中華スマホRedmi Note 4で遊ぶ その11: xiaomi.euのカスタムROMを焼く

書く

前回はRedmi Note 4をルート化してみました。

これでグローバルROMでも本格的に使えるというわけですが、せっかくアンロックしたのでカスタムROMも使ってみたいところです。

そこで今回はXiaoi端末の代表的なカスタムROMである「xiaomi.eu」を利用してみたいと思います。

今回使用しているRedmi Note 4 (64GBモデル・シルバー)は海外通販サイトEverBuyingから提供していただきました。

EverBuyingでは、このスマホは2017/05/28現在は売り切れとなっています。

このモデルはGeekBuying209.99ドルで、TOPTOP200.99ドルで販売しています。

GeekBuyingでの購入にトライしようと思う方は下記ページを参照してみてください。

今回は中国の通販サイトであるGeekBuyingの使い方について紹介します。 品ぞろえはGearBestに及ばない感じですが、サイトの作り・取扱商品を見るとGearBestの対抗馬となるサイトだと思います。中華タブレットや中華スマホを買うときには、GeekBuyingも確認してみるとよいでしょう。

TOMTOPでの購入にトライしようと思う方は下記ページを参照してみてください。

今回は中国の通販サイトであるTOMTOPの使い方について紹介します。Webサイトも日本語化され、決済も日本円対応となっており、日本の消費者を取り込みたいという意欲を感じる作りです。スマホやタブレットなどの中華ガジェットを探すときにはTOMTOPも比較対象にするとよいでしょう。

カスタムROMへの更新(ROM焼き)は失敗するとスマートフォンが使用できない状態になる恐れがあります。

また、販売店・メーカのサポートも受けられなくなります。

本サイト内容を利用することによる損害・トラブルについては一切対応できません。

ROM焼きはあくまでも自己責任で実施してください。

xiaomi.euとは

xiaomi.euとは有志による非公式なXiaomi端末に関するフォーラムです。フォーラムでは英語でやり取りされるため、中国語が使えないユーザは公式情報よりxiaomi.euの情報を頼ることも多いようです。

MIUI ROM Global Language creators since 2010 providing support for Xiaomi MIUI and Mi Home products

xiaomi.euのカスタムROMは、このフォーラムに集う有志がMIUIをカスタマイズしたROMです。国際化対応に力を入れているようですが、残念ながら日本語は入っていません(これは公式グローバルROMと一緒です)。

またバックグランドプロセスを減らしてRAMに余裕を持たせたり、数々の改善が加えられています。そのため、公式グローバルROMよりもxiaomi.euのカスタムROMを勧める人もいるようです。

準備

カスタムROMを利用するためにはいくつか準備が必要です。

ブートローダのアンロック

Redmi Note 4でxiaomi.euのカスタムROMを使うためには、ブートローダをアンロックしなければいけません。

ブートローダのアンロック方法についてはすでに解説しているので下記をご覧ください。

今回はルート化を目指してRedmi Note 4のブートローダをアンロックします。私が一番はまったのはFastboot用のUSBドライバ(Android Bootloader Interface)が有効にならなかったことです。ここさえクリアすればあとはすんなりいくのではないかと思います。

カスタムリカバリ(TWRP)の導入

カスタムROMの簡単な導入方法はカスタムリカバリからインストールすることです。

カスタムリカバリとしてTWRPはルート化する際に導入方法を紹介しました。

今回はRedmi Note 4にカスタムリカバリ(TWRP)を導入しルート化を行います。ルート化の手順は一般的なものですが、最初はTWRPから内蔵ストレージが全く見えなかったで少し躓いてしまいました。注意する点はここぐらいかと思います。

このページに「カスタムリカバリ(TWRP)を導入する」という項があるのでご覧ください。カスタムROMを書き込む目的ならば、ルート化は不要です。

ROMファイルの取得

当然ですがxiaomi.euのROMデータがひつようです。

ダウンロードするURLはいろいろ変わりそうなので、直リンクではなくたどり方を紹介しておきます。

まずはhttps://xiaomi.eu/community/にアクセスしたら「ROMs DOWNLOAD」を選択します。

xiaomi.euのホームページ

表示されたページで「DOWNLOAD STABLE」の下のリンクを選択します。Weekly版のROMもありますが、開発版のためトラブルが起こる可能性があるので、こだわりがなければStable版がよいでしょう。

Stable版のダウンロードへ

また、このROMs DOWNLOADページでは機種とROMファイル名の関連付けが説明されているので確認しておきましょう。

Redmi Note 4のコードネームは「nikel」で、ROMのファイル名は「HMNote4」になります。

コードネーム・ファイル名一覧

さて「DOWNLOAD STABLE」のリンクで表示されたページに行くとMIUIのバージョンが選べます。Redmi Note 4の場合はMIUIv8が最新なのでこれを選びます。

ROMファイル一覧

これでROMファイルの一覧が表示されるので「HMNote4」で検索しましょう。

Redmi Note 4のROMファイル

これが目的のファイルなのでダウンロードしておきます。

データのバックアップ

カスタムROMを書き込む場合、アプリはすべて消去されると考えた方がよいです。

そのため各アプリのデータはどこかに退避するなどした方がよいでしょう。ルート化しているならばTitanium Backupというソフトを使うとよいかもしれません。

カスタムROMの書き込み

ブートローダのアンロックとカスタムリカバリ(TWRP)の導入が終わっていればカスタムROMの書き込みは非常に簡単です。

カスタムROM(xiaomi.eu)の書き込みは、ROMファイルをRedmi Note 4の内蔵ストレージにコピーしたうえで、このファイルをTWRPの機能を用いて書き込みます。

