中華スマホRedmi Note 4で遊ぶ その20: xiaomi.euが日本語対応!

前回までは中華スマートウォッチの紹介でしたが、久ぶりに中華スマホRedmi Note 4の話題です。

2ヶ月ほど前にカスタムROMであるxiaomi.euが日本語対応するという情報を耳にしました。

そろそろRedmi Note 4用のxiaomi.eu ROMも日本語対応しているのではないかとおもい、ROMを更新してみました。

ちなみに前回のRedmi Note 4ネタは下記になります。

今回はRedmi Note 4のカスタムROM(xiaomi.eu)をアップデートしたことを紹介します。アップデートでこれまで感じていた不具合も修正されておりますし、アップデートしておいたほうがよさそうです。

今回使用しているRedmi Note 4 (64GBモデル・シルバー)は海外通販サイトEverBuyingから提供していただきました。

EverBuyingでは、このスマホは2017/05/28現在は売り切れとなっています。

このモデルはGeekBuying209.99ドルで、TOPTOP200.99ドルで販売しています。

GeekBuyingでの購入にトライしようと思う方は下記ページを参照してみてください。

今回は中国の通販サイトであるGeekBuyingの使い方について紹介します。 品ぞろえはGearBestに及ばない感じですが、サイトの作り・取扱商品を見るとGearBestの対抗馬となるサイトだと思います。中華タブレットや中華スマホを買うときには、GeekBuyingも確認してみるとよいでしょう。

TOMTOPでの購入にトライしようと思う方は下記ページを参照してみてください。

今回は中国の通販サイトであるTOMTOPの使い方について紹介します。Webサイトも日本語化され、決済も日本円対応となっており、日本の消費者を取り込みたいという意欲を感じる作りです。スマホやタブレットなどの中華ガジェットを探すときにはTOMTOPも比較対象にするとよいでしょう。

xiaomi.euとは

xiaomi.euとは有志による非公式なXiaomi端末に関するフォーラムです。フォーラムでは英語でやり取りされるため、中国語が使えないユーザは公式情報よりxiaomi.euの情報を頼ることも多いようです。

MIUI ROM Multi Language creators since 2010 and offering online store for Xiaomi and MiJia products

xiaomi.euのカスタムROMは、このフォーラムに集う有志がMIUIをカスタマイズしたROMです。最近はRedmi Note 4用にカスタムROMがいくつか出てきているようですが、xiaomi.euが一番の老舗のカスタムROMだと思います。

今回はxiaomi.euのすでに導入されている状態で、アップデートしたことを紹介します。

公式ROMからxiaomi.euのカスタムROMに変更するにはカスタムリカバリ(TWRP)の導入などの手順が必要です。この手順については下記を参照してください。

今回はRedmi Note 4にxiaomi.euのカスタムROMを書き込んだことを紹介します。xiaomi.euのカスタムROMは、Redmi Note 4用に登場した最速のカスタムROMではないかと思います。公式グローバルROMの余計なアプリが気になる方はこのROMを使ってみるとよいと思います。

準備

準備はROMファイルをダウンロードしてRedmi Note 4の内蔵ストレージかmicroSDにコピーするだけです。

ROMファイルは下記のページからダウンロードできます。

Status: RELEASED MI6 Postponed HMNote4, HMNote3SE RELEASED MIPAD3 REUPLOADED DOWNLOAD WEEKLY...

