ChuwiがIndiegogoで新2-in-1タブレットCoreBookを準備中!

今回は中華タブレットメーカーのChuwiの新製品の噂を紹介したいと思います。

Chuwiは以前SurBookという名前でMicrosoft SurfaceクローンをIndiegogoで立ち上げましたが、今度はCoreBookという名前でiPad Proクローンのようです。

Indiegogoということでクラウドファンディングとしていますが、一般発売となればGearBest・GeekBuying等の中華通販サイトで購入できるようになるはずです。

Chuwiとは

Chuwiとはいわゆる中華タブレットメーカーです。最近ではノートPCに進出し、精力的に製品を発表しています。

Chuwi creates beautifully designed tablets with premium quality and performance price; brings the best technology to users around the world.

このブログでもいままでいくつかのChuwi製品のレビューをしてきました。

今回は中華WindowsタブレットChuwi Hi8 Proを紹介します。 個人輸入すると1万円強という価格で格安の部類に入るタブレットですが、スペックもなかなか高く楽しみな製品です。届いた商品を確認したところパッケージ等でコストダウンの工夫が見えますが、本体は意外としっかりとしたものです。
今回はGearBestから提供していただいた中華タブレットChuwi Vi10 Plusを紹介します。筐体は大柄であるものの、金属筐体や側面の加工など見た目の品位はなかなか良いものです。あとはRemix OSの使い勝手次第というところです。
今回はGearBestから格安の中華WindowsノートPCであるChuwi LapBook12.3を入手したことを紹介します。Chuwi LapBook 12.3はRAM 6GB・2736 x 1824のディスプレイと3万円台のノートPCとはは思えないスペックが魅力のノートPCです。ただ、12.3インチディスプレイながら重量が1.4kgありますので軽量ノートPCを探している方には合わないかもしれません。

最初に試したHi8 Proというタブレットはプラスチックボディで少々安っぽかったですが、最近レビューしたLapBook 12.3というノートPCではメタルボディになっておりかなり品質が上がってきていました。

メタルボディと言っても加工精度が悪ければお話にならないのですが、Chuwi LapBook 12.3は見た限りでは加工精度も問題ありませんでした。

競争力の高い値付けをすることもあり、中華ガジェットを語る上ではチェックが必要なメーカーの一つとなっています。

Indiegogoとは

IndiegogoとはKickStarterと人気を2分するクラウドファンディングサイトです。

Crowdfund innovations in tech and design before they go mainstream, and buy hundreds of unique products shipping now from Indiegogo's Marketplace.

詳しくはWikipediaを参考にするとわかりやすいと思います。

本来はクラウドファンディングサイトでは、アイデアがあっても開発資金が会社や個人が資金を調達するのが主な目的のはずです

Chuwiは十分な資金力があるはずなので、Indiegotoというシステムをユーザから直接意見を集めるシステムとして使っているようです。

こうして生まれたのが先代のChuwi SurBookです。

今回はIndiegogoでクラウドファンディングをしているChuwi Surbookという2-in-1タブレットを紹介しましす。このタブレットはその名の通りMicrosoftのSurfaceを思いっきり意識した製品で、同じ2-in-1タブレットながらキーボード込みの価格では半額以下という驚きのコストパフォーマンスです。まもなく一般販売とのことなので実勢価格が楽しみなところです。

そして同じ仕組みで仕込んでいるのが今回のテーマであるChuwi CoreBookです。

Chuwi CoreBook

さてそのIndiegogoのCoreBookのサイトは下記になります。

先代のSurBookが12.3インチの2-in-1タブレットでしたが今回は13.3インチの2-in-1タブレットとなります。

CoreBook

このCoreBookのウリは次の通りです。

項目 特徴
CPU モバイルノートPC向けのCore m3プロセッサを搭載
グラフィクス Intel HD Graphics 615を内蔵。3Dゲームや4Kビデオの再生に対応
RAM 6GBのDDR3を搭載。複数のタスクも実行可能
ストレージ eMMC 5.1による128GB
ディスプレイ 13.3インチのFHD(1920×1080)、エッジはカーブ処理 (いわゆる2.5D)
指紋認証 ワンタッチでWindowsにログイン可能
インターフェース USB Type-C 3.0を搭載。ハブを介してAV出力も可能。
電源・バッテリ 8時間動作を可能とする38Whのバッテリーと、36W(12V/3A)での高速充電

またこのCoreBookを組み合わせる専用のキーボードとスタイラスも用意されます。

もちろんOSはWindows 10 Homeとなります。

Indiegogoでの先行予約では459ドル、キーボード・スタイラスとのセットでは499ドルとなります(いずれも先着200名)。

一般販売での価格が気になるところですが、近い価格で入手できることを期待したいところです。

iPad Proとの比較

CoreBookは12.3インチのiPad Proをベンチマークとして企画されたようです。

Indiegogoのサイトにも比較があったので引用しておきます。

iPad Proとの比較

ディスプレイやサイズ感ではiPad Proの方が優れているように見えますが、メモリとストレージについてはCoreBookの方が明らかに優れています。

また、汎用のインターフェースを備えているのもChuwi CoreBookの強みです。

コストについては当然というかChuwi CoreBookがダントツですね。

Chuwi SurBookとの比較

ついでに先代のSurBookと比較してみたいと思います。

CoreBook SurBook
写真 CoreBook GeekBuying
OS Window10 Home
ディプレイ 13.3インチ 1920×1080
10ポイントマルチタッチ
12.3インチ 2736×1824
10ポイントマルチタッチ
CPU Intel Core m3
最大2.6GHz
Intel Celeron N3450
最大2.2GHz
メモリ 6GB 6GB
ストレージ 128GB eMMC 128GB eMMC
インターフェース USB Type-C 3.0 × 1
microUSB×1
USB Type-C×1
USB 3.0×2
バッテリ 37Wh 10Wh
サイズ 315×211×8.5mm 297×203×9.4mm
重さ 1046グラム 967グラム
価格 499ドル
(キーボード・スタイラスセット)
484.99ドル
(キーボードセット)

SurBookの価格は在庫があるGeekBuyingの物です。

このように比べてみるとCoreBookの最大の強化ポイントがCPUであることがわかります。

一方でディスプレイは解像度が低くなっているのが残念です。

ただ、SurBookの12.3インチで2736×1824という解像度は細かすぎてタッチでは使いにくいということもあるので、CoreBookのほうが逆に使いやすいかもしれません。

まとめ

今回は中華タブレットメーカーのChuwiが開発している13.3インチの2-in-1タブレットであるCoreBookを紹介しました。

中華タブレットとしては珍しくCPUにCore m3を搭載するという意欲作です。一般発売は来年4月に予定しているようなので、楽しみにしておきましょう。