中華スマホRedmi Note 3 Proで遊ぶ その5: ベンチマークを実行!

グラフ

前回はXiaomi Redmi Note 3 Proをリセットしてから初期設定しなおしてみました。

今回はこの状態で気になるベンチマークソフトを動かしてみようと思います。ただ、ベンチマークソフトのほかにOneDriveだけはインストール済みだったりします。

今回使用しているRedmi Note 3 Proは海外通販サイトEverBuyingから提供していただきました。

EverBuyingでは、このスマホは売り切れとなっています。

2017/05/28時点では在庫はTOMTOPにあり、32GB版を185.99ドルで販売しています。

TOMTOPでの注文方法については、下記ページを参照してみてください。

今回は中国の通販サイトであるGeekBuyingの使い方について紹介します。 品ぞろえはGearBestに及ばない感じですが、サイトの作り・取扱商品を見るとGearBestの対抗馬となるサイトだと思います。中華タブレットや中華スマホを買うときには、GeekBuyingも確認してみるとよいでしょう。

すでに後継機種のRedmi Note 4Xも発売されました。いま入手するならRedmi Note 4Xがおすすめです。

Redmi Note 4Xの場合は、GearBestがRAM 3GB/ROM 32GBモデル(シルバーグレー)を153.99ドル(17351円) (2017/05/28時点)で販売しています。

Antutuベンチマーク

AntutuベンチマークはAndroidでは定番のベンチマークソフトです。3Dの性能を見るためAntutu 3DBenchもインストール済みです。

Antutu Benchmark
Antutu Benchmark
Developer: AnTuTu
Price: Free
Antutu 3DBench
Antutu 3DBench
Developer: AnTuTu
Price: Free

Antutuベンチマークソフトを実行した結果は下記の通りです。ベンチマーク実施時は充電はせずにバッテリで駆動している状態です。

Antutuベンチマークの結果

ランクを見ると16位になっています。おおむねサムスンのGalaxy S6と同じぐらいの性能と考えてよいようです。

Antutuベンチマークの結果比較

Galaxy S6は約1年前のフラグシップ機です。Galaxy S6は中古でも日本で買うと4~5万円ぐらいするようですから、2万円以下のRedmi Note 3 Proのコストパフォーマンスの高さがよくわかります。

なお、Antutuベンチマークではシステム情報を表示することができますので紹介しておきます。

Antutuベンチマークによる詳細情報 1

Antutuベンチマークによる詳細情報 2

Antutuベンチマークによる詳細情報 3

Antutuベンチマークによる詳細情報 4

Antutuベンチマークによる詳細情報 5

Antutuベンチマークによる詳細情報 6

Antutuベンチマークによる詳細情報 7

Antutuベンチマークによる詳細情報 8

Top Cell Phones

Vellamo Mobile Benchmark

Vallemo Mobile Benchmarkでも測定してみました。

The app was not found in the store. 🙁

まずはブラウザのベンチマークです。このブラウザのベンチマークでは「WebView」を使うようにしています。

スコア的にはGalaxy S6を上回っています。このベンチマークは新しい端末のデータがないのか、Redmi Note 3 Proが1位になりました。

Vellamo Mobile Benchmarkの結果 ブラウザ

続いてCPU性能のベンチマークです。ここでもGalaxy S6を超えています。

Vellamo Mobile Benchmarkの結果 CPU

最後にマルチコアに関するベンチマークです。このベンチマークではGalaxy S6よりやや低い値となりました。ずっと下の方に現在使っているNexus 5があるのが気になります。Redmi Note 3 ProはNexus5よりはずっと早いようです。

Vellamo Mobile Benchmarkの結果 マルチコア

Vellamo Mobile BenchmarkでもRedmi Note 3 ProはGalaxy S6とほぼ同じという結果になりました。

Galaxy S6のCPUはオクタコアでクロックは最大2.1GHzとなっています。ほぼ半額という実勢価格で、同等の性能を達成するというのは本当に驚きです。

ベンチマークの結果から行くと、ここ1年で販売されたハイエンドのスマホを使っている方以外は、Redmi Note 3 Proを使うと快適に感じるのではないでしょうか?

2017/05/28で在庫はTOMTOP(185.99ドル)のみ!

すでに後継機種のRedmi Note 4X (Snapdragon 625)が発売されているので、いま買うならRedmi Note 4Xがおすすめです。

2018/02/10での最安値はGeekBuyingの139.99ドル! 次点はBanggoodの149.99ドル!
2018/02/10での最安値はBanggoodの154.99ドル!次点はGeekBuyingの155.99ドル!

まとめ

今回はRedmi Note 3 Proのベンチマークテスト結果を紹介しました。

ベンチマークのスコアから見ると、Redmi Note 3 Proの実力は1年前のハイエンドGalaxy S6に近い能力があるようです。それでいて価格が2万円を切っているというのは、非常にコストパフォーマンスが高いといえると思います。

次回はRedmi Note 3 ProにSIMを装着してみたいと思います。