このページには対応言語が記載されていますが、一番最後に「Japanese」があります。これは期待できます。

xiaomi.euの対応言語

ただ、Redmi Note 4用のWeekly Buildは何か問題があるのか「Suspended (中断)」となっています。

Redmi Note 4はsuspended

ただ、Stableビルドの方にはRedmi Note 4用のROMがあるので、こちらをダウンロードします。

Stableビルドのダウンロード

リンク先ではバージョン毎に分かれているので「MIUIv8.2」を選択します。

ダウンロードするフォルダ

これでROMファイル一覧が出るので「MNNote4」を探します。すると全く同じファイルが2つあります。

よくわからないので私は日付が新しい方を選んでおきました。

ダウンロードするファイル

これでダウンロードページに行きますので「Begin Download」を選択して表示されたリンクからzipファイルがダウンロードできます。

私がダウンロードしたファイル名は「xiaomi.eu_multi_HMNote4_V8.2.2.0.MBFCNDL_v8-6.0.zip」でした。

このzipファイルはUSBケーブルで接続するなどしてRedmi Note 4に転送してください。

転送先は内蔵ストレージでもmicroSDでも構いません。

アップデート作業

アップデートはカスタムリカバリ(TWRP)で行えますが、Updaterアプリを使った方が簡単です。

まずは「Updater」のアイコンを選択するか、「Settings」→「About Phone」→「System updates」を選択すると、Updaterアプリが起動します。

Updaterアプリの起動

Updaterアプリが起動したら右上のメニューアイコンを選択します。

Updaterアプリのメニュー

メニューが表示されたら「Choose update package」を選択します。

Choose update packageを選択

ここでExplorerにストレージへのアクセスを許可することを求められる場合があるので、その場合は許可をします。

これでファイル選択画面になるので、先ほどRedmi Note 4にコピーしたzipファイルを選択して画面下の「OK」を選択します。

アップデートするファイルを選択

これでRedmi Note 4は再起動して自動的にリカバリモード(TWRP)に移行します。そして自動的にROMの更新を開始します。

TWRPでの書き込み

そのまま放置しておくとROMの更新が完了し、再起動して新しいROMで起動します。

新しいROMの起動には、5分ぐらいはかかりますので待ちましょう。

これでROMアップデート作業は完了です。

アップデート後の状態

再起動すると、私の場合はすでに日本語の状態になっていました。どうもMoreLocale2というアプリを入れていたためと思います。

日本語になっていない場合は「Settings」→「Additional settings」→「Language & input」→「Language」で日本語を選択しましょう。

アップデート後の言語リスト

なお、MoreLocale2を導入している場合はアンインストールしても問題ありません。

端末情報を確認してみるとMIUIバージョンは8.2.2となっていました。

端末情報

ざっと触った感じあまり変わりませんが、やはり日本語で設定メニューが使えるのは楽です。

すでにxiaomi.euを導入しているならば簡単なのでアップデートしておいた方が良さそうです。

2018/02/10現在の最安値はTOMTOPの200.99ドル! 次点はGeekBuyingで209.99ドル!
2018/02/10現在は在庫はAmazonのみで24,475円!
2018/02/10現在の最安値はGeekBuyingで185.99ドル! 次点はGearBestの187.89ドル!

Redmi Note 4にはRAM 3GB/ROM 32GBのモデルが追加されました。ストレージは32GBあればそこそこ使えますので安いスマホ狙いの方にはおすすめです。

2018/02/10現在の在庫はTOMTOPのみで166.99ドル!
2018/02/10現在の在庫はGeekBuyingのみで価格は174.99ドル!
2018/02/10現在の最安値は159.99ドル! 次点はTOMTOPの166.99ドル!

まとめ

今回はRedmi Note 4のカスタムROM(xiaomi.eu)をアップデートしたことを紹介しました。

xiaomi.euについに日本語リソースが統合されたため、xiaomi.euをアップデートしたところ設定メニューなのどがすべて日本語になりました。これでMoreLocale2はもう不要です。

次回は私が所有しているもう一つの中華スマホMi5sの話題です。

2017/07/03追記

次のRedmi Note 4ネタは下記になります。

今回はRedmi Note 4にカスタムROM ECRModを導入します。xiaomi.euのカスタムROMでも日本語対応が進んでいるため、見た目では大きな違いはありません。しかし、ECRModの場合は作者が日本人の方ということもあり、万が一の場合日本語で相談できるというメリットもあります。迷っている場合はECRModの方がおすすめです。

『中華スマホRedmi Note 4で遊ぶ その20: xiaomi.euが日本語対応!』へのコメント

  1. 名前:お気に入り 投稿日:2017/06/23(金) 12:10:03 ID:66973534b 返信

    「LineageOS 15」が発表された後、いつの日か「Redmi Note 4」のrom書き換え方も記事にして頂けると嬉しいなと思っているnikel愛用者です。
    メモ置場読み物として楽しませてもらっています。

    • 名前:scratchpad 投稿日:2017/06/27(火) 22:22:38 ID:f543c834b 返信

      コメントありがとうございます!

      Redmi Note 4のLineage OSは試してみたいとおもっています!
      MediaTek CPUの端末はカスタムROMが少なめでさみしかったですが、これから増えてくるかもしれませんね!

  2. 名前:ルイ 投稿日:2017/06/23(金) 16:04:29 ID:4a1002b41 返信

    Redmi Note 4のプラスエリア化も記事にしてほしいです。
    類似のブログサイトを訪れてもRedmi Note 4のプラスエリア化の記事がなく、途方にくれています。ご検討お願いします。

    • 名前:scratchpad 投稿日:2017/06/27(火) 22:37:31 ID:f543c834b 返信

      コメントありがとうございます!

      プラスエリア化として紹介されている方法はQualcomm専用のツールを使うので、MediaTekのCPUを使っているスマホには適用できません。
      私も以前(半年ぐらい前)に、LTEのバンドを増やせないかといろいろ調べたのですが、見つけることができませんでした。

  3. 名前:iwao 投稿日:2017/08/24(木) 16:35:48 ID:f28187311 返信

    さっそく、記事のようにやりました。

    次のzipだと、エラーになります。
    xiaomi.eu_multi_HMNote4_V8.5.5.0.MBFCNED_v8-6.0.zip

    エラーメッセージは、次のような内容です。
    can’t verify update
    it’s not allowed to upgrade to unofficail rom packge

    端末は、
    android version
    7.0です。

    7.0になっているからでしょうか?
    お手数をおかけしますが、教えていただけますでしょうか。
    よろしくお願いいたします。

    • 名前:scratchpad 投稿日:2017/08/25(金) 00:44:06 ID:097cc4b04 返信

      コメントありがとうございます。

      私のROMはECRModの「V8.2.1.0.MBFMIDL」でしたが、無事にxiaomi.eu_multi_HMNote4_V8.5.5.0.MBFCNED_v8-6.0.zipを書き込むことができました。

      おそらく現在使用しているROMに問題があるのではないかと思います。
      もしかして買ってきたままの状態(公式ROMが動作していて、ブートローダがアンロックされていない状態)?
      もしそうだとすると、アンロック→カスタムリカバリ(TWRP)の導入→TWRPでROM焼きという手順を踏む必要があると思います。
      https://scratchpad.jp/xiaomi-redmi-note4-11/

      なお、「it’s not allowed to upgrade to unofficail rom packge」でググるいろいろ出てきますので、参考にすると良いと思います。

  4. 名前:iwao 投稿日:2017/08/25(金) 08:46:04 ID:8df4cf889 返信

    ご連絡ありがとうございます。
    アンロックといった手順はやっていませんでした。
    仕切り直します。
    ありがとうございました。

  5. 名前:cazz 投稿日:2017/08/27(日) 00:43:13 ID:8974b94c7 返信

    お世話になります。

    上記手順でMIUIを更新しようと思うのですが
    現在Mi5sでMIUI 8.3 7.4.27です。
    このままMIUI 9.7.8.17しようと思っています。
    それともMIUI 8.6.7.7.20にしてから
    MIUI9にした方がいいでしょうか?
    教えていただければと思います。
    よろしくお願いします。

    • 名前:scratchpad 投稿日:2017/08/27(日) 22:36:20 ID:11f857c21 返信

      コメントありがとうございます。

      私はMi5sではカスタムROMのLineageOSを使っているため、回答が難しいです。

      私ならば、面倒なので最新のバージョンに一気に書き換えてしまうと思います。
      Updaterアプリがアップデートを拒否するようでしたら、TWRPで書き換えてしまいます。
      ただし、Factory Resetが必要になる可能性が高いので、データは事前に全てバックアップしておきます。

      保証はできませんので、くれぐれもご自分の責任で実施してください。

  6. 名前:cazz 投稿日:2017/08/28(月) 00:34:44 ID:7191996e2 返信

    回答ありがとうございます。