海外通販: GeekBuyingでLeagoo KIICAA MIXのプレセール中!

今回は海外通販のGeekBuyingでLeagooの新製品Leagoo KIICAA MIXのプレセールを開始したことを紹介します。

GeekBuyingでのプレセールサイトは下記になります。

GeekBuyingでの購入の仕方については下記を参照してください

今回は中国の通販サイトであるGeekBuyingの使い方について紹介します。 品ぞろえはGearBestに及ばない感じですが、サイトの作り・取扱商品を見るとGearBestの対抗馬となるサイトだと思います。中華タブレットや中華スマホを買うときには、GeekBuyingも確認してみるとよいでしょう。

Leagooについて

Leagooは2014年設立の新興スマートフォンメーカーです。

公式サイトは下記になります。

LEAGOO aims to provide ultimate Intelligent experience for worldwide consumers with Smart Hardware and building Intelligent Ecosystem.

設立してまだ3年も経っていないことになりますが、MediaTekのCPUを採用したコストパフォーマンスの高い製品を次々とリリースしています。

ググると2015年の記事ですが、海外携帯に詳しい山根さんの記事が出てくるので雰囲気は伝わると思います。

先日シンガポールに行ったところ、Leagooというメーカーの端末を発見。同国を中心に東南アジアで勢力を拡大しているのだとか。

ちなみに「KIICAA」というのは意味はわかりませんが、Leagooのオンラインマーケティング用の製品ラインを示すモデル名のようです。

Leagoo KIICAA MIXについて

それではLeagoo KIICAA MIXの紹介です。

公式サイトは英語でしたので公式サイトも紹介しておきます。

スペック

まずはスペックを確認してみます。

製品Leagoo
KIICAA Mix
写真KIICAA Mix
OSAndroid 7.0
CPUMediaTek MT6750T Octa Core 1.5GHz
RAM3GB RAM
ストレージ内部32GB ROM
microSD最大128GB
ディスプレイ5.5インチ 1920×1080
カメラメイン 13MP + 2MP
フロント13MP
音声出力USB Type-C
指紋認証あり
SIMナノSIM×1
(1つはmicroSDカードと排他利用)
ネットワーク2GGSM: 850/900/1800/1900MHz
3GWCDMA: 850/900/2100MHz
LTEFDD-LTE: 800/850/900/1800/2100/2600MHz (Band 1,3,5,7,8,20)
TDD-LTE: B40
Wi-Fi802.11b/g/n
Bluetooh4.0
NFCなし
ボディサイズ142×76×7mm
重さ153.1g
バッテリ2930mAh
価格109.99ドル
2017/10/16まで

このスマホの特徴はあとで紹介するようにベゼルレスデザインなのですが、スペックについて言えばミドルクラススマホというところです。

しかもスペックにうまくメリハリをつけてコストダウンを狙ってきています。

コストを掛けているところはやはりディスプレイです。

ベゼルレススマホでも安い機種では解像度を下げているモデルもありますが、Leagoo KIICAA MIXではちゃんとフルHD (1920×1080)のディスプレイを搭載しています。

しかも公式ページの情報によると、ディスプレイはシャープ製であり、保護ガラスはコーニングのゴリラガラス4とのことです。

ディスプレイには妥協はないと考えて良さそうです。

可もなく不可もなくと言えるのはCPUです。

Leagoo KIICAA MIXで採用しているCPUはMediaTekのミッドレンジ向けにMT6750Tを採用しています。

MediaTek semiconductor products includes Helio smartphones, tablets, IoT, Automotive, Wi-Fi & 4G LTE connectivity and home entertainment.

MediaTekはハイエンド・ミドルハイクラスの向けにはHelioというブランド名のついたCPUをリリースしていますので、HelioがつかないMT6750Tはその下のクラスとなります。

最大クロック数1.5GHz止まりというのが心配ですが、オクタコア(8コア)のCPUでありブラウジングやSNS等の通常の用途で不満となることは少なそうです。ただ、画面の更新が激しいゲームなどではストレスを感じる物と思います。

そしてコストダウンを感じるのはセンサー類です。

重力センサー(Gセンサー)と電子コンパスは搭載していますが、ジャイロ・近接センサー・光量センサーは省略されています。

このため例えばディスプレイの明るさを周囲に合わせて調整する機能や、スマホを耳に当てるとディスプレイが消えるというような機能はサポートされない物と思います。

普通に使う分にはなくてもなんとかなるとは思いますが、スマホを買い換える場合はこれらのセンサーがなくても不都合がないか、十分に検討する必要がありそうです。

デザイン

さてこれまではLeagoo KIICAA MIXのスペックについて紹介してきましたが、このスマホの最大の特徴はデザインです。

下記がLeagoo KIICAA MIXの宣材材料です。

Leagoo KIICAA MIX

この画像からわかるようにこのスマホの特徴は左右と上側のベゼルを極限まで細くしたデザインがウリです。

全体が映っている宣材材料は下記の通りです。

Leagoo KIICAA MIXのディスプレイ

ディスプレイの下側のベゼルにはホームボタン兼指紋センサーがあるのでここは細くはありません。しかし使い勝手を考えればこれで問題ないと思います。

ちなみにフロントカメラは左下についているようです。セルフィーをとるときにはスマホを上下反対にした方がとりやすいかもしれません。

GeekBuyingでの先行予約販売

ここまで紹介してきたLeagoo KIICAA MIXはGeekBuyingで先行予約販売を実施しています。

2017/10/16までは先行予約販売として109.99ドルで販売しています。

Leagoo KIICAA MIXの先行予約販売

日本円だと為替レート次第ですが、13000円ぐらいになるのではないかと思います。

センサー類が省略されているなどコストダウンの影響はありますが、それでも1万円前半ではやりのベゼルレスのスマホが買えるというのはお買い得かと思います。どうでしょうか?

まとめ

今回は海外通販のGeekBuyingでLeagooのベゼルレススマホLeagoo KIICAA Mixの先行予約販売が始まったことを紹介しました。

Leagoo KIICAA Mixは約13000円ながらフルHDのディスプレイを備えたベゼルレスデザインのスマートフォンです。一部センサーが省略されていたりしますが、はやりのデザインのスマホを試してみたいという方には良いかもしれません。