情報のうち、私が面白いと思ったものを記載してみます。 情報が入ったら随時更新するようにしてきます。

キーボードの仕様

Teclast Tbook 10 Sの専用キーボードの外観についてはその2で紹介しました。

今回は中華タブレットTeclast Tbook 10 Sの専用キーボードを紹介します。さすがに専用だけあってタブレット本体とはデザイン上ぴったりと合います。一方で、キーの少なさや重さなどが気になるところです。

キーボードとタブレット本体の接続にはキーボードのヒンジ部中央にある端子で行います。

キーボード接続端子

この端子は独自の形状をしていますが、ここにはUSBの信号が流れています。

そのため、このキーボードはUSBキーボード(HID)として認識されます。

USBの状態 (キーボード接続中)

キーボードを外すと当然ながらこれらのデバイスは表示されなくなります。

USBの状態 (キーボード非接続中)

このUSB端子はUSB2.0相当のようで、キーボードにあるUSB端子はUSB 2.0となります。USB 3.0のメモリを接続すると下記のように汎用USBハブにつながってしまいます。

USBメモリ接続中

このキーボードで注意点が1つあります。それは、タブレットを下記の写真のようにひっくり返して接続した場合には、この端子では通信ができない模様でキーボードは認識されません。

タブレットスタイル

この状態ではキーボードは使う必要はないのでキーボード自体は気にならないと思いますが、キーボードのUSB端子も使えなくなるので注意が必要です。

キーボードの使い方

Teclast Tbook 10 Sのキーボードはキーが少ないので少々癖があるように思います。

Tbook 10 Sのキーボードを使う上で押さえておいた方がよいことを記しておきます。

日本語入力のON/OFF

英語キーボードを使う上で悩むのは日本語入力のON/OFFだと思います。

キーの割り当てを変更していない場合、英語キーボードで日本語入力OFF/ONはAlt+`になります。

ところが、Tbook 10 Sのキーボードには`がありません。

で、どうするかというとAltを押しながらFnQを押すと日本語入力のOFF/ONを切り替えることができます。

日本語入力のON/OFF

日本語入力をOFF/ONを頻繁にする方にはこれはとても使いにくいと思います。IMEの設定でキーの割り当てを買えることをおすすめします。

タッチパッドの無効化

もう一つ押さえておきたいのがタッチパッドの無効化です。

タッチパッドを不意に触ってしまって思わぬ動作にる場合があるので、本格的にキーボードを使う場合は、Bluetoothマウスを使ってタッチパッドを無効化する方がよいでしょう。

タッチパッドの無効化は、Fnを押しながらスペースを押すことによって行います。有効にするときも同じ操作です。

タッチパッドの無効化

ちなみにタッチパッドを無効にするとキーボードの右上の3つのLEDのうち右側が点灯します。

タッチパッドの使い方

Windows10ではタッチパッドを使ったジェスチャー操作をサポートしています。

すべてのアプリを表示、最小化、または切り替えます。 すべての操作は、タッチパッドを左右にスワイプして行います。

しかしキーボードを接続したTbook 10 Sで、「設定」→「デバイス」→「タッチパネル」を確認したところ、「高精細タッチパッド」という記述がありません。

タッチパッドの設定

このため「タップ (クリック相当)」と「スライド(ポインタの移動)」しかできないと持ったのですが、試したところタッチパッドジェスチャを使うことができました。

実際に確認できたジェスチャは次の通りです。

ジェスチャー 操作
2本指でのスワイプ スクロール
ピンチイン・ピンチアウト 拡大縮小
3本指で上スワイプ タスクビューの表示
3本指で下スワイプ デスクトップの表示
3本指で左右スワイプ ウィンドウの切り替え

これは意外な発見でした。マウスがないときには結構便利なので覚えておいた方が良さそうです。

ただ、CPUのパワー不足のせいかピンチイン・ピンチアウトの拡大縮小は少々重かったです。一度試して確認してみることをお勧めします。

Oukitel WP2

気になること

Tbook 10 Sのキーボードを使ってみて気になったのは、うまく指がホームポジションに来ないということです。

ホームポジションは左右の人差し指がFキーとJキーにくる指のポジションです。

Tbook 10 SのキーボードのFキーとJキーにはホームポジションを示すマークはついているのですが、キーに無意識に手を置いたときにうまくこのポジションに手が来ないのです。

ホームポジションと中央位置

これはおそらくキーの中央(GキーとHキー)が若干右に寄っているためだと思います。

また、右側一列が省略されておりJキーに右人差し指が来るようにお手を置くと小指がEnterキーに近くなり違和感を感じるせいかもしれません。

なれれば問題ないかもしれませんが、それまではキーに指を置くときに意識しなければならず、いまいちな感じです。

左右のスペースを活用して右1列を増やしてキーを増やすなど、もう少し頑張ってほしかったと思います。

2018/02/10時点での最安値はGeekBuyingの174.99ドル! 次点はAmazonの22,500円!
2018/02/10時点でセット販売はGeekBuyingのみで209.99ドル!
2018/02/10時点での最安値はAmazonの4980円! 次点はGearBestの46.91ドル!

まとめ

今回は中華タブレットTeclast Tbook S10のキーボードの使い方について簡単に紹介しました。

ここのキー自体は大きくてよいのですが、キーを減らしたために使いにくさのデメリットの方が大きくなっている気がします。また、タッチパッドは意外にもジェスチャー操作に対応していました。

次回はAndroid側の初期状態を確認してみます。