中華タブレットTeclast Tbook 10 Sで遊ぶ その9: Android側のベンチマーク

前回は中華タブレットTeclast Tbook 10 SのAndroid側を初期設定してみました。

とりあえずこれで使えるようになはなったので、今回はベンチマークソフトを動かしてみたいと思います。

今回使用しているTeclast Tbook 10 Sは通販サイトのGearBestから提供していただきました。

GearBestではTeclast Tbook 10 Sは2019/03/02時点で175.99ドル(19711円)で販売していますので、購入にトライしようと思う方は下記サイトを参照してみてください。

今回は香港・中国の通販サイトであるGearBestの使い方について紹介します。 GearBestはAliExpressよりもサイトが使いやすく簡単な英語がわかれば注文することができます。中国ブランドのタブレットやスマホを安く入手したい場合は有力な選択肢となるでしょう。

Antutuベンチマーク

AntutuベンチマークはAndroidでは定番のベンチマークソフトです。3Dの性能を見るためAntutu 3DBenchもインストール済みです。

AnTuTu Benchmark
AnTuTu Benchmark
Developer: AnTuTu
Price: Free
Antutu 3DBench
Antutu 3DBench
Developer: AnTuTu
Price: Free

Antutuベンチマークソフトを実行した結果は下記の通りです。

Antutuの実行結果

これまで私が実行した結果を比較すると次の通りです。

Teclast
Tbook
10 S
Teclast
X16 Plus
Teclast
X98 Plus 2
Chuwi
Hi8 Pro
Xiaomi
Mi5s
Xiaomi
Redmi
Note 4
Xiaomi
Redmi
Note 3
Pro
CPUIntel Atom
x5-Z8350
Intel Atom
x5-Z8300
Intel Atom
x5-Z8300
Intel Atom
x5-Z8300
Qualcomm
Snapdragon
821
MediaTek
Helio X20
Qualcomm
Snapdragon
650
トータル597806173662299650641466508491776188
3D13787155061574717232593291625518398
UX21440221902095721781465533643626366
CPU19828187911973919882302412549424686
RAM47255249585661691052767326738

残念ながら私が持っているAndroidスマホ・タブレットで最低となってしまいました。

同じIntel Atom系のCPUを積んでいるタブレットに負けているのも残念です。メモリ周りが遅いようです。BIOSのチューニングができていないのでしょうか。

なお、Antutuベンチマークではシステム情報を表示することができますので紹介しておきます。スマホと違ってセンサーが全然入っていません。

Antutuによる情報 (基本)

Antutuによる情報 (ストレージ)

Antutuによる情報 (CPU)

Antutuによる情報 (ディスプレイ)

Antutuによる情報 (バッテリー)

Antutuによる情報 (OS)

Antutuによる情報 (機能)

Antutuによる情報 (ネットワーク)

Antutuによる情報 (センサー)

Vellamo Mobile Benchmark

古いベンチマークソフトですが、Vallemo Mobile Benchmarkでも測定してみました。

The app was not found in the store. 🙁

まずはブラウザのベンチマークです。このブラウザのベンチマークでは「WebView」を使うようにしています。

Vellamoの結果 (WebView)

続いてCPU性能のベンチマークです。

Vellamoの結果 (Metal)

最後にマルチコアに関するベンチマークです。

Vellamoの結果 (Multicore)

これもこの値だけ見てもわからないので私の手持ちと比較してみます。

Mi5sTeclast
Tbook
10 S
Teclast
X16 Plus
Teclast
X98 Plus 2
Xiaomi
Mi5s
Xiaomi
Redmi
Note 4
Xiaomi
Redmi
Note 3 Pro
CPUIntel Atom
x5-Z8350
Intel Atom
x5-Z8300
Intel Atom
x5-Z8300
Qualcomm
Snapdragon
821
MediaTek
Helio X20
Qualcomm
Snapdragon
650
WebView299230093012537552294289
Metal122213281261355426322538
Multicore147114941491321633622672

またしてもXiaomiのスマホにはかなわない結果となりました。

一方タブレット同士の比較ではほぼ一緒となりました。

GeekBenchmark 4

Vellamo Mobile Benchmarkはだいぶ古いようなので、GeekBench 4も実行してみました。

Geekbench 4
Geekbench 4
Developer: Primate Labs Inc.
Price: Free

結果は次のとおりです。

GeekBenchmarkの結果

もう少しこのスコアをブレークダウンした内容は次のとおりです。

GeekBenchmarkの結果 (Single-Core)

GeekBenchmarkの結果 (Multi-Core)

これだけだとわからないのでスマートフォンのスコアと比較してみます。

Teclast
Tbook
10 S
Xiaomi
Mi5s
Xiaomi
Redmi Note 4
Single-CoreTotal87516901544
Crypto3157361106
Integer97514711505
Floating Point64315831220
Memory114125842226
Multi-CoreTotal200742164669
Crypto107720144392
Integer237945805925
Floating Point207947084471
Memory129432132211

他のタブレットのスコアがないのはGeekBench 4で測定していないからです。

AntutuとVellamoと同様にスマホには全くかなわない結果となりました。およそ半分という感じです。

PC Mark

PC MarkはWindows用のベンチマークソフトとして有名ですが、Android版もでたようなので試してみました。

PCMark for Android Benchmark
PCMark for Android Benchmark
Developer: UL LLC
Price: Free

スコアは「3368」です。

PC Markの結果

ただ、このスコアが高いのか低いのかなんともいえません。

今後新しいブレットを入手したらPC Markでも測定してみようと思います。

2019/03/02時点での最安値はGeekBuyingの174.99ドル! 次点はAmazonの22,500円!

まとめ

今回は中華タブレットTeclast 10 SのAndroid側でベンチマークソフトを動かしてみました。

結果としてはあまり振るわず、Cherry Trail採用の他の中華タブレットより微妙に遅いという結果になりました。まだ発売されたばかりなのでBIOSやファームウェアの最適化が進んでないのかもしれません。

次回はAndroid側でのキーボードについて紹介したいと思います。