タイでプリペイドSIMを使う その79: AISのプリペイドSIMを50バーツで購入!

前回まではタイのTrueMoveのプリペイドSIMカードの紹介を指摘してきました。

今回からはタイで最大のキャリアであるAISの話題です。

AISのプリペイドSIMカード

AISが販売しているプリペイドSIMカードは20個ぐらいの種類があります。

All sim one2call For Unlimited Net + Call

ところがこれらのSIMカードをどれでも自由に購入できるかというと、なかなかそうはいきません。

店によっては在庫を持っていない場合もあります。

また、難関なのが店員さんの対応です。

AISの直営店舗でプリペイドSIMカードを購入しようとした場合、多くの場合は店員さんはTRAVELLER SIMをすすめてきます。

Enjoy BEST PRICE on BEST QUALITY NETWORK with Unlimited Data in Thailand

ここで頑張って交渉すればTRAVELLER SIM以外を購入できることもありますが、店員さんによっては外国人にはTRAVELLER SIM以外は販売できないと拒否してくることもあります。

AISの直営店でTRAVELLER SIM以外を購入できるかどうかは運次第というところです。

50バーツでSUPER PLAY SIMを購入!

AISの直営店はなかなかガードが堅いのですが、直営店でなければ店員さんが緩くて好きなプリペイドSIMカードを購入できる場合があります。

今回見つけたのはタイ中心部のセントラルワールドプラザというショッピングモールです。

このこの4回にはAISの巨大な店舗があります。

セントラルワールドプラザのAISショップ

今回SIMカードを買ったのはここではありません。

ここから反対側に数十メートル歩くと今度は「Telewiz Shop」の店舗があります。

セントラルワールドプラザのTelewiz Shop

ここはショーケースの中にSIMカードのパッケージが展示してあります。

Telewiz Shopで売っているSIMカード

試しにSIMカードを指さして買えるかどうかを聞いてみたところあっさりとOKがでました。

今回購入したのは「SUPER PLAY SIM」と言われるプリペイドSIMカードです。

SUPER PLAY SIM For Entertainment Lover TV 100 Channels and Unlimited Music streaming

価格は「50バーツ」で不透明な上乗せはありませんでした。

タイではSIMカードを購入したときにはパスポート番号の登録が必要なのですが、この店舗では専用のスマホアプリで済ませていました。

従って、AISショップに行って別途登録する必要はありません。

タイではプリペイドSIMカードの購入にパスポートが必要です。

SIMを購入すると店員さんはTOP UPすることを勧めてきますが、とりあえず初期状態を確認したかったのでTOP UPはやめておきました。

ちなみにここお店では、ローミング用のSIMである「AIS SIM2Fly」も販売していました。

バンコクを中継地として旅行している方は、ここでSIM2Flyを入手するのも良いと思います。

SIM2Fly

購入したプリペイドSIMカード

それでは購入したプリペイドSIMカードを紹介します。購入したのは「SUPER PLAY SIM」で価格は上述の通りわずか50バーツです。

SUPER PLAY SIMのパッケージ 表

SUPER PLAY SIMのパッケージ 裏

SIMカードは標準・マイクロ・ナノの3サイズ対応です。

AISのSIMカード 表AISのSIMカード 裏

中には簡単な取扱説明書が入っています。

SUPER PLAY SIMの取扱説明書

英語で記載されているのは下の写真のページだけです。

SUPER PLAY SIMの取扱説明書

一応このページからは

  • アクティベーションをするにはどこかに電話するか、インターネットを使い始めること
  • TOP UPは「*120*」に続けてPIN番号を入力して最後に「#」を入力して発信すること
  • 残高と有効期限を確認するには「*121#」に発信すること

ということがわかります。

アクティベーション

アクティベーションは簡単です。

説明書には電話を掛けるかデータ通信を行うように記載されていましたが、確かSIMカードをスマートフォンに挿せば自動的にSIMカードが有効になったと思います。

SIMカードが有効になると次々とSMSが送られてきます。

アクティベーション時のSMS

タイ語なのでGoogle翻訳アプリをつかって解読してみると

  • タイナンバーワンのAIS One-2-Callへ用こそ! (英語にするには*700#)
  • 残高不足なのでサービスを利用する前に「*120」でTOP UPすること
  • 仏歴2561年6月5日(西暦2018年6月5日)まで(=開通後30日間有効)の通話に使えるボーナスが15バーツあり。詳細は「*121*2#」で確認
  • 無料で30日間の着メロが「*273#」で利用可能
  • 7日間の「AIS Play HOOQ Karaoke」が有効になった

