タイでプリペイドSIMを使う その22: DTACの料金プランを変更

パンガー・ベイ

前回はDTACの有効期限を延ばす方法を紹介しました。

DTAC編もだいぶネタが尽きてまいりました。

今回は料金プラン(タイではこれをプロモーションという)を変更する方法を説明します。

2016/03/19 追記
DTACのプリペイドSIMカードの詳細情報をまとめました。かなり詳細に記載しましたのでぜひご覧ください。

今回は2016年3月時点でのDTACのプリペイドSIMカードの使用方法をまとめます。現時点で調べられた内容はすべて盛り込んだつもりです。このページがあれば、タイでDTACのプリペイドSIMカードを使って過ごせるはずです。

e-serviceを利用したプラン変更

おそらくDTAC centerでも変更できると思いますが、ここではインターネット(e-service)を利用した方法を紹介します。

まずはe-serviceに登録してログインする必要があります。これは「海外でプリペイドSIMを使う タイ編 その19: DTACのe-serviceを使う」で紹介していますので、そちらを参照してください。

e-serviceにログインしたら左側の「OTP Required Services」から「Promotion Switching」を選択します。

一時バスワード(OTP)の取得

一時バスワード(OTP)の取得

この先は、一時パスワードを入力する必要があります。「Click to get password」をクリックするとしばらくしてSMSでパスワード(数字4桁)が送られてくるので、それを入力して「OK」を押します。

料金プラン(プルモーション)の選択

料金プラン(プルモーション)の選択

あとは移行するプランを選択すればOKです。ただし、プランの変更には手数料が10~200バーツかかります。残高が足りない場合は、当然ながら変更ができません。

選択できるプラン

2012年3月現在で選択できるプランは下記のとおりです。プランによって通話料やSMSの料金が異なるので要注意です。下記の表では通話料・SMS料金ともにタイ国内同士のものを示しています。また通話料が最初の1分が高かったりするのですが、それは省略しました。有効期限についてはセブンイレブン等のレジでTOP UPした場合です。詳しくはDTACのページを参照してください。

プラン名 手数料 通話料 SMS料金 Internet 100バーツTOP UP時の有効期限
Simple SIM 49B DTACの番号(1つ): 0.5B/分
その他は2B/分
3B/1SMS 1B/分 90日延長
Kong Kra Pun SIM 49B 0.99B/分 0.99/1SMS 1B/分 1000時間(約41日)?
Happy Social SIM 30B DTACの番号(3つ): 0.25B/分
その他は1B/分
DTAC: 01B/1SMS
その他: 不明
1B/分 7日延長
Happy SIM 49B 0.4B/分 3B/1SMS ? 7日延長
Happy call 10B DTACの番号: 0.25B/分
その他: 1.25B/分
? ? 7日延長
Happy call 10B 1.25B/分 ? ? 7日延長
Happy Buffet 159B 10:00~23:00: 無料
その他: 1.25B/分
? ? 7日延長
Happy Buffet 199B 5:00~17:00: 無料
その他: 1.25B/分
? ? 7日延長

重要な点として、購入時にお勧めしたHappy Tourist SIM/Happy Internet SIM/Happy Smartphone SIMからプランを変更すると、元のプランに戻せないということです。

参考までにこれらのプランの料金を乗せておきます。

プラン名 通話料 SMS料金 Internet 100バーツTOP UP時の有効期限
Happy Tourist SIM 1.25B/分 3B/1SMS 10B/MB
(3Gの制限は不明)
7日延長
Happy Internet SIM 1B/分 2/1SMS 0.25B/分
(3Gは上限384kbps)
21日延長
Happy Smartphone SIM 1B/分 2B/1SMS 1B/MB
(3Gの速度制限なし)
21日延長

どのプランがよいのか?

私はHappy Internet SIMを購入(「海外でプリペイドSIMを使う タイ編 その15: DTACのプリペイドSIMカードを購入」参照)したのですが、90日の有効期限延長が欲しくて、49バーツの手数料を払ってSimple SIMのプランに変更してしまいました。

しかし、実際にはDay Give-Awayサービスによって簡単に有効期限が延ばせる(「海外でプリペイドSIMを使う タイ編 その21: DTACの有効期限を延ばす」参照)ので、わざわざSimple SIMプランに変更する必要はありませんでした。しかも、通話料・SMS料金・Internet料金のすべてが高くなってしまい、実は後悔しております。

Day Give-Awayサービスの基準(「海外でプリペイドSIMを使う タイ編 その21: DTACの有効期限を延ばす」参照)に達する見込みのある人は、わざわざプラン変更する必要はないでしょう。

(タイ編 その23はこちら)

『タイでプリペイドSIMを使う その22: DTACの料金プランを変更』へのコメント

  1. 名前:nommon 投稿日:2012/11/20(火) 17:48:13 ID:a6d8531fd 返信

    年末タイに旅行する予定なので、大変参考になりました。先日購入した白ロムMOTOROLA PHOTON ISW11M(bootloader unlock、root化済)で試してみようと思います。どうもありがとうございました。

    • 名前:scratchpad 投稿日:2012/11/20(火) 23:46:29 ID:f25c7a3e5 返信

      コメントありがとうございます!

      お持ちの機種はAUの端末でしょうか?
      AUは通信方式が違うため(WCDMAではない)ので、タイでは3Gが使えないと思います。

      今調べたところGSMにも対応していないので、2G接続も無理そうです。

      下記ページで機種名で検索のところにご自分の機種を入れて、タイを調べてみてください。
      http://www.au.kddi.com/service/kokusai/global_passport/taiou/index.html

      海外で使う場合、AU端末は要注意なんです。iPhoneだと無敵なんですが・・・

      • 名前:nommon 投稿日:2012/11/21(水) 10:31:01 ID:b570a3d54 返信

        アドバイスをありがとうございます。
        買ったのはAUの端末です。
        根拠としては強くないのですが、複数のスレで使えるという情報がありました。

        http://anago.2ch.net/test/read.cgi/android/1331783081/

        の453

        http://log.shipweb.jp/?mode=datview&board_name=smartphone&thread_key=1345298382&thread_id=619872

        の568

        実際はどうなのかわかりませんが、ダメもとということで。

        • 名前:scratchpad 投稿日:2012/11/23(金) 00:52:27 ID:7c9d342f3 返信

          確かにWikipediaとかみても「3G:UMTS(W-CDMA) 850/1900/2100 MHz、2G:850/900/1800/1900 MHz」って書いてありますね。
          http://ja.wikipedia.org/wiki/ISW11M

          これが正しければ大丈夫そうです。
          このスペックだと12Callの3Gが使えないはずなので、DTAC(Happy)かTrueMove(私は使ってないですけど)がお勧めです。

          • 名前:nommon 投稿日:2012/11/24(土) 18:27:15 ID:dfed6e02f

            私もipod代わりの初スマホなので、海外で使うとか、周波数とか、細かいことを考えずに当該機種を購入しました。キャリアの公式情報と実物との差異はあるのが普通なのでしょうかね(外国のメーカーだからかな)
            タイでの行き先は東部のラヨーンがメインですので、scratchpadさんの記事に沿って、ますはDTACの3Gでいってみようと思います。(Dtacサイトによるとshopも複数あり、3Gもカバーしているようなので)