フィリピンでプリペイドSIMを使う その5: Smartの実際の使い勝手

マニラ

前回はフィリピンのSmartでインターネット通信をする方法を紹介しました。

今回はデータ通信速度など実際に使用する際に気になる点について紹介してみます。。

なお、私がフィリピンに訪問したのは2012年12月になります。やや古い情報になるかもしれませんのでご注意ください。また、私のAQUOS PHONE ZETA SH-02EはSIMロック解除済みです。

データ通信速度

まずはデータ通信速度について紹介したいと思います。データ通信速度の測定にはspeednet.netというソフトを使います。

今回はLTE対応のプリペイドSIMではないので3Gでの通信速度ということになります。

Speedtest.net
Speedtest.net
Developer: Ookla
Price: Free+

測定は2階行った結果が残っていました。2回ともマニラの中心部(パサイのバス停付近)で行いました。

まずは1回目。

データ通信速度測定 1回目

下りが1Mbpsを切っています。これは3Gでは遅いほうといえます。グラフを見ても上下していて安定した通信ができていないことがわかります。

続いて2回目。

Screenshot_2012-12-22-13-06-25

今回は下りは何とか1Mbpsを超えましたが、今度は上りがかなり遅くなっています。また通信速度のグラフもガタガタです。

この2回の測定結果だけで判断するのは速すぎますが、Smartのデータ通信速度には不安が残ります。

残高照会の方法

続いて残高照会の方法です。

私は短期滞在だったので特に残高照会は行いませんでしたので、ここではインターネットで調べた方法を紹介します。現地で確認ができていないのでもしかしたら間違っているかもしれません。

残高照会の方法には3つあるようです。

  • SMSを使う方法:
    214に「1515」という内容のSMSを送信する。すると残高が記載されたSMSが送られてくる。
  • SMART menuを使う方法:
    SMART menuの「Buddy Balance」を選択する。すると残高が記載されたSMSが送られてくる。
  • 音声案内?:
    1515に電話する

残高照会のためのSMS送信は無料なので、SMSが一番楽かもしれません。残高照会に成功すると次のようなSMSを受信することになると思います。

残高照会結果

リロード(リチャージ)の方法

リロード(リチャージ)の方法にはいくつかあるようなのですが、旅行者には前々回に紹介したような店員さんの携帯電話から残高を転送してもらう方法か、リロードカードを購入するのが良いでしょう。

リロードカードを購入すると、裏側にスクラッチがあるのでそれを削ると14桁の数値が出てきます。そこで次のいずれかの方法でリロードを実行します。

  • 1510に「RELOAD 12345678912345」というSMSを送信する(「123…」はスクラッチを削ってでてきた14桁の数値)
  • 151012345678912345に電話をかける(「123…」はスクラッチを削ってでてきた14桁の数値)

まとめ

今回はフィリピンのSmartのプリペイドSIMカードの実際の使い勝手について紹介しました。

データ通信速度の測定結果はちょっと期待はずれの結果となりました。ネット上でもSmartの3Gは遅いといううわさがあるのでこんなものかもしれません。高速な通信はLTEに期待するほうが良いかもしれません。

次回はSmartでLTEを使用する方法を調査します。