中華スマホMi5sで遊ぶ その18: LineageOSをルート化する

前回はLineageOSを導入したMi5sのボタンを入れ替えたことを紹介しました。

これでだいぶ使いやすくなりましたが、もう一つ欠けているのがルート化です。

前身のCyanogenModではルート化は設定メニューから簡単に行うことができたのですが、LineageOSでは追加ファイルを導入する必要があります。

今回使用しているMi5s(64GBモデル・ゴールド)は海外通販サイトGearBestから提供していただきました。

このXiaomi Mi5sは残念ながら販売終了となってしまったようです。後継機種はXiaomi Mi6となります。今から購入する場合はMi6をお勧めします。

GearBestの購入にトライしようと思う方は下記ページを参照してみてください。

今回は香港・中国の通販サイトであるGearBestの使い方について紹介します。 GearBestはAliExpressよりもサイトが使いやすく簡単な英語がわかれば注文することができます。中国ブランドのタブレットやスマホを安く入手したい場合は有力な選択肢となるでしょう。

Xiaomi Mi6はクーポン対象となることが多いので購入する前にクーポン情報の確認を忘れないようにしましょう!

このページではGarBestのマーケティング担当者から紹介があったセール情報・クーポン情報のうち、私が面白いと思ったものを記載してみます。 情報が入ったら随時更新するようにしてきます。

必要なファイル

LineageOSにはルート化をするためのアドオンが用意されています。

私はLineageOSインストールするときにこのファイルもダウンロードしておきました。

今回はXiaomi Redmi Note 4にLineageOSのカスタムROMを書き込みます。MIUIも安定していよいのですが、せっかくなのでカスタムROMを試してみたいところです。LineageOSはCyanogenModの後継と言うことでシンプルな状態なことが期待できます。

まだダウンロードしていない方はLineageOSのダウロードサイトからダウンロードしておきましょう。

ダウンロードするのはVersion 14.1用の「su (arm64)」です。

ARM64用を選択

ダウンロードしたファイルはMi5sの内蔵ストレージにコピーしておきます。

ROOT化アドオンのインストール

インストールはTWRPで行いますので、TWRPでMi5sを起動します。TWRPで起動するためにはボリュームアップボタンを押しながら電源ONします。

TWRPで起動したらメインメニューでインストールを選択します。

インストールを選択

先ほどダウンロードしたファイルがあるフォルダに移動してダウンロードしたファイル(addonsu-arm64-signed.zip)を選択します。

ルート化アドオンを選択

インストールするには画面下部のスライダーを右にスライドします。

ルート化アドオンをインストール

インストールが完了したら念のため「Cache/dalvikの消去」を選択しておきます。

キャッシュの削除

消去を実行するには画面下部のスライダーを右にスライドします。

キャッシュの削除の実行

キャッシュの消去が完了したら再起動します。

再起動へ

ルートアクセスの有効化

ROOT化アドオンをインストールしても、すぐにルート化はされません。

ROOT化アドオンをインストールするとLineageOSにルートアクセスを制御するためのメニューが追加されますので、このメニュー項目でルートアクセスを有効にする必要があります。

このメニューは開発者メニューにあるので、まずは開発者向けオプションをオンにする必要があります。

開発者向けオプションの有効化

開発者向けオプションを有効にするには「設定」→「端末情報」を選択します。そして端末情報が表示されたら「ビルド番号」を連打します。

ビルド番号を連打

「ビルド番号」を7連打ほどすると「開発者向けオプションが有効になりました」と表示されるはずです。

開発者向けオプションを有効化

これで設定メニューで「開発者向けオプション」が表示されます。

開発者向けオプションを選択

ルートアクセスの有効化

設定メニューの「開発者向けオプション」を開くと「ルートアクセス」というメニュー項目があるのでこれを選択します。

ルートアクセスを選択

ルートアクセスを与える対象を選択できるので自分の希望に合わせて選択します。私は「アプリとADB」としました。

ルートアクセスを許可するものを選択

次のような警告が出るので「OK」を選択します。

ルートアクセスの確認

これでルート化完了です。

Happy Shopping at GearBest.com, Enjoy Free Shipping Worldwide on all the Best Gears and Upscale Men's Clothing!

ルート化の確認

ルート化が成功しているかどうかをアプリを使って確認しましょう。Root Checkerというアプリを使ってみます。

Root Checker
Root Checker
Developer: joeykrim
Price: Free+

Root Checkerアプリを実行すると下記のような画面になるので「VERIFY ROOT」を選択します。

Root Checkerでチェック

次のようなメッセージが出るので「許可」を選択します。

ルートアクセスの警告

次のように表示されればルート化に成功しています。

ルート化の成功

残念ながらXiaomi Mi5sは販売終了しているようです。

後継機種はXiaomi Mi6となりますので、今から買う場合はXiaomi Mi6をお勧めします。

Xiaomi Mi6はGearBestではクーポン対象となりやすいのでクーポンページをチェックすることをおすすめします。

このページではGarBestのマーケティング担当者から紹介があったセール情報・クーポン情報のうち、私が面白いと思ったものを記載してみます。 情報が入ったら随時更新するようにしてきます。
2018/02/10での最安値はGeekBuyingの358.99ドル! 次点はBanggoodの359.99ドル!
2018/02/10での最安値はBanggoodの387.99ドル! 次点はGeekBuyingの395.99ドル!
2018/02/11での最安値はBanggoodの440.99ドル! 次点はGeekBuyingの459.99ドル!

まとめ

今回はLineageOSを導入したXiaomi Mi5sをルート化しました。

LineageOSの場合はアドオンを追加インストールすることで簡単にルート化することができます。このアドオンを使うとルート化がLineageOSの設定メニューからルート権限の制御ができるようになります。

次回はAndroid端末間の引っ越しをしてみたいと思います。

2017/07/02追記

次のXiaomi Mi5sネタは下記になります。

今回は非公式版のLineageOSをインストールしていたMi5sを公式版LineageOSに書き換えてみます。簡単にできると思ったのですが、ファームウェアの更新が必要だったり、Factory Resetが必要だったり結構面倒でした。今後はOTAで更新できることを期待したいところです。