タイでプリペイドSIMを使う その39: TrueMoveの無料SIMカードでWi-Fiサービスを使う

携帯電話の利用

前回はタイのTrueMoveのインターネット通信を紹介しました。環境のせいか端末のせいかは不明ですが、期待したような通信速度が出ず少々がっかりな結果となりました。

今回はこの通信速度の遅さを補うために、TrueMoveのWi-Fiサービスを紹介したいと思います。

2017/08/27 追記

2017年8月の情報に基づいてTrueMoveの情報をアップデートしました。かなり詳細に記載しましたのでぜひご覧ください。!

今回は2017年8月時点でのTrueMoveのプリペイドSIMカードの使用方法をまとめます。現時点で調べられた内容はすべて盛り込んだつもりです。このページをご覧頂けば、タイでTrueMoveのプリペイドSIMカードを使って過ごせるはずです。

TrueMoveのWi-Fiサービス

TrueMoveはいたるところでWi-Fiサービス(HotSpotサービス)を提供しています。特にバンコク中心部ではショッピングモールのほかに、BTSの駅でも利用できるため、利便性が高いです。

また、TrueMoveのプリペイドSIMカードのユーザならば格安あるいは無料で利用することができるのもポイントです。

もしTrueMoveの3Gの通信速度に不満がある場合は、TrueWiFiの看板をみつけてWi-Fiを利用するのもよい考えただと思います。

TrueMoveのWi-Fiサービスが使える場所(Hot Spot)には次のような看板やのぼりが立っています。なお、BTSの駅にはこの看板はありませんが使用できるようです。

TreuMoveのWiFiロゴ

Wi-Fiが利用できるインターネットパッケージ

TrueMoveのWi-Fiサービスを利用するに当たり、重要なのは利用しているインターネットパッケージにWi-Fiの通信量が含まれているかどうか、ということです。含まれていない場合は1分1バーツで課金されるので注意が必要です。

現在どれくらいのWi-Fiを利用できるのか、というのは「*935#」によっても調べることができます。

また、TrueMoveのStarter PackというSIMカード向けに案内されているインターネットパッケージでは、Wi-Fiが無制限に利用できるプランが用意されています。Net 29とNet 250が共通のため、無料SIMカードでこれらのインターネットパッケージも使えるのではないかと思います。

名称 価格 通信量 期間 Wi-Fi 申し込み方法
Net 49 49B 無制限
(160MB以上は128Kbps)
1日 なし *900:3302#
Net 249 249B 無制限
(1G以上は128Kbps)
7日 なし *900*3324#
Net 250 250B 500MB 30日 なし *900*3325#
Net 350 350B 1GB 30日 なし *900*3335#
Net 399 399B 無制限
(1GB以上は128Kbps)
30日 無制限 *900*3339#
Net 550 550B 2GB 30日 無制限 *900*3355#
Net 599 599B 無制限
(2GB以上は384Kbps)
30日 無制限 *900*3359#
Net 899 899B 無制限
(5GB以上は384Kbps)
30日 無制限 *900*3389#

ワンタイムパスワードでの利用

TrueMoveのユーザならば簡単な手続きでWi-Fiを利用することができます。

しかし、私の場合は15分程度で使用できなくなってしまいました。これは私の利用していたインターネットパッケージにWi-Fi通信が含まれていなかったせいかもしれません。

Wi-Fi接続

まずWi-Fiをオンにして「.@TRUEWiFi」というアクセスポイントに接続しましょう。パスワードは不要でそのまま接続できます。

Wi-Fi APの選択

ワンタイムパスワードの取得

Wi-Fiにつなげた後にWebブラウザを開くと、ログイン画面が表示されます。この画面の上部のボタンを選択するとワンタイムパスワードがSMSで送られてきます。

ワンタイムパスワードの取得

下記がワンタイムパスワードを記載したSMSです。この「216082」がワンタイムパスワードになります。

ワンタイムパスワード

ログイン

ブラウザの画面はログイン画面に遷移しているはずですので、SMSで送られてきたワンタイムパスワードを入力して「OK」を選択すれば接続完了です。

ログイン

ログアウト

ログインに成功すると次のようが画面がブラウザに表示されるはずです。Wi-Fiの利用が終わったら忘れずに画面右下のボタンからログアウトするようにしましょう。

ログアウト

サインアップしての利用

私の場合、いったんサインインしてから接続すると、15分以上利用することができました。

通常はこの手順で登録を行った後に、TrueMoveのWi-Fiサービスを利用するのが正しいようです。

Wi-Fi接続

まずWi-Fiをオンにして「.@TRUEWiFi」というアクセスポイントに接続しましょう。パスワードは不要でそのまま接続できます。これはワンタイムパスワードの場合と一緒です。

Screenshot_2014-11-22-22-03-52

サインアップ

ブラウザを立ち上げるとログイン画面が表示されます。先ほどは画面上部のボタンを利用しましたが、今回は画面の左下のボタンを選択します。

signup

次の画面では上側の「TRUE ID SIGN UP」を選択します。

register

次の画面では電話番号を入力して「OK」を選択します。

Screenshot_2014-11-22-22-37-58

するとパスワードがSMSで送られています。

Screenshot_2014-11-22-22-38-29

これを下記の画面に入力します。

Screenshot_2014-11-22-22-38-52

これで登録完了となります。

Screenshot_2014-11-22-22-39-29

登録完了すると、次のようなSMSが送られ来ます。

Screenshot_2014-11-22-22-39-48

タイ語で困ってしまいますが、最初のモザイク部分にユーザID(=電話番号)、2番目のモザイクの部分にパスワード(数字4桁)が記載されています。今後のログインにはこれを使います。

ログイン

再びログイン画面に戻り、SMSで送られてきたユーザIDとパスワードを入力します。また、パスワード欄の下にパスワードを記憶させるためのチェックボックスがあるので、必要に応じてチェックします。そして「LOGIN」を選択するとWi-Fiで通信できるようになります。

Screenshot_2014-11-22-22-40-34

ログアウト

Wi-Fiの利用を終了する場合は、忘れずにログアウトするようにしましょう。

Wi-Fiが無制限のインターネットパッケージの場合なら問題ないかもしれませんが、そうでない場合はどんどん課金されてしまいますので注意しましょう。

通信速度

気になる通信速度です。確かBTSのプロンポン駅近くで測定したと思います。

Screenshot_2014-11-22-22-09-53

思ったほど早くないないですが、3Gのほうがやや残念な感じだったので体感的にはずっと早く感じました。Wi-Fiが無制限のインターネットパッケージを利用している方は、積極的にWi-Fiを使うとよいと思います。

まとめ

今回はTrueMoveが提供しているWi-Fiサービスについて紹介しました。

TrueMoveはバンコクのいたるところでWi-Fiサービスを提供しています。TrueMoveのインターネットパッケージによってはWi-Fiを無制限に利用することができるので、3Gの通信速度に不満を感じている方は、Wi-Fiサービスを積極的に利用するとよいでしょう。

次回は国が変わってメキシコのプリペイドSIMカードについて紹介したいと思います。