ChuwiがCESで2018年の製品情報を公開

今回は現在開催中のCESで公開されたというChuwinの新製品情報を紹介します。

CESとは

CESとはアメリカ・ラスベガスで毎年1月に開催される世界最大の家電ショーです。

最近は家電だけでなく自動車なども大きく扱われていますが、やはり家電が主役です。

家電各社・IT各社はこの展示会で、自社の技術をアピールしたり、製品のロードマップを発表したりします。

今年一年のトレンドを占うイベントと言えるかもしれません。

そのCESに中華タブレットでおなじみのChuwiも展示したようで、いくつか新しい情報が入ってきましたので、それを紹介したいと思います。

Chuwi CoreBookの最新情報

ChuwiがIndiegogoで出資(というか先行予約)を受け付けている2-in-1タブレットです。

Crowdfund innovations in tech and design before they go mainstream, and buy hundreds of unique products shipping now from Indiegogo's Marketplace.

この製品についてはこのブログでも何回か紹介してきました。

今回は中華タブレットメーカーのChuwiが開発している13.3インチの2-in-1タブレットであるCoreBookを紹介します。中華タブレットとしては珍しくCPUにCore m3を搭載するという意欲作です。一般発売は来年4月に予定しているようなので、楽しみにしておきましょう。
今回はクラウドファンディングサイトIndiegogoで出資を募っているChuwi Corebookの出資金額が特別に割引になっていることを紹介しす。従来の金額より10%以上安くなっていてかなりお買い得であることがわかります。Indiegogoはちょっと敷居が高いかもしれませんが、興味がある方は趣旨してみること良いでしょう。
今回はChuwiの新2-in-1タブレットであるCoreBookの最新情報を紹介します。いまIndiegogoで出資(先行予約)を決めると、RAMが無料で6GBから8GBに増量される可能性が高そうです。ちょっとIndiegogoは敷居がたかいですが2-in-1を探している方はチャレンジしてみても良いかもしれません。
今回はChuwiの新2-in-1タブレットであるCoreBookの最新情報を紹介しす。CoreBookの出資金額が200,000ドルを超えるとストレージがeMMCからSSDにアップグレードされるというニュースです。製品化に向けてスペックが変わっていくところがクラウドファンディングの面白いところです。

前回は「出資金額の合計が200,000ドルを超えたらストレージをeMMCからSSDにアップグレードする」という話題でした。

そして、無事にこの目標は達成し、128GBのeMMCはSSDにアップグレードすることに決定したとのことです。

私がチェックしたときには「16日で約72,000ドルの出資(=278台の予約)が必要」という状況で厳しいかなと思ったのですが、問題なかったようです。

IndiegogoによるChuwi CoreBookの出資(というか先行予約)は残り4日となっています。金額は459ドルです。

CoreBookの出資情報

これを過ぎると20~50ドルほど値上げが見込まれるということで、購入意思がある方はそろそろ動き出した方が良さそうです。

CoreBookのスペックについては下記の図が良くまとまっているので参考にしてください。

CoreBookの概要

ゲーミングタブレットChuwi Hi9

Chuwi Hi9もこれまで何度か紹介してきた製品です。

今回はChuwiの開発中の新タブレットChuwi Hi8の情報を紹介します。リーク情報によると8.4インチなが高精細なディスプレイを積んだコンパクトなタブレットなりそうです。「ゲーミングタブレット」というのはあまり聞かないコンセプトですので、どんな仕上がりになるか楽しみなところです。

公式ページもできました。

Chuwi creates beautifully designed tablets with premium quality and performance price; brings the best technology to users around the world.

1ヶ月前は「まもなく登場」という状態でしたが、ついにGearBest・Banggood・AliExpressで先行予約を開始しました。

このタブレットは8.4インチというコンパクトなサイズながら2560×1600という高解像度が特徴です。

CPUはMediaTek 8173、RAM 4GB、ROM 64GBさらに128GBまでのmicroSDカードに対応と魅力的なスペックとなっています。

このスペックからChuwiではHi9を「ゲーミングタブレット」として訴求していきたいようです。

Chuwi Hi9

新タブレット Chuwi Hi9 Air!?

これまで発表されていない製品の情報としてChuwi Hi9 Airという製品のリークがあったようです。

Airという名前からわかるようにかなり薄型の製品となるようです。

ディスプレイは10.8インチになるようで製品名で受ける印象より大型となりそうです。

現時点でわかっている情報は次の通りです。

CPU MediaTek 8176
ディスプレイ 10.8インチ 1920×1280
3:2 IPSディスプレイ
RAM 4GB
ROM 64GB
microSD 最大128GB
OS Android 8.0
センサー 指紋
カメラ リアカメラ 8MP
フロントカメラ 5MP

ミニPC Gbox Pro

これまでのChuwiにない製品としてリークされたのがGbox Proと名付けられたミニPCです。

Gbox Pro

スペックでかっていることは、システムとして「第8世代 Intel Core-i5プロセッサにHBM2を採用したGPUを搭載」ということだけです。

このシステムは同じくCESで発表されたAMDのGPU(Vega)を統合した新CPUのことかもしれません。

 米Intelは7日(現地時間)、「KBL-G」(Kaby Lake-G)の開発コードネームで開発を続けてきた、AMD GPUをパッケージ上で統合したCPUを「8th Gen Core Processors with RADEON RX Vega M Graphics」(以下、KBL-G)として、第8世代Coreプロセ...

Intelの内蔵GPUよりかなり性能は高くなるとのことなので、これは楽しみな製品です。

新ノート2-in-1タブレット SurBook Pro

最後にリークは2-in-1タブレットSurBookの後継(上位?)となるSurBookProです。

SurBook Pro?

この2-in-1タブレットはCPUとしてApollo Lakeの後継であるGemini Lakeを搭載することになりそうです。

現時点でわかっているスペックは次の通りです。

CPU Gemini Lake
ディスプレイ 12インチ 2160×1440
3:2 IPS
RAM 4GB
ROM 64GB
microSD 最大256GB
カメラ リアカメラ 5MP
フロントカメラ 2MP

こちらはまだスペックの変更もあるかもしれません。

まとめ

今回はCES 2018で公開されたChuwiの新製品情報を紹介しました。

Chuwiは2018年も精力的に製品を展開していくようです。ミニPCもラインナップに加え、総合PCメーカーへ進化しつつあるのかもしれません。