タイでプリペイドSIMを使う その8: AISをタイ国外で使う

アユタヤ

Nexus Sとの比較シリーズが終わって、再びAQUOS PHONE SH-12Cをタイで使う話(前回へのリンク)の続きです。

今回はAISのSIMカードをさしたAQUOS PHONE SH-12Cをあえてタイ以外の国で使う方法です。

2017/08/26 追記

2017年8月の情報に基づいてAISの情報をアップデートしました。かなり詳細に記載しましたのでぜひご覧ください。!

今回は2017年8月時点でのAISのプリペイドSIMカードの使用方法をまとめてみます。2017年夏時点で調べられた内容を盛り込みましたが、AISはあまり使い込んでないので間違いがあるかもしれません。間違いやAIS側の変更などにお気づきの点がありましたら、コメント欄にお願いいたします。

Freedom Planet (International Roaming)

AISでは”Freedom Planet”というブランド名(?)でローミングサービスを提供しています(無料)。

このサービスに加入(というかON)にすると、AISのSIMカードを挿した携帯電話がタイ国外で利用できるようになります。

“Freedom Planet (International Roaming)”をONにする方法にはいくつか方法があります。私はタイにいるときにPCを使って設定しました。

ローミングサービスをONにしないと、日本に帰ってからチャージなどに苦労すると思いますので、AISのSIMカードを買ったらすぐにローミングサービスをONにすることをお勧めします

設定方法の公式ページは下記です。

เอไอเอส ผู้ให้บริการเครือข่ายโทรศัพท์เคลื่อนที่รายเดือนและเติมเงิน รวมทั้งบริการต่างๆเกี่ยวกับอุปกรณ์มือถือ สมาร์ทโฟน iPhone อินเตอร์เน็ต WIFI และ AIS 4G คุณภาพ

PCを使って設定する(eServiceを使う)

PCを持っている人はこれが一番簡単だと思います。eServiceにログインする方法は前回(「海外でプリペイドSIMを使う タイ編その7: AISのチャージ(TOP UP)方法」参照)と一緒なのですが、再度記載しておきます。

AISのeServiceのページ(https://aiseservice.ais.co.th/eServiceWeb/)にいきます。もしタイ語だったら右上の「en」を押して英語にしましょう。

このページで「Telephone number:」のところに自分の電話番号(もちろんAISの番号)を入力して「Request」ボタンを押します。

eService

eService

するとすぐにAISからSMSが送られてきます。

AISからのSMS

AISからのSMS

まったく読めませんが、先頭の4桁の数値(7408)がパスワードです。

15分間有効なので、再びhttps://aiseservice.ais.co.th/eServiceWeb/に戻って、今度はTelephone NumberとPasswordを入力してOKを押します。

これでeServiceにログインできたはずです。

eServiceへのログイン

eServiceへのログイン

My eServiceを選択して進んだ画面には左側にメニューが並びます。

ここでメニューの中から「Services」を選ぶと「International Roaming」という項目があるので、これを選択してローミングに申し込めば完了です。

AIS eService

AIS eService

携帯電話から設定する

調べてみたらこれが一番簡単そうです。

「125」か「125*1#」に発信するだけで申し込み完了です。

料金

ローミングサービスに申し込むのは無料です。あとはいくらかかるか、です。

ちょっとと調べてみました。1バーツは2.7円で計算してあります。

日本で使う

帰国すればDoCoMoのSIMカードがあるので無意味なような気がしますが、調べてみました。

日本国内の電話 48.15バーツ/分 130円/分
日本からタイへの電話 26.75バーツ/分 72円/分
電話の着信 26.75バーツ/分 72円/分
SMS 12.84バーツ/1通 35円/1通
データ通信 0.72バーツ/1KB 1.94円/KB

ちなみにドコモのSIMカードで日本からタイに電話すると136円/分(68円/30秒)、SMSを送ると50円/1通ですから、日本国内からタイに連絡を取るならOne-2-CallのSIMカードに入れ替えたほうがお得ですね。

カンボジアで使う

次は対のお隣のカンボジア。アンコールワットやプノンペンに行くときに、バンコク経由の方も多いことでしょう。

カンボジア国内の電話 83.46バーツ/分 225円/分
カンボジアからタイへの電話 51.36バーツ/分 139円/分
電話の着信 51.36バーツ/分 139円/分
SMS 10.70バーツ/1通 29円/1通
データ通信 0.72バーツ/1KB 1.46円/KB

ドコモのSIMカードでローミングした場合、カンボジア国内の電話は75円/分、カンボジアからタイへの電話は380円/分、SMSは100円/1通、データ通信は1.6円/KBです。

ラオスで使う

これまた隣国のラオス。この国へはタイから行くのが一般的です。

ラオス国内の電話 37.45バーツ/分 101円/分
ラオスからタイへの電話 27.82バーツ/分 75円/分
電話の着信 27.82バーツ/分 75円/分
SMS 18.19バーツ/1通 49円/1通
データ通信 0.45バーツ/1KB 1.22円/KB

ドコモのSIMカードでローミングした場合、ラオス国内の電話は80円/分、ラオスからタイへの電話は280円/分、SMSは100円/1通、データ通信は1.6円/KBです。

マレーシアで使う

南側の隣国のマレーシア。

マレーシア国内の電話 40.66バーツ/分 110円/分
マレーシアからタイへの電話 29.96バーツ/分 81円/分
電話の着信 29.96バーツ/分 81円/分
SMS 16.05バーツ/1通 43円/1通
データ通信 0.51バーツ/1KB 1.38円/KB

ドコモのSIMカードでローミングした場合、マレーシア国内の電話は75円/分、マレーシアからタイへの電話は265円/分、SMSは100円/1通、データ通信は1.6円/KBです。

ミャンマーで使う

西の隣国ミャンマー。調べてみると、AISのローミングは使えません。

ちなみにドコモのローミングも使えません。うーん、、、

傾向

ざっと調べてみた感じでは・・・

  • タイに電話するならAISのSIMカードでローミングしたほうがよい
  • 日本に電話するならドコモのSIMカードでローミングしたほうがよい
  • 滞在国で電話するならドコモのSIMカードでローミングしたほうがよい
  • SMSを使うならAISのSIMカードでローミングしたほうがよい

という感じです。データ通信に関しては、AISのほうがやや安いですが、本格的に使うなら定額パッケージが必要です。ドコモだと海外パケホーダイで1980円/日(約24MBまで、それ以上の場合は最大2980円/日)ですが、AISの場合は一部の国で450バーツ/日のパッケージがあるようです。

まとめ

今回はAISのローミングを有効にして、タイ国外で利用する方法について紹介しました。

場所や使用目的によってはドコモのローミングを使うよりAISのローミングを使ったほうがお得なことがあるようです。

次回はAISのSIMカードを日本で使うとどうなるかを紹介します。