中華スマホRedmi Note 3 Proで遊ぶ その7: microSDを使う

microSD

前回はRedmi Note 3 ProでデュアルSIMを試してみましたがイマイチ消化不良な結果に終わりました。

そこで今回は無難なネタとして、Redmi Note 3 ProでmicroSDカードを使ってみたいと思います。

今回使用しているRedmi Note 3 Proは海外通販サイトEverBuying(閉鎖)から提供していただきました。

2019/03/02時点のRedmi Noteシリーズの最新機種は、Redmi Note 7となります。Redmi Note 7のGloval Versionは海外通販サイトGeekBuying239.99ドルで販売しています。

GeekBuyingでの注文方法については、下記ページを参照してみてください。

今回は中国の通販サイトであるGeekBuyingの使い方について紹介します。 品ぞろえはGearBestに及ばない感じですが、サイトの作り・取扱商品を見るとGearBestの対抗馬となるサイトだと思います。中華タブレットや中華スマホを買うときには、GeekBuyingも確認してみるとよいでしょう。

Redmi Note 3 ProとmicroSDカード

Redmi Note 3 ProにmicroSDカードを装着するためには、SIMカードのトレイにmicroSDカードを載せることで行います。

Redmi Note 3 ProはマイクロSIMカードとナノSIMカードのデュアルSIMカード対応ですが、microSDカードを装着するためにはナノSIMカードの代わりにmicroSDカードをSIMカードトレイに載せます

したがって、microSDカードを使う場合は、ナノSIMカードは使えません。

特に16GBモデルのRedmi Note 3 Proの場合は、初期段階で空ROMサイズが10GB程度しかありませので、microSDカードは必須になってくると思います。したがって、Redmi Note 3 Proで使用するメインのSIMカードはマイクロSIMとした方がよいでしょう。

microSDカードの用意

今回はRedmi Note 3 Proに使用するmicroSDカードとしてTeamというブランドの64GBのmicroSDを用意しました。

今回購入したmicroSDカードはexFATでフォーマット済みでした。また、Windows7以降でフォーマットした場合、デフォルトでexFATになると思います。

microSDのフォーマット

私は64GBのmicroSDカードを買ったので少々苦労しました。面倒な方は32GBのmicroSDカードにすることをお勧めします。

Redmi Note 3 Proへの装着

microSDカードをSIMトレイに乗っけてRedmi Note 3 Proへ装着します。

SIMトレイにmicroSDカードを装着

そして「設定」→「Additional Settings」→「ストレージ」を開き「SDカードをマウント」を選択します。

microSDカードを認識しない!

が、困ったことにマウントできません! 「SDカードをマウント」をタップしても何も起こらないのです。

EverBuyingのRedmi Note 3 ProのページではmicroSDカードは128GBまでサポートしていると書いてあるのですが・・・(TF cardというのはmicroSDカードのことです)。

EverBuyingでのRedmi Note 3 Proの仕様

よくよくXiaomiの公式ページを見ると32GBまでと書いてありました。

公式サイトでのRedmi Note 3 Proの仕様

一筋縄では64GBのmicroSDカードは使えないようです。

microSDカードをFAT32でフォーマットする

64GBのmicroSDカードをRedmi Note 3 Proで使うためにはmicroSDカードをFAT32でフォーマットする必要があります。

しかしWindowsの機能をつかってフォーマットすると「exFAT」あるいは「NTFS」でしかフォーマットすることができません。

そこで今回はBUFFALOのDisk Fomatterを利用することにしました。

ソフトウェア、取扱説明書などのダウンロードを行うことができます。

ダウンロードしたDisk Formatterを起動して、microSDカードを選択して「フォーマット」を選択すればOKです。

BuffaloのDISK FORMATTERでのフォーマット

フォーマットしたmicroSDカードをWindowsで確認するとFAT32でフォーマットできていることがわかります。

FAT32でのフォーマット後

このFAT32でフォーマットした64GBのmicroSDカードをRedmi Note 3 Proに装着して再び設定メニューからストレージを確認してみると・・・

認識されたmicroSDカード

無事に認識しました! 容量も約64GBということで、64GBのmicrSDカード全体が利用可能なことがわかります。

64GBのmicroSDカードは失敗したかと思いましたが、これで無事にRedmi Note 3 Proで使うことができました。

既に後継機種のRedmi Note 7が発売されているので、いま買うならRedmi Note 7がおすすめです。

2019/03/02時点の取り扱いはGeekBuyingのみで価格は239.99ドル!
2019/03/02時点の取り扱いはGeekBuyingのみで価格は239.99ドル
2019/03/02時点の最安値はGeekBuyingの229.99ドル! 次点はBanggoodの239.99ドル!
2019/03/02時点の最安値はGeekBuyingの229.99ドル! 次点はBanggoodの239.99ドル!
2019/03/02時点の最安値はGeekBuyingの229.99ドル! 次点はBanggoodの244.99ドル!
2019/03/02時点の最安値はGeekBuyingの269.99ドル! 次点はBanggoodの289.69ドル!
2019/03/02時点の最安値はGeekBuyingの269.99ドル! 次点はBanggoodの285.69ドル!
2019/03/02時点の最安値はGeekBuyingの269.99ドル! 次点はGearBestの309.99ドル!

まとめ

今回はRedmi Note 3 Proで64GBのmicroSDカードを使用してみました。

64GBのmicroSDカードはそのままではRedmi Note 3 Proは認識しませんが、FAT32でフォーマットしなおすことによって無事に認識させることができました。ただ、トラブル回避のため、microSDカードは32GBが無難だと思います。

次回は使っていて見つけたRedmi Note 3 Proの不具合を紹介したいと思います。