ナミビアでプリペイドSIMを使う その7: MTCの初期設定

サンセット

前回はナミビアのウィントフック国際空港でMTCのプリペイドSIMカードとTOP UPバウチャーを購入したことを紹介しました。

今回はこのプリペイドSIMカードを使えるようにしたいと思います。

購入したプリペイドSIMカードとTOP UPバウチャー

今回購入したプリペイドSIMカードを簡単に説明しておきます。

購入したのはMTCのTangoというプリペイドSIMカードで価格は7ナミビアドルでした。

MTCのSIMカード 表

MTCの記憶す端末で購入したTOP UPバウチャーは50ナミビアドルのものでした。

TOP UP用のバウチャー

PINロックの解除

MTCのプリペイドSIMカードをセットしてスマートフォンの電源を入れると、SIM PINロックの画面が表示されます。

PINロック画面

このPIN番号はSIMカードがついていた台紙に記入されているので、4桁の数値(下記の例では「6920」)を入力するとロックが解除されます。

PIN

PINロックは起動するごとに聞かれて面倒なので無効にしておきましょう。

スマートフォンによって微妙に異なりますが、「設定」メニューの「セキュリティ」などに「SIMカードをロック」というようなメニュー項目があるので無効化しておきましょう。

SIMカードロックの設定

日本を含む世界111ヶ国対応のクラウドWiFiルーター グローカルネット

アクティベーション

MTCのプリペイドSIMカードを使うためにはアクティベーション操作をしなければいけません。

MTCの場合はアクティベーション操作は「どこかに電話する」ことなのですが、問題はどこに電話するかです。

私が試したところ残高確認用の番号である「*131#」に発信するとアクティベートすることができました。

残高照会

これで残高が画面表示されます。初期残高は5ナミビアドルでした。

残高照会結果

そして、これでアクティベート完了ということで次のようなSMSが送られてきます。

アクティベーション完了

TOP UP

TOP UPはバウチャーに書かれている数値を「132」にSMSを送ります。バウチャーでは数値の間に「#」が挟まっていますが「#」は除いていください。

上記のバウチャーの場合は「3532383646625607」を送ります。

TOP UPのためのSMS

TOP UPに成功するとSMSが送られてきます。

TOP UP完了

50ナミビアドルのバウチャーでTOP UP下のですが、実際には15%の税金分が引かれて残高の増加は43.48ナミビアドルになります。

まとめ

今回はナミビアで購入したMTCのプリペイドSIMカードの初期設定を行いました。

TN Mobileは店員さんがすべてやってくれますが、MTCの場合は初期設定は自分でやる必要があります。しかし、手順は簡単なので問題ないと思います。

次回はナミビアMTCのインターネットパッケージを紹介します。

『ナミビアでプリペイドSIMを使う その7: MTCの初期設定』へのコメント

  1. 名前:SIMONE 投稿日:2017/07/14(金) 15:40:40 ID:805d652a2 返信

    初めまして。
    秋にナミビアに行くのですが、その際MTCのプリペイドSIMを購入しようと考えています。
    そこで少々お聞きしたいのですが、MTC TravellerというのはSIMと19ドル分付きのパッケージ、のようなものですか・・・?最初に「MTC Traveller」と指定して購入するのでしょうか。
    私はデータ通信は行わず、現地内の通話のみに使う予定です。TangoというのがSIM本体で、あとはチャージして使えばいいんだろうな、とは思っているのですが、MTC TravellerがSIM+19ドル分付きのパッケージのようなものなら、まずはそれを買った方がSIM本体だけを買うよりお得かな?と思いまして・・・。
    それと、キオスク端末で50ドル分のAirtimeを購入した、とありますが、この「Airtime」というのは何のことでしょうか・・・?通話やSMSに使えるチャージの種類ですか?
    突然いろいろ質問してすみません。いろいろ調べてはみたのですが、皆さんデータ通信が主で、私のように通話のみを安く使いたい!というような情報が見当たらず・・・。
    よろしければ教えてください!よろしくお願いします。

    • 名前:scratchpad 投稿日:2017/07/15(土) 03:44:33 ID:306c8d461 返信

      コメントありがとうございます。

      私が空港で購入したときには、特にプリペイドSIMカードの指定はしなかったと思います。
      プリペイドSIMはあるか?と聞くと、有無を言わさず値段を告げられて支払うだけでした。

      そのときに、MTC Travellerを要求すれば売ってくれたかもかもしれませんが、在庫を持っていない可能性がある点には注意してください。
      希望しているSIMカードが買えないことはよくあることです。

      Airtimeというのはチャージ金額のことです。通話・SMS・インターネットパッケージの購入なのどに使用できます。

      利用期間によりますが、通話とセットになっているAwehというパッケージがあるので、それを使うのがよいかもしれません。
      https://scratchpad.jp/prepaid-sim-in-namibia-8/

      また、都市部に滞在するだけならばTN Mobileの利用も考慮に入れてもよいと思います。
      こちらは空港の店員さんは丁寧でいろいろ相談に乗ってくれました。
      私が訪問したときの店員さんがたまたま親切だったのかもしれませんが。

  2. 名前:SIMONE 投稿日:2017/07/15(土) 15:36:54 ID:620a2aa7b 返信

    回答ありがとうございます!
    空港到着時、まずはMTC Travellerがあるか確認し、無ければ通常のSIM(Tango?)を買い、チャージして使う方向でいきたいと思います。

    それにしても、いろんな国の情報がありますね・・・!とても参考になります。
    scratchpadさんの情報、今後も期待しています!
    またどこかの国のSIMの件でお尋ねすることもあるかと思います。その際はよろしくお願い致します。