ROMファイルを内蔵ストレージに用意する

Redmi Note 4とPCをUSBケーブルで接続したら、Redmi Note 4の通知から「USB for charging」を選択します。

USB接続の通知

すると次のようなメニューが出るので、「Transfer files (MTP)」を選択します。

USBの利用方法の選択

これでWindowsのエクスプローラからRemi Note 4の内蔵ストレージが見えるようになるので、適当なフォルダ(ここではDownloadとします)にダウンロード済みのROMファイルをコピーします。

このとき、ROMファイルはZipファイルのままにしておきます。

コピーしたROMファイル

カスタムリカバリでカスタムROMをインストールする

Redmi Note 4の電源をいったんオフにし、ボリュームアップキーを押しながら電源ボタンを押してRedmi Note 4を起動します。

これでカスタムリカバリ(TWRP)で起動するはずです。

まずTWRPのメインメニューでInstallを選択します。

TWRPでのインストール

そして先ほどSuperSUのZipファイルをコピーしたフォルダを選択します。

フォルダの選択

TWRPを導入後に「Format Data」を行っていないと、TWRPから内蔵ストレージが見えません。

その場合はFormat Dataを行う(内蔵ストレージのデータはすべて消えます)か、ROMデータをmicroSDカードにおいてみてください。

目的のZipファイルが見つかったらZipファイルを選択します。

ROMファイルを選択

下記のような画面になるので画面下部のスライダーを左から右にスライドするとROM焼きが始まります。

書き込みの実行

ROM焼きには結構時間がかかります(数分かかります)。じっと待ちましょう。

ROM焼きが終わると次のような画面になります。左下の「Cache/dalvikの消去」を選択します。

書き込み完了とキャッシュのクリア

確認画面になったらまた画面下の「Swipe to Wipe」の部分を左から右にスワイプします。

キャッシュのクリアの実行

キャッシュの削除が完了したら「Rebbot System」を選択します。

再起動

再起動すると新しいROMで立ち上がるはずです(最初の起動は少し時間がかかります)。

Black Friday

トラブルシューティング

xiaomi.euのカスタムROMを焼くにあたりはまりそうな点をいくつか紹介したいと思います。

ROM焼き後にブートしない

上述の手順ではアプリデータを残したままのため、インストール済みだったアプリや各種設定を引き継ぐことができます。

しかし、ROMを焼くということはシステムを入れ替えるということなので、この残したデータが悪さをすることもあります。

ROM焼き後にうまく起動しない場合は、アプリデータの全削除を試してみましょう。

アプリデータを全削除するためには、TWRPのメインメニューで「Wipe」を選択します。

Wipeを選択

Wipe画面では画面下のスライダーを左から右にスライドすると「Data (写真などの内蔵ストレージのデータは消えません)、Cache、Dalvik」を消去します。

消去の実行

データの消去が終わったらメインメニューから「再起動」→「システム」と選んで再起動します。

消去の完了と再起動

2018/02/10現在の最安値はTOMTOPの200.99ドル! 次点はGeekBuyingで209.99ドル!
2018/02/10現在は在庫はAmazonのみで24,475円!
2018/02/10現在の最安値はGeekBuyingで185.99ドル! 次点はGearBestの187.89ドル!

Redmi Note 4にはRAM 3GB/ROM 32GBのモデルが追加されました。ストレージは32GBあればそこそこ使えますので安いスマホ狙いの方にはおすすめです。

2018/02/10現在の在庫はTOMTOPのみで166.99ドル!
2018/02/10現在の在庫はGeekBuyingのみで価格は174.99ドル!
2018/02/10現在の最安値は159.99ドル! 次点はTOMTOPの166.99ドル!

まとめ

今回はRedmi Note 4にxiaomi.euのカスタムROMを書き込んだことを紹介しました。

xiaomi.euのカスタムROMは、Redmi Note 4用に登場した最速のカスタムROMではないかと思います。公式グローバルROMの余計なアプリが気になる方はこのROMを使ってみるとよいと思います。

次回はxiaomi.euのカスタムROMの様子を紹介したいと思います。

『中華スマホRedmi Note 4で遊ぶ その11: xiaomi.euのカスタムROMを焼く』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2017/03/12(日) 23:08:40 ID:5759e097c 返信

    カスタムROM導入ができなくて困っています。症状はTWRPからインストールすると、本体がすぐに再起動になってしまいます。アドバイスいただけると助かります。よろしくお願いします。

  2. 名前:garo 投稿日:2017/03/12(日) 23:21:31 ID:5759e097c 返信

    はじめまして。
    Redmi Note 4のカスタムROM導入で困っています。
    症状はTWRPからインストールするとすぐに本体が再起動になってしまいインストールできません。
    アドバイスいただけると助かります。
    よろしくお願いします。

    • 名前:scratchpad 投稿日:2017/03/14(火) 02:10:58 ID:fde54f984 返信

      コメントありがとうございます。

      すべてのROMファイルでもリブートしてしまうのでしょうか?バージョンを買えたりしてもだめでしょうか?

      またTWRPのWipeメニューでFactory Resetするとどうなるでしょうか?