ということのようです。

何度も同じ内容で送られてきているのは残高不足の警告のSMSです。

英語への切り替え

タイのプリペイドSIMカードでは様々な情報がSMSで送られてきます。

しかし、SUPER PLAY SIMの場合はデフォルトでタイ語になっていて、何を言っているのか正直なところわかりません。

外国人向けのTRAVELLER SIMの場合はデフォルトが英語にになっています。

AISのプリペイドSIMカードで言語を切り替えるには「*700#」のメニューを利用します。

言語を切り替えるためのコマンド

しかし、手強いのがこの言語を切り替える「*700#」のメニュー自体がタイ語であることです。

*700#のメニュー

このメニューが理解できるのなら言語を切り替える必要は無いような気がします。

とはいえ、ここを乗り越えなければ英語でAISのSIMカードを使うことができません。

まず、「*700#」のメニューの最初の画面では「9」を入力します。

9を入力

次の画面では「7」を入力します。

7を入力

これでタイ語と英語の選択になりますので「2」を入力して英語を選択します。

2を入力

これで次のようなメッセージが画面に表示されるはずです。

受付完了のメッセージ

次のようなSMSが送られてきたら英語への切り替えの完了です。

英語への切り替え完了

初期状態の確認

いくつかコマンドを使って購入したプリペイドSIMカードの状態をチェックしてみました。

まずはアクティベーションの時のSMSにあった「*121*2#」です。

通話ボーナスの確認

このコマンドは通話ボーナスを確認するためのコマンドで、下記のように15バーツのボーナスが2018/06/05 (アクティベーション後30日間)まで有効であることがわかります。

通話ボーナス

続いてインターネットパッケージの確認である「*121*3#」を試してみます。

インターネットパッケージの確認

このコマンドの結果はSMSで送られてきます。

インターネットパッケージの状態

詳しくは「*121*32#」とのことなのでこれを試してみます。

インターネットパッケージの詳細確認

有効になっているインターネットパッケージは「AIS Play HOOQ Karaoke」です。

インターネットパッケージの詳細

多分、7日間は下記のアプリを使った動画や音楽が無制限で使えるのだと思います。

AIS PLAY
AIS PLAY
Price: To be announced
AIS PLAY
AIS PLAY
Developer: Mimo Tech
Price: Free

残念ながら通常のインターネット通信は含まれていないようです。

インターネット通信をするにはTOP UPして別途インターネットパッケージの申し込みが必要です。

まとめ

今回はタイAISのプリペイドSIMカードを50バーツで購入したことを紹介しました。

通常のAISショップでSIMカードを購入する場合は外国人向けのTRAVELLER SIMを勧められますが、Telewiz Shopで購入すれば展示されているSIMカードを自由に購入することができます。

TRAVELLER SIM以外を試したい方はAISショップ以外を狙ってみてください。

次回はAISのプリペイドSIMカードにLINE PAYでTOP UPしてみます。

『タイでプリペイドSIMを使う その79: AISのプリペイドSIMを50バーツで購入!』へのコメント

  1. 名前:PAL 投稿日:2018/09/18(火) 14:37:06 ID:d81c196d2 返信

    はじめまして
    詳しい状況を いつもありがたく拝見しております
    2018/10月に訪タイします
    今後も継続訪問があるため、
    travellersimではない 一般SIMを購入予定です
    滞在日は少ない為、
    AIS SUPER PLAY SIM/50THB 
    を購入予定ですが、

    前回BLOG#68で見れば、
    インターネット1GB付属していましたが
    今回BLOG#79で見れば、
    インターネット7日間/1GB の特典が消えたのですか?
    ネット用に強制的にTOPUPが必要なのでしょうか?

    主な使用目的は タイ国内でAIS同志の通話、ネット少々
    です。
    通話、SMS用には残高減ればTOPUPする予定です。

    番号保持継続=次回出張時には期限切れ かもしれませんが
    TRAVELLER SIM 299THBに 魅力を感じず、
    この選択を検討しています
    ご教示頂ければ 幸甚です

    • 名前:scratchpad 投稿日:2018/09/21(金) 18:38:15 ID:ad5e14720 返信

      コメントありがとうございます。

      ボーナスなどは結構変わるので、最新の情報は公式サイトで確認されることをお勧めします。
      http://www.ais.co.th/one-2-call/th/simcard/en/super_play.html

      2018/09/21現在の情報だと、150バーツをトップアップすると1GB・1週間のデータ通信がボーナスとしてもらえるようです。

      通信速度を気にしないのであれば4G NET SIM (88バーツ、7日間1Mbpsで無制限)でもいいかもしれませんね。