中華Windowsノート Jumper Ezbook Airで遊ぶ その4: 日本語化

前回は格安中華WindowsノートのJumper Ezbook Airを初期化しました。

再セットアップするときに言語として「Japanese (Japan)」は選べますが、Windowsは英語のままです。今回はこれを日本語化していきたいと思います。

日本語化にはインターネット接続が必要ですので、Wi-Fiが使える状態で作業を行ってください。

言語パックのインストール

日本語化するために設定メニューに入る必要があります。本体のWindowsボタンを押すか、画面左下のWindowsアイコンをタップするとメニューが表示されますので「Settings」を選択します。

Settings画面では「Time & language」を選択します。

Settings

左側で「Region & language」を選択すると右側の「Languages」のところに「日本語」があるはずです。これはインストール時に言語として「Japanese (Japan)」を選んだからだと思います。

「日本語」がない場合は「Add a lauguage」から「日本語」を追加してください

日本語

この「日本語」を選ぶと「Option」というボタンが出てくるのでこれを選択します。

日本語のオプション

すると「Language options」の下に「Windows Updateのチェック中」的なメッセージが出るのでしばらく待ちましょう。チェックが終わると下記のように4つのダウンロードボタンが出てくるので、これを選択します。

Language Packのダウンロード

これで日本語に必要なための追加パッケージのインストールが始まります。インターネット回線にもよりますが結構時間がかかります。

ダウンロード中

「Language pack installed」となったらいったんサインアウトしてサインインしなおします。

これで日本語が使えるようになるはずです。

ダウンロード完了

日本語の入力

言語パックをインストールしていると日本語の入力もできるようになります。

ただ、キーボードが英語配列のため、日本語入力(IME)をオンにする方法が分からなくて戸惑うかもしれません。

英語配列の場合はAltキーを押しながら`キー (ESCキーの下のキー)を押すと日本語入力をオンにすることができます。

日本語入力のON/OFF

2017/03/19時点で最安値はGearBestでクーポン「GB3EZB」を使った239.99ドル(27,408円)! クーポンには期限と台数限定があるのでお早めに!
14インチディスプレイなので一回り大きくなります。2017/03/19時点での最安値はGearBestでクーポン「GB3RDJP」適用の17,130円! クーポンには期限と台数限定があるのでお早めに!
CPUがApollo Lake N3350に強化されています。2017/03/19時点で最安値はGearBestでクーポン「GB3RDezbkJP」適用の19,985円! クーポンには期限と台数限定があるのでお早めに!

まとめ

今回は格安中華WindowsノートPCであるJumper Ezbook Airを日本語化しました。

Windows10自体が国際化に対応しているため、中華PCでも日本語化することは簡単です。日本語入力(IME)をON/OFFするキーが異なるのでちょっと戸惑いますが、これは慣れるのが一番のようです。

次回はさらなる日本語対応を目指して日本語版Windows10をクリーンインストールします。

『中華Windowsノート Jumper Ezbook Airで遊ぶ その4: 日本語化』へのコメント

  1. 名前:志村 投稿日:2017/02/20(月) 05:24:39 ID:e93268543 返信

    こんばんは
    購入を考えているものですか、購入後その4の日本語化だけで、普通に使用できますか?

    • 名前:scratchpad 投稿日:2017/02/20(月) 06:27:32 ID:2ed1b8aba 返信

      コメントありがとうございます。

      できれば日本語Windows10をインストールすることをおすすめします。
      https://scratchpad.jp/jumper-ezbook-air-5/

      日本語化だけでも大丈夫ですが、設定メニュー等でところどころ英語が残っていたと思います。
      日本語windows10をクリーンインストールすると完全に日本語化できます。

      あとは英語配列のキーボードになれるかどかだと思います。