中華スマホMi5sで遊ぶ その11: カスタムROM ECRModを導入する

前回はXiaomi Mi5sをルート化しました。

これでMi5sもそこそこ使いやすくなったのですが、やっぱりに気なるのはメニューが英語の点です。

できればカスタムROMを導入してこの辺も解決したいところです。

カスタムROMへの更新(ROM焼き)は失敗するとスマートフォンが使用できない状態になる恐れがあります。

また、販売店・メーカのサポートも受けられなくなります。

本サイト内容を利用することによる損害・トラブルについては一切対応できません。

ROM焼きはあくまでも自己責任で実施してください。

今回使用しているMi5s(64GBモデル・ゴールド)は海外通販サイトGearBestから提供していただきました。

このXiaomi Mi5sは既に販売終了となっています。

Xiaomi Miシリーズの最新機種はXiaomi Mi9となります。今から購入する場合はMi9をお勧めします。

GearBestの購入にトライしようと思う方は下記ページを参照してみてください。

今回は香港・中国の通販サイトであるGearBestの使い方について紹介します。 GearBestはAliExpressよりもサイトが使いやすく簡単な英語がわかれば注文することができます。中国ブランドのタブレットやスマホを安く入手したい場合は有力な選択肢となるでしょう。

Xiaomi Mi9はクーポン対象となることが多いので購入する前にクーポン情報の確認を忘れないようにしましょう!

このページではGarBestのマーケティング担当者から紹介があったセール情報・クーポン情報のうち、私が面白いと思ったものを記載してみます。 情報が入ったら随時更新するようにしてきます。

Xiaomi MIUI 8 ECRMod

ECRModとはXiaomiの公式ROM(MIUI 8)をベースに日本語対応の強化を図ったカスタムROMです。

詳細は下記のサイトを参照してください。

もともと日本語と日本地域向けの調整が入っていないMIUI 8ですが、こちらのカスタムROMはMIUI8の良い点…

個人の方が開発しているようです。頭が下がります。

ECRModの導入の準備

ECRModの導入の条件はブートローダがアンロックされ、TWRPが導入されていることです(ルート化は不要です)。

これは下記で紹介しているので参照してください。

今回はルート化を目指してMi5sのブートローダをアンロックします。公式グローバルROMではアンロックできないかと思いましたがあっさりとアンロックすることができました。一番面倒なのはXiaomiにアンロックの申請をするところかもしれません。
今回はMi5sにカスタムリカバリ(TWRP)を導入してルート化を行います。ルート化の手順は一般的なもので特に注意することはありません。唯一迷ったのはどのTWRPを使うかですが、Mi5s用で新し目のものなら問題ないと思います。

ECRModの導入

作者のページからMi5s用のROMファイルをダウンロードします。

もともと日本語と日本地域向けの調整が入っていないMIUI 8ですが、こちらのカスタムROMはMIUI8の良い点…

Mi5s用はこれです。ベースバージョンが「V8.0.22.0 MAGCNDI」なのでChina Stable ROMがベースになのだと思います。

ダウンロードするファイル

非公式ですがChina Developer ROMをベースにしたECRModは下記にあります。

Download GApps, PA GApps, Roms, Kernels, Themes, Firmware, PokeMesh and more. Free file hosting for all Android developers.

ダウンロードしたZIPファイルはMi5sの内蔵ストレージにコピーします。今回はROMというディレクトリを作ってそこにコピーしておきます。

ROMファイルをコピー

ZIPファイルのコピーが終わったらMi5sの電源を一旦オフにします。

その後、ボリュームアップボタンを押しながら電源を入れてTWRPを起動します。ボリュームアップボタンはTWRPの画面になるまで押しっぱなしのほうが良いでしょう。

TWRPが起動したら「インストール」を選択します。

インストールを選択

そしてZIPファイルコピーしたフォルダに移動して、ROMデータのZIPファイルを選択します。

ROMファイルを選択

これでインストール画面になるので画面下部のスライドバーを右にスワイプします。

インストールの実行

インストールが終わったら念のためキャッシュを削除します。

キャッシュの消去

キャッシュの消去を実行

キャッシュの削除が終わったら再起動します。

再起動

初回の起動は5分ぐらいかかりますのでじっと待ちましょう。

5分ぐらい待ってもだめな場合(ブートローダでループする場合)は電源ボタンを長押しして電源をオフにします。

その後、ボリュームアップボタンを押しながら電源を入れてTWRPを起動したら「消去」を選択します。

消去を選択

消去画面ではスライドバーをスワイプしてデータを消去します。

データのクリア

この作業により全てのデータがクリアされるますので注意してください。私の場合はこれをしないと起動しませんでした。

ECRMod導入後の状態

起動すると画面の雰囲気は公式ROM(MIUI)のままですが、設定メニューにはいるとほとんど日本語化されています。

ECRModのメニュー

地域でも日本が選べるようになっています。

地域で日本を選択可能

バージョン情報はこんな感じです。

バージョン情報

残念ながらXiaomi Mi5sは販売となっています。

Miシリーズの最新モデルはXiaomi Mi9となりますので、今から買う場合はXiaomi Mi9をお勧めします。

2019/03/02時点での最安値はGeekBuyigの609.99ドル!
2019/03/02時点での最安値はGeekBuyingの609.99ドル!
2019/03/02時点での最安値はGeekBuyingの735.99ドル!
2019/03/02時点での最安値はGeekBuyingの735.99ドル!

まとめ

今回はMi5sにカスタムROM ECRModを導入しました。

公式MIUIは日本語をサポートしていませんが、ECRModを導入することにより設定メニューはほぼ日本語になり、格段に使いやすくなります。MIUIになれない方はホームアプリを変更すれば更に使いやすくなると思います。

次回はMi5sでFOMAプラスエリアを使えるようにします。

『中華スマホMi5sで遊ぶ その11: カスタムROM ECRModを導入する』へのコメント

  1. 名前:ばかいぬ 投稿日:2017/08/02(水) 12:48:03 ID:0e478126a 返信

    カスタムROM導入後、言語を日本語→English と変更した際に、日本語選択が出来ない(選択肢が消えている)状態になりました。
    もう一度焼き直すしかないのでしょうか?
    ロケーション選択も同様に日本が消えました。

    • 名前:scratchpad 投稿日:2017/08/02(水) 23:31:37 ID:fa2cd9282 返信

      コメントありがとうございます。

      記載していただいた情報が正しいとするとROMの不具合かとおもいます。ECRModの作者は日本人なので相談してみたらいかがでしょうか?

      スマホのデータを消して良いのならフルワイプすれば一応は回復しそうです。
      あるいはMoreLocale2をいれて無理やりロケールを日本語にすれば状況が変わるかもしれませんが・・・

      • 名前:ばかいぬ 投稿日:2017/08/03(木) 11:26:05 ID:832e09367 返信

        ありがとうございます。
        作者に問い合わせてみます。

  2. 名前:匿名 投稿日:2017/08/05(土) 11:24:36 ID:e60d36007 返信

    国際版のmi5sを使用しております。何のトラブルもなくECRModがインストール出来、日本語が選択出来るようになりました。