中華スマホRedmi Note 3 Proで遊ぶ その9: ROMの更新→失敗

NG

前回は私の手元のRedmi Note 3 Proでは指紋認証機能が全く使えないことを紹介しました。

この不具合はファームウェアが悪いのが原因の可能性もあるので、今回はRedmi Note 3 Proのファームウェア(ROM)を更新してみたいと思います。

今回使用しているRedmi Note 3 Proは海外通販サイトEverBuyingから提供していただきました。

EverBuyingでは、このスマホは売り切れとなっています。

2017/05/28時点では在庫はTOMTOPにあり、32GB版を185.99ドルで販売しています。

TOMTOPでの注文方法については、下記ページを参照してみてください。

今回は中国の通販サイトであるGeekBuyingの使い方について紹介します。 品ぞろえはGearBestに及ばない感じですが、サイトの作り・取扱商品を見るとGearBestの対抗馬となるサイトだと思います。中華タブレットや中華スマホを買うときには、GeekBuyingも確認してみるとよいでしょう。

すでに後継機種のRedmi Note 4Xも発売されました。いま入手するならRedmi Note 4Xがおすすめです。

Redmi Note 4Xの場合は、GearBestがRAM 3GB/ROM 32GBモデル(シルバーグレー)を153.99ドル(17351円) (2017/05/28時点)で販売しています。

Redmi Note 3 Proのファームウェア(ROM)

Redmi Note 3 Proのファームウェアには大まかに分けて次に4種類あるようです。

公式ROMについてはそれぞれStable版とDeveloper版が、xiaomi.euの非公式ROMについてはStable版とWeekly版とがあります。

このうち、非公式ROMに更新するためには、Redmi Note 3 Proをアンロックする必要があり、少々敷居が高いものがあります。

そこで今回は公式ROMのStable版にアップデートしたいと思います。

なお、中国国内版とグローバル版の違いですが、中国国内版はGoogleアプリなどが入っておらず、その代わりに中国国内向けのアプリがたっぷり入っているそうです。

中国国内版の方が開発ペースが速いようですが、今回は面倒な少なそうなグローバル版を使うことにします。

バージョンの確認とダウンロード

私がEverBuyingから入手したRedmi Note 3 ProはAndroid 5.1.1ベースの「MIUI Global 7.1.99.99 (LHOCNCL)」となっています。

現状のバージョンの確認

一方、公式サイトから取得できるROMは「V7.3.2.0.LHOMIDD (MIUI7)」となっていて、バージョンが新しそうなことがわかります。

公式ROMのダウンロード

ここで「Download Full ROM」を選択するとROMデータをダウンロードすることができます。

私がダウンロードしたときには、

  • miui_HMNote3ProGlobal_V7.3.2.0.LHOMIDD_6b50c6f92c_5.1.zip

というファイル名でした。。

これ以降は書き込み処理になるのでRedmi Note 3 Proのバッテリーは満タンに近い状態にしておきましょう

Updaterアプリを使った書き込み→失敗!

まずダウンロードしたzipファイルをRedmi Note 3 Proの内部ストレージにコピーする必要があります。

PCとRedmi Note 3 ProをUSBケーブルで接続するとPCがRedmi note 3 Proを認識します。

PCが認識した状態

認識したら「内部ストレージ」を開き、新しいフォルダ「downloaded_rom」を作成します。

そしてこのフォルダに先ほどダウンロードしたROMデータ(zipファイル)をコピーします。

ここからはRedmi Note 3 Pro本体の操作になります。

ホーム画面の「Tools」を選択するとアイコンが並んだ画面になります。

Toolsグループの選択

ここで「Updater」というアプリがあるのでこれを選択します。

Updateアプリの実行

Updaterを実行したら右上の「…」を選択します。

アップデートアプリのメニュー

これでメニューが表示されるので、その中の「Choose update package」を選択します。

アップデートメニューの選択

内部ストレージのフォルダ一覧が出るのでその中から「downloaded_rom」を選択します。

ZIPファイルがあるフォルダの選択

これで先ほどダウンロードしてコピーしたZIPファイルが現れるはずです。

書き込むZIPファイルの選択

ここでZIPファイルを選択すると、そのZIPファイルをチェックが開始します。

ZIPファイルのチェック

そしてチェックが完了したらアップデートが開始するはずなのですが、なんとチェックに失敗してアップデートできませんでした。

アップデートの失敗

ちなみに、MIUIで案内されているほかのアップデート方法(Recovery Update)も試しましたが、そもそもリカバリーモードの画面が異なるのでアップデート画面に進むことができませんでした。

ファームウェアのアップデートできない!?

いろいろ調べてみると、海外通販業者を介して購入した場合、海外通販業者がカスタムROMを書き込んでいて、そのせいで公式のアップデートアプリが使えない、ということがわかりました。

確かにRedmi Note 3の過去の公式ファームウェアのバージョンを見ても、現在のバージョン「7.1.99.99」なるものはありません。

公式ROMの履歴

どうやらカスタムROMだったため、アップデートに失敗したようです。

カスタムROM上に、公式ROMを上書きするには別の手順を踏まなければならないようです・・・

2017/05/28で在庫はTOMTOP(185.99ドル)のみ!

すでに後継機種のRedmi Note 4X (Snapdragon 625)が発売されているので、いま買うならRedmi Note 4Xがおすすめです。

2018/02/10での最安値はGeekBuyingの139.99ドル! 次点はBanggoodの149.99ドル!
2018/02/10での最安値はBanggoodの154.99ドル!次点はGeekBuyingの155.99ドル!

まとめ

今回はRedmi Note 3 Proのファームウェアをアップデートしようとして失敗したことを紹介しました。

どうやら私の手元のRedmi Note 3 ProにはカスタムROMが書かれているため、正規のアップデート手順ではファームウェアが書き込めないようです。完全に勉強不足でした。

次回はもう少し勉強してファームウェア更新に再チャレンジしたいと思います。