ナミビアでプリペイドSIMを使う その5: TN Mobileの使い勝手

ナミブ砂漠

前回はナミビアTM MobileのプリペイドSIMカードのインターネットパッケージ紹介をしました。

今回は実際にナミビアでTN MobileのSIMカードを使った感想を紹介したいと思います。

データ通信速度

ウィントフックで測定した結果が下記になります。データ接続は3G(HSPAP)です。

ウィントフックでの測定

ちょっといまいちです。特にアップロードは壊滅的です。

次に出国前にウィントフック国際空港で3回測定したので結果をまとめて紹介します。

ウィントフック国際空港での測定 1回目

ウィントフック国際空港での測定 2回目

ウィントフック国際空港での測定 3回目

ほぼ同じ傾向となりました。のぼりが遅いのは変わらずです。

とはいえ、クラウドに写真のアップロード等はできましたのでアップロードが全くできないというわけではありません。

もうしかしたら何か規制がかかっているのかもしれえません。

いずれにしても、TN Mobileは遅い部類に入ると思います。

サービスエリア

気になるのはサービスエリアです。

実際に使ってみたところ「かなり厳しい」というのが私の感想です。

ウィントフックしないなら問題ありません。ウィントフック市街でもショッピングセンターがあるような街の場合はつながります。

しかしそれ以外は壊滅的です。幹線道路でもダメです。

市街地以外でつながったのは、ナミブ砂漠の入り口のセスリムキャンプぐらいです。

TN Mobileがつながっていないところでも、MTCのプリペイドSIMカードを使っていたガイドはつながっていたことが何度もあったので、MTCとTN Mobileにはかなり差があるように感じました。

テザリング

現地でテザリングを試してみたところ問題なく通信することができました。

特に制限がかかっているようなことはないようです。

安いホテルはWi-Fiが利用できない場合もあるので、テザリングができるというのは便利です。

まとめ

今回はナミビアTN Mobileの実際の使い勝手を紹介しました。

私が試した限り、TN Mobileはサービスエリアも狭く、通信速度もいまいちです。実際に使ってみた感想としては「お勧めできない」というのが正直なところです。

次回はナミビアでMTCのプリペイドSIMカードを購入したことを紹介します。