中華スマホRedmi Note 3 Proで遊ぶ その2: アクセサリーの用意

カバー

前回EverBuyingより提供していただいた中華スマホXiaomi Redmi Note 3 Pro 16GB版を紹介しました。

今回はこのスマホを使うに当たり用意したものを紹介します。

今回使用しているRedmi Note 3 Proは海外通販サイトEverBuyingから提供していただきました。

EverBuyingでは、このスマホは売り切れとなっています。

2017/05/28時点では在庫はTOMTOPにあり、32GB版を185.99ドルで販売しています。

TOMTOPでの注文方法については、下記ページを参照してみてください。

今回は中国の通販サイトであるGeekBuyingの使い方について紹介します。 品ぞろえはGearBestに及ばない感じですが、サイトの作り・取扱商品を見るとGearBestの対抗馬となるサイトだと思います。中華タブレットや中華スマホを買うときには、GeekBuyingも確認してみるとよいでしょう。

すでに後継機種のRedmi Note 4Xも発売されました。いま入手するならRedmi Note 4Xがおすすめです。

Redmi Note 4Xの場合は、GearBestがRAM 3GB/ROM 32GBモデル(シルバーグレー)を153.99ドル(17351円) (2017/05/28時点)で販売しています。

ディスプレイ保護フィルム

やはりディスプレイには傷をつけたくないので、ディスプレイ保護フィルムは用意しておきたいところです。

Xiaomiのスマホは並行輸入されているケースが多いためか、AmazonでもRedmi Note 3用のディスプレイ保護フィルムは見つけることができます。代替価格は1000円前後です。

私も最初はAmazonで買おうと思ったのです、それではつまらないのでAliExpressから個人輸入してみることにしました。さすがは本場の中国の通販だけあって、「redmi note 3 film」で検索するだけでものすごいたくさんのお店が出てきます。

今回は防指紋・マットタイプのフィルムを探してこの商品を注文してみました。

2016/10/06追記

私が当初購入したショップではこの商品はすでに販売停止となっていました。

実は2回目の購入をしたので、2回目に購入したショップを紹介しておきます。

送られてきた製品は1回目の購入と同様に満足のいく品質(防指紋、低反射)のものでした。配送も約1週間と早かったのでおすすめのお店です。

強化ガラスタイプで注文時に「Super HD Clear」「No Fingerprint Matt」「Anti blue Ray」が選べるので、私は「No Fingerprint Matt」を注文しました。価格は2.63ドル(およそ300円です)。

配送は次のような流れて行われました。

日付 イベント
2016/5/19 注文
2016/5/19 出荷連絡
2016/5/30 配送完了

今回の商品は、注文から11日、土日を除くと8営業日で配送されたことになります。

送られてきたパッケージはやたら分厚かったのですが、、、

ディスプレイ保護フィルムのパッケージ

開けてみると厳重に保護されていました。ガラスタイプなので割れたら困るな、と思っていたところ万全の態勢で送られてきました。これは評価が高いです。

完璧な梱包状態

内容物は、ディスプレイ保護フィルム・クリーナー・ほこり取りのシールなどです。ノーブランドなのかOEMなのかわかりませんが、パッケージには入っていませんでした。

内容物

ガラスタイプの取り付けは初めてだったのですが、ディスプレイ保護フィルム自体が固いので貼りやすいと感じました。空気も入りにくいです。ただ、ホコリが入ってしまうと取り除くのが困難で、今回は小さなほこりが1箇所入ってしまったところはあきらめました。

使ってみる透過率は問題なく、指の滑りもよいです。「No Fingerprint Matt」というタイプの通り、指紋はつきにくい感じです。

ガラスタイプのため、厚さがフィルムタイプより厚いですが、反応には特に問題ありません。これは成功だったともいます。

下記の写真は貼り付け後の写真です。厚みがあるのがわかると思います。

装着した状態

本体カバー

本体に傷がつくのを避けるのと、滑りやすいことを考えると、本体カバーはつけておきたいところです。

Redmi Note 3 Proはサイズも大きいので、本体カバーはなるべく小さい(薄型)のタイプを探しました。本体カバーについてもAmazonで購入できますが、こちらもAliExpressから個人輸入してみることにしました。

本体カバーも「redmi note 3 case tpu」で検索するとたくさん出てきます。「TPU」というのは本体カバーの素材のことです。このキーワードによって革などのカバーを除外することができます。

今回は二つのショップから購入してみました。

その1: ハードカバー

まず注文したのはこのカバーです。

価格は1.86ドル(約200円)です。金色の本体に合うのか微妙なところですが、色は「黒」にしてみました。

配送状況は思ったより早かったです。

日付 イベント
2016/5/19 注文
2016/5/19 出荷連絡
2016/5/27 配送完了

今回の商品は、注文から8日、土日を除くと7営業日で配送されたことになります。中国の通販に注文して、無料配送だとこのくらいの日数が最短だと思います。

荷物はこんな感じで届きました。この封筒はエアキャップつきです。

本体カバーのパッケージ

開けるとこのようなハードカバー出てきました。なお、カバーはつぶれないように空洞部にクッションが入っていました。

本体カバー

ちょっと色が白っぽく見えますが、これは背景が黒いのと照明のせいです。

実際にはほぼ真っ黒ですが、角度によって塗装部分が明るく見える感じです。

ハードケースなのでグニャグニャには曲がりませが、表面の手触り的にはプラスチックよりちょっと柔らか目です。ただ、ゴムのように滑り止めが効くわけではありません。

取り付けるとこのようになります(この写真の時点ではディスプレイ保護フィルムは出荷時の状態から変更していません)。これだとカバーの部分はほとんど見えないので気にならないと思います。

本体カバーを装着した状態 正面

問題は背面です。カメラ・指紋センサー・スピーカ部分は穴が開いていて、当然ながら金と黒のツートンになります。まぁ、許容範囲でしょうか。

本体カバーを装着した状態 背面

なお、SIMスロットがある側の側面は完全におおわれています。SIMトレイを取り出したい場合には、カバーを外す必要があります。

装着して気になったのは上下の部分です。

本体カバーを装着した状態 上面

本体カバーを装着した状態 底面

このように上下は完全にカバーされていません。これだと落としたときはぶつけたときに傷がつきやすくなるものと思います。

放熱のため開けているようですが、せっかくだったら上下もカバーしてほしかったところです。

この点以外は満足いくケースです。

その2: スリム・ソフトカバー

ハズレを引いた場合を考えて、別の本体カバーを購入しておきました。

購入したのか下記のカバーです。

安かったので「Matt Black」を1.59ドル、「Transparent White」を1.19ドル、おまけのディスプレイ保護フィルムを1.69ドルの合計4.47ドル(約500円)で注文しました。

配送は次のような流れて行われました。

日付 イベント
2016/5/19 注文
2016/5/19 出荷連絡
2016/5/31 配送完了

今回の商品は、注文から12日、土日を除くと9営業日で配送されたことになります。

本体カバー二つとディスプレイ保護フィルムを頼んだせいかパッケージはけっこう厚みのあるものでした。

スリムソフトカーバなどのパッケージ

開けてみたところパッケージの厚みの理由がわかりました。発泡スチロールの箱に梱包されて送られてきたのです。もちろん、破損防止のためです。

最近は結構中国の業者も気を使ってくれます。

完璧な梱包状態

取り出すと

  • 液晶保護ガラス
  • 保護ガラスを貼る際に使うクリーナとシール
  • 透明の本体カバー
  • 黒の本体カバー

が出てきました。注文通りです。

内容物一覧

なお、液晶保護ガラスは非光沢タイプでなかったため(といってもぎらつく感じでもない)、使用せずに予備として保管することにしました。

スリムソフトカバー(黒)

下の写真がスリムソフトカバーの黒です。ソフトカバーなので結構ペラペラです。中央付近がたわんでいるのがわかると思います。手触り的には上記のハードカバーよりはざらつきがありすべり防止にはなりそうです。

スリムソフトカバー(黒)

装着すると下の写真の様になります。カバーはそれほど目立たない感じです。

スリムソフトカバー(黒)を装着した状態 正面

背面は穴がカメラ・LED・指紋センサー・スピーカと最小限になっているので、ハードカバーを付けたときよりもツートン感は和らいでいます。これくらいなら許容範囲でしょうか。

ただし、開口部が広いハードカバーの時よりも指紋センサーにタッチしにくくなっているのが気になります。

スリムソフトカバー(黒)を装着した状態 背面

本体の上面・底面はこのように最小限の開口部しかありません。傷防止としてはハードカバーの形状よりこちらの方がよいでしょう。

スリムソフトカバー(黒)を装着した状態 底面スリムソフトカバー(黒)を装着した状態 上面

スリムソフトカバー(透明)

黒と透明は形状は同じなので装着したときの写真のみを掲載します。

透明だけあって、見た目の装着感はかなりなくなります。シャオミのロゴ「Mi」をアピールしたい場合には好いかもしれません。

ただ、近くで見るとチープなゴムに入っているように見えてしまいます。

スリムソフトカバー(透明)を装着した状態 正面

スリムソフトカバー(透明)を装着した状態 背面

2017/05/28で在庫はTOMTOP(185.99ドル)のみ!

すでに後継機種のRedmi Note 4X (Snapdragon 625)が発売されているので、いま買うならRedmi Note 4Xがおすすめです。

2018/02/10での最安値はGeekBuyingの139.99ドル! 次点はBanggoodの149.99ドル!
2018/02/10での最安値はBanggoodの154.99ドル!次点はGeekBuyingの155.99ドル!

まとめ

今回はRedmi Note 3 Pro用のアクセサリを購入したことを紹介しました。

本体カバーは何種類か購入したのですが、装着感からソフトスリムカバーの黒をメインに使ってみることにしました。また、ディスプレイは非光沢・防指紋のガラスフィルムで保護することにしました。

次回はRedmi Note 3 Proの初期状態を確認します。