フィリピンでプリペイドSIMを使う その1: 情報収集

香港空港

前回まではヨーロッパのプリペイドSIMカードを紹介していましたが、今回からはアジアに戻りフィリピンです。

その他の国については下記のまとめページを参照してください。

SIMフリーのスマートフォンで海外のプリペイドSIMカードを利用しています。世界各国でのプリペイドSIMカードの購入方法・設定方法・使い方などを紹介します。

フィリピンに渡航したのは実は1年前なのですが、あらためてフィリピンの携帯電話事情について紹介したいと思います。

ドコモのローミング情報

まず基本的な情報としてドコモのローミング情報を確認しておきます。

ここで紹介されている携帯電話会社は確実にドコモのスマートフォンで通信ができることになります。ドコモのフィリピンでのローミング情報は下記のページから入手することができます

フィリピンにおけるNTTドコモの携帯電話による通話やネット(国際ローミング)の対応結果を表示します。お使いの機種により対応エリア/サービス/料金が異なるため、渡航前にご確認ください。

2014年3月現在の状況は下記の通りです。

docomoのローミング情報

GLOBE, SMART, SUNの3社ならば3Gでのデータ通信は問題がないようです。

注目すべきはSMARTの3Gの850MHzです。この周波数はFOMAプラスエリアにあたり、いわゆるプラチナバンドです。通常の3G(2100MHz帯)より電波が届きやすいので、接続性が良いことが期待できます。

Wikipediaの情報

Wikipediaには各国の携帯電話会社の情報がまとまっています。

wikipediaの情報

・・・結構複雑です。資本的にはSmartとGlobeの2社しかないように見えますが、Smart傘下には”Smart”・”Talk ‘N Text”・ “Sun”の3社が、Globe傘下には”Globe”・”Touch”・”ABS-CBN”の3社が入っているようです。どうも同じ傘下にあっても携帯電話のネットワークとしては別物なので、利用者の立場としては別々の会社があると考えたほうがよさそうです。

Wikipediaによれば、全6社のうち、3Gが使えそうなのはSmart・Sun・Globe・Touchで、SmartとGlobeについてはLTEもスタートしています。

周波数帯を確認してみます。私の持っているAQUOS PHONE ZETA SH-02Eの対応周波数は

  • LTE: 2100(B1)/1500(B21)/800(B19) MHz
  • W-CDMA(UMTS/HSDPA): 2100(I)/850(V)/800(VI/XIX) MHz
  • GSM: 1900/1800/900/850 MHz

です。

Wikipedia情報と比較すると、

  • Smart: 3GもLTEもすべての周波数帯で利用可能
  • Sun: 3G利用可能
  • Globe: 3G利用可能。LTEは利用不可
  • Touch: 3G利用不可(2Gは利用可能)

となります。したがってSmartが一番期待でき、Touchは避けたほうが良いということになります。

インターネット上の情報

フィリピンは日本人渡航者も多いため、検索するといろいろでてくると思います。

その中でも参考になりそうなのは下記のWebページです。

フィリピンは、東南アジア諸国と同様にプリペイドSIMカードを購入しやすく、データ通信モデムをセットにしたパッケージも販売されている。なんと言っても「安価」。モデムセットは短期滞在者向けに使いやすい価格・利用期間のものが容易に入手可能だ。
各国のLTE普及は先進国から途上国にも広がりつつある。フィリピンでも2012年にLTEサービスが始まったが、2013年はようやくプリペイドでも利用できるようになった。使い勝手はどうかを早速チェックする。

まとめ

今回は事前に調査したフィリピンのプリペイドSIMカード事情について紹介しました。

Smartがドコモの利用周波数とぴったり一致しているのでドコモ端末を持っている人にはぴったりのような気がします。そのほかにもGlobeとSunで3G通信ができそうです。

次回はフィリピンで実際にプリペイドSIMカードを購入したお話です。