ドイツでプリペイドSIMを使う その14: LycamobileのプリペイドSIMを購入!

シャルロッテンブルク宮殿

前回まではアイルランドのプリペイドSIMカードについて紹介しました。今回からはドイツのプリペイドSIMカードについてです。

これまでドイツではO2のプリペイドSIMカードを使っていたのですが、有効期限が切れてしまいました。そこで新しいプリペイドSIMカードを試してみることにしました。

なお前回ドイツ編は下記になります。

今回はフランクフルト中央駅の地下で発見したなぞの自販機で、O2のプリペイドSIMにリチャージする方法を紹介します。自販機なので当然24時間運用だと思います。早朝や深夜にフランクフルトに到着したときなどに活用できそうです。

フランクフルト中央駅近くの携帯電話ショップ

今回はフランクフルト空港からドイツに入りました。フランクフルト空港から電車で20分ほどでフランクフルト中央駅につきます。

このフランクフルト中央駅を出てまっすぐ進むとカイザー通りという通りがあります。

この通りには雑貨店やファストフードなどいろんなお店が並んでいるのですが、その中に「Internet & Callshop」という看板がかかった携帯電話ショップ兼インターネットカフェがあります。今回はここでプリペイドSIMカードを購入しました。

私が行った時の外観はこのような状態でした。

カイザー通りの「Internet and Callshop」

場所としてはこの辺です。

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
現在地
Google Mapsルートを検索

なお、夜のカイザー通りは治安がよくありません。昼間ならば全く問題はありませんので、必ず昼間行くようにしてください(何時までこのお店が開いているかは不明ですが)。

Lycamobileのパンフレット

このお店にはいくつかプリペイドSIMカードのパンフレットがありました。私が手にしたのはLycamobileとLeberaです。両方ともMVNOのようです。

Lycamobileのパンフレットを紹介しておきます。

表と裏を見てもドイツ語でさっぱり分かりません・・・ただ国際電話に力を入れているのは伝わってきます。

Lycamobileのパンフレット

パンフレットの内側を見るとインターネットパッケージの説明もありました!

Lycamobileのインターネットパッケージ

このページの情報を文字の起こすと下記のようになります。申し込み方法もAPN設定も書いてありこれなら自分で設定できそうです。

データ通信量 価格 有効期間 申し込み方法
500MB 6.9ユーロ 30日 「11500」を「3535」にSMS
1GB 11.9ユーロ 30日 「11000」を「3535」にSMS
3GB 14.9ユーロ 30日 「13000」を「3535」にSMS
5GB 19.9ユーロ 30日 「15000」を「3535」にSMS
APN data.lycamobile.de
ユーザ名 lmde
パスワード plus

パンフレットにはそれ以外に国際通話料金の一覧と、通話とデータ通信がセットになったパッケージの案内があります。このセットのパッケージについては上記のインターネットパッケージより割高なので紹介を割愛します。なお、日本への国際通話料金は固定電話へは0.05ユーロ/分、携帯電話へは0.09ユーロ/分となっており、日本のSIMカードを使って通話するよりかなり安くなっています。

購入したLycamobileのプリペイドSIMカード

このお店にはLycamobileのほかにO2, Vodafone, Lebara等のプリペイドSIMカードが売っていました。

しかし、上記のようにLycamobileはインターネットパッケージの申し込み方法とAPN設定がパンフレットでわかったので、Lycamobileを選択することにしました。

価格は10ユーロで、購入には身分証明書は不要でした(O2のプリペイドSIMカードを買った時には必要だった気がするのですが・・・)。今回は支払いを現金でしたので、クレジットカードが使えるかどうかはわかりません。

下の写真が購入したLycamobileのプリペイドSIMカードのパッケージです。

Lycamobileのパッケージ 表Lycamobileのパッケージ 裏

ちなみに、Lycamobileのパッケージに10ユーロが使える(初期残高が10ユーロ??)っぽいシールが貼ってあるのもLycamobileにした一因だったりします(ちなみにこの予想は微妙に外れました)、

まとめ

今回はドイツのフランクフルト中央駅近くでLycamobileのプリペイドSIMカードを購入したことを紹介しました。

フランクフルト中央駅からすぐですし、購入に際して面倒な手続きもいりません。ほかの携帯電話会社のプリペイドSIMカードも置いてあるので空港で買う時間がなかった人には良いかもしれません。

次回はこのプリペイドSIMカードの初期設定を行います。

『ドイツでプリペイドSIMを使う その14: LycamobileのプリペイドSIMを購入!』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2017/07/20(木) 00:42:07 ID:ec145bce2 返信

    お金はどうやって支払うのですか?

    • 名前:scratchpad 投稿日:2017/07/21(金) 03:17:10 ID:573deb31b 返信

      コメントありがとうございます!

      SIMカードの代金は本文に記載の通り現金で支払います。

      TOP UPでしたらオンラインで行います。
      クレジットカードかPayPalが使えるようですが、日本のクレジットカードははじかれる場合があるのでPayPalがおすすめです。

      LycaMobileのSIMを買った場合は初期残高があったので、私はTOP UPはしませんでした。

      下記にLiberaというMVNOのSIMにTOP UPした記事があるので参考しにしてください。
      https://scratchpad.jp/prepaid-sim-in-germany-22/