タイでプリペイドSIMを使う その44: DTACでLTEを使う

バンコク
2017/08/08 追記

2017年8月の情報に基づいてDTAC情報をアップデートしました。かなり詳細に記載しましたのでぜひご覧ください。!

今回は2017年8月時点でのDTACのプリペイドSIMカードの使用方法をまとめます。現時点で調べられた内容はすべて盛り込んだつもりです。このページをご覧頂けば、タイでDTACのプリペイドSIMカードを使って過ごせるはずです。

前回はタイのDTACのプリペイドSIMカードを事前予約して空港で受け取る方法を紹介しました。

今回はタイDTACのLTEについて紹介したいと思います。

これまでの経緯

私はDTACのプリペイドSIMカードを3年以上使っています。

そしてDTACがLTEを開始してしばらくしてLTEを使おうと思ったことがあります。

今回はタイDTACが開始したLTEサービスについて調べた情報を紹介します。まだサービスを開始したばかりで使えるエリアは狭いですが、日本と同じ2100MHzを使っているということで、日本人にも使いやすい可能性があり、期待が高まります。
今回はタイのDTACでLTE通信に挑戦した話を紹介します。いろいろ調べて準備万端であったにもかかわらずLTE通信に成功することはありませんでした。おそらく私のスマートフォンの問題であったと思います。スマートフォンを買い換えたらもう一度挑戦したいところです。

しかしこの時は、LTEに対応したSIMカードに交換してもらったものの、使用していたスマートフォン(AQUOS PHONE ZETA SH-02E)が海外LTEに対応していないため、結局DTACのLTEを使うことができませんでした。

リベンジ

今回はタイにSIMフリーのスマートフォンであるNexus5を持ち込みました。このスマホならLTEの接続に制限はないはずです。

利用するSIMカードは以前から使っているSIMカード(Happy SIM)と、事前予約して入手したHappy Tourist SIMになります。

Happy SIM

Happy SIMの場合、インタネットパッケージを追加する必要があります。

すでに主流のインターネットパッケージはLTEに対応しているのでどれでもよいのですが、今回は乗り継ぎでの2日間弱の滞在だったので「Happy Internet 400MB 59 baht Free Facebook」というパッケージを使ってみました。

Hot & Popular promotions for dtac prepaid customers

このパッケージを申し込むためのコマンド「*104*852*9#」を入力すると次のようなSMSが送られてきて申し込みが完了します。

データパッケージの申し込み完了

これでNexus5でLTEが利用できるようになります(もちろんAPNの設定はしてあるとします)。

Happy Tourist SIM

Happy Tourist SIMにはデータ通信が含まれており、最初からLTEに対応しています。

このためSIMカードをNexus5に差すだけでLTEが使えるようになります。

SIMのステータス

通信速度

LTEで接続したとなれば気になるのは通信速度です。何度か測定してみました。

通信速度 LTE 1回目

通信速度 LTE 2回目

通信速度 LTE 3回目

何度か測定したのですが、いずれもイマイチな感じです。LTEとしてイマイチというか、3Gに比べても遅い気がします。

試しに強制的に3Gにして測定してみると・・・

通信速度 3G

なんと3Gにすると下りが早くなりました。それも3倍以上。少々がっかりです。

DTACのLTEの実力はこんなものなのかと思っていたのですが、「設定」→「モバイルネットワーク」→「通信事業者」で検索すると「DTAC」のほかに「dtac TriNet」という通信事業者があるのに気付きました。そこで通信事業者として「dtac TriNet」を選択すると、この事業者でも問題なく通信できることがわかりました。

dtac TriNetを選択した状態

そこでdtac TriNetを選んだ状態で通信速度を測定してみると

通信速度 LTE 4回目

通信速度がずっと改善しました。これならばLTEとしてまずまずです。

DTACのLTEで通信速度がいまいちの場合は、設定メニューで接続する通信事業者をチェックしてみてください。

まとめ

今回はタイのDTACのプリペイドSIMカードでLTEを使ってみました。

デフォルトのままだと通信速度がいまいちなのですが、接続する通信事業者をdtac TriNetに変更すると通信速度を改善することができました。

次回はタイのTrueMoveのプリペイドSIMカードについて紹介したいと思います。

『タイでプリペイドSIMを使う その44: DTACでLTEを使う』へのコメント

  1. 名前:まーく 投稿日:2015/12/29(火) 21:06:44 ID:08d4aa91c 返信

    題名とは異なる情報になりますが、12/19にスワンナブーム空港に到着し、入国審査の為 Immigration Counterでパスポートを渡すと、Counter上にDTACのHappy Holiday SIM(Free/ Not For Sale/ 5THB call credit/20MB Internet 4G/3G)が置いてあるのを見掛け、すかさず入手しました。Activationは、SIMを入れればSMSで電話番号が送られてくるので、その後は友人と連絡を取ることができ便利でした。バンコクの街中で購入する50THBのSIMと同等で、かつ店頭でパスポートを見せてActivationする必要がないので、Immigration CounterでこのSIMを見かけたら、入手することをお薦めします。

    • 名前:scratchpad 投稿日:2016/01/07(木) 20:57:30 ID:7e9aa14b1 返信

      情報ありがとうございます!

      イミグレーションのカウンターに無料のSIMカードですか!
      なんと旅行者にやさしい国なのでしょうか・・・驚きです。

      イミグレーションのカウンターなら人目もあるので、ごっそりと持っていく輩も排除できてよいかもしれませんね。