海外通販を比較する: 中華スマホ編

スマートフォン

前回までは海外通販サイトとして、AliExpress・GearBest・PandaWill・GeekBuying・EverBuyingを紹介してきました。

ここで気になるのが同じ製品の値段はどう違うのかということです。

そこで今回はハイエンド・ミドルクラス・ローエンドのスマホを適当にピックアップして、それぞれの通販サイトで値段を調査・比較したいと思います。

いずれのサイトも送料無料のオプション(ただし時間がかかる可能性あり)を用意しています。

AliExpressについては複数の販売業者の集合体のため、検索して表示された業者を安い順に並べ、そこそこの評価がついている販売業者を選択しています。

ここで取り上げた業者とトラブルが発生しても責任は負いかねますのでご了承ください。

ハイエンド編: Xiaomi Mi5 64GB

まずは中華スマホのハイエンド編です。

今回は中国のApple呼び名もあるシャオミ(Xiaomi)から最新のMi5をピックアップしました。

Xiaomiは性能が高いスマホを競争力の高い値段で販売することで急成長してきたスマホメーカです。聞いたことのある方も多いかもしれません。

Mi5は2016年2月に発売された最新のフラグシップ機です。

Xiaomi Mi5のスペック

Mi5にはいくつかのバージョンがありますが、今回はストレージ64GBモデルを取り上げます。

項目Xiaomi Mi5の仕様
CPUSnapdragon 820 (64bit Quad)
RAM3GB
ROM64GB
ディスプレイ5.15インチ 1920×1080
ネットワーク(3G)WCDMA 850/900/1900/2100
ネットワーク(4G)FDD-LTE 1800(3)/2100(1)/2600(7)

その他、詳細なスペックはGSM Areanaを参照してください。

Xiaomi Mi5の価格比較

いよいよ価格比較です。

色は迷ったのですが、白が各所で在庫があり値段の比較がしやすいため白とします。

データを収集したのは2016/04/12です。各社セールを行うために頻繁に価格が変わるのでご注意ください。

順位サイト価格備考
1GeekBuying$455.9932GB版は4/17までの期間限定で$374.99
2PandaWill (売り切れ)$465.99
3GearBest$469.76
4AliExpress$487.4932GB版は$372.19でセール中
5EverBuying$539.53
Amazon取扱なし

1位のGeekBuyingと5位のEverBuyingで80ドル以上の差が付きました。

ちょうどGeekBuyingはXiaomi製品をセールしているので、その影響でアグレッシブな価格付けをしているのかもしれません。

Mi5のように定価が高く旬のスマホはセールのときの割引率も高くなるので、狙っている場合は各サイトに会員登録してメールニュースをチェックしましょう。

ミドルクラス編 その1: Xiaomi Mi4c 32GB

次はミドルクラスです。ミドルクラスもXiaomiからピックアップしました。

Mi4cは2015年9月に発売されたモデルでまだまだ現役のモデルです。

Xiaomi Mi4cのスペック

Mi4cにはストレージが16GBのモデルと32GBのモデルがありますが、今回は32GBのモデル(Mi4c Prime)を取り上げます。

項目Xiaomi Mi4C Primeの仕様
CPUSnapdragon 808 64bit Hexa Core 1.44GHz
RAM3GB
ROM32GB
ディスプレイ5.0インチ 1920×1080
ネットワーク(3G)WCDMA 850/900/1900/2100
ネットワーク(4G)FDD-LTE 1800(3)/2100(1)/2600(7)

その他、詳細なスペックはGSM Areanaを参照してください。

Xiaomi Mi4cの価格比較

それでは価格比較です。

Mi4cはいろいろな色があるのですが、今回は無難な黒(メタルグレイ)で比較します。

データを収集したのは2016/04/12です。各社セールを行うために頻繁に価格が変わるのでご注意ください。

順位サイト価格備考
1AliExpress$214.99
2GeekBuying$239.99
2PandaWill (売り切れ)$239.99
4GearBest$253.53
5EverBuying$265.26
6Amazon42,000円

比較してみるとAliExpressの安さが突出しています。PayPalが使えないなど不安要素もありますが、値段重視ならばAliExpressに挑戦してもよさそうです。

ミドルクラス編 その2: OnePlus X 3GB

ミドルクラスは一番需要がありそうなので、もう1台ピックアップしてみます。

ミドルクラスの2台目はOnePlusのスマートフォンOnePlus Xです。 OnePlusは招待制のマーケティングで購入が大変だったようですが、最近は様々なチャネルで入手できるようになったようです。

OnePlusにはOnePlus One・OnePlus 2というフラグシップモデルがありますが、OnePlus Xはその廉価版という位置づけになります。

OnePlus Xのスペック

OnePlus Xのスペックは次の通りです。メモリ2GBモデルがあるようですが、今回は

項目OnePlus Xの仕様
CPUSnapdragon 801 Quad Core 2.3GHz
RAM3GB
ROM16GB
ディスプレイ5.0インチ 1920×1080
ネットワーク(3G)WCDMA 850/900/1900/2100
ネットワーク(4G)FDD-LTE 1800(3)/2100(1)/2600(7)

その他、詳細なスペックはGSM Areanaを参照してください。

OnePlus Xの価格比較

今回は黒(Onyx)で比較してみます。ちなみに直販では249ドルとなっています。

データを収集したのは2016/04/12です。各社セールを行うために頻繁に価格が変わるのでご注意ください。

順位サイト価格備考
1AliExpress$279.98白色の場合は$249.02
2GearBest$296.85白色の場合は$268.51
3GeekBuying$299.99白色の場合は$263.99
4EverBuying (売り切れ)$337.49
PandaWill在庫なし
Amazon取扱なし白色の場合は29,990円

AliExpressは取扱業者が多くどの業者を選ぶか迷いましたが適当に安い方から選択しました。

PayPalで支払える業者の方が安心ならばGearBestかGeekBuyingが一歩抜け出しています。

白だと価格が安くなりますが、日本のAmazonでも29,990円(1ドル110円とすれば273ドル)で入手でき、わざわざ個人輸入する必要はないかもしれません。

ローエンド編: Infocus M560

中華スマホなら安いものを手に入れたいということで、狙いたくなるのはローエンドかもしれません。

今回はローエンドのスマホとしてInfocus M560というモデルをピックアップしました。

Infocus M560をピックアップした理由はGearBestでよく宣伝を見るということもありますが、値段の割にはスペックがそこそこ良いからです。

Infocus M560のスペック

Infocus M560のスペックは次の通りです。3Gで2100MHzに対応していないのでちょっと注意が必要です(スペックの誤記かもしれません)。

項目Infocus M560の仕様
CPUMTK6753 64bit Octa Core 1.3GHz
RAM2GB
ROM16GB
ディスプレイ5.2インチ 1920×1080
ネットワーク(3G)WCDMA 850/900/1900
ネットワーク(4G)FDD-LTE 900(?)/1800(3)/2100(1)/2600(7)

Infocus M560は公式情報がまだなく、ググったところ詳細な情報はKimovilというサイトに乗っていたのでそちらを参照してください。

Here you will find where to buy the InFocus M560 as low as

http://www.kimovil.com/en/where-to-buy-infocus-m560

.00, the cheapest price from over 140 stores constantly traced in kimovil.com

Infocus M560の価格比較

おそらく色は何種類かあると思いますが、どのサイトを見てもゴールドしか在庫がないのでゴールドで比較してみます。

データを収集したのは2016/04/12です。各社セールを行うために頻繁に価格が変わるのでご注意ください。

順位サイト価格備考
1AliExpress$108.99
1GeekBuying$108.99
3GearBest$109.99
3EverBuying (売り切れ)$109.99
PandaWill取扱なし
Amazon取扱なし

AliExpressは取扱業者が多くため適当に安い方から選択しました。

今回は接戦となりました。GearBestとEverBuyingはポイント付与があるのでそれをどう考えるかによって変わってきそうです。

まあ、1ドル程度の差なので慣れているサイトを使うのがよいでしょう。

KOSPET Prime

まとめ

今回は中国系の通販サイトで中華スマホの値段を調べてみました。

値段の高いスマホほど差が出る感じですが、どこの通販サイトが安いとは一概には言えない結果となりました。各サイトとも不定期にセールもあるので、狙ったスマホがある場合はこまめに各サイトをチェックするのがよさそうです。

次回は中華タブレットの価格比較をしてみます。

 

海外通販サイトで販売されている無線機器は日本国内の技術基準適合証明を取得していない可能性があります。

そのような機器を日本国内で使用すると、電波法違反に問われる場合もあります。

本ブログは技術標準適合証明を未取得の機器の利用を推奨しているわけではありません。