Chuwiの新タブレットHi9がまもなくデビュー!

今回は以前紹介したChuwi Hi9という新タブレットの最新状況を紹介したいと思います。

9月にベルリンで開催されていたIFAに登場したHi9というタブレットを以前紹介しましたが、今回はその続報です。

今回は中華タブレットメーカーのChuwiがベルリンのIFAで新ノートPCであるLapBook Airを発表したことを紹介します。明らかになったスペックを見るとApollo Lake N3450にRAM 8GBと実用性の高そうなところをついてきました。あとは価格がいくらになるかが気になるところです。9月末には明らかになるので楽しみにしておきましょう。

Chuwi Hi9のスペック

現時点で判明しているChuwi Hi9のスペックは次の通りです。

CPU MediaTek MTK8176
64bit クアッドコア、最大1.9GHz
PowerVR GX6250 GPU
RAM 4GB RAM (LPDDR3)
ストレージ 64GB ROM (eMMC 5.1)
ディスプレイ 8.4インチ 2560×1600
ジャパンディスプレイ製
OGS (ガラス一体型タッチパネル)
2.5Dディスプレイ
OS Android 7.0
バッテリー 5000mAh
I/Fなど microSD×1, microUSB×1, 3.5mmヘッドホン×1

赤字の部分が今回判明したスペックとなります。

2.5Dディスプレイというのは中華スマホでよくあるエッジがカーブしているディスプレイです。別に立体に見えるわけではないですが、ベゼルが細く見える効果があります。

またOGSというのがディスプレイのガラスとタッチパネルが完全に一体化↓ディスプレイです。安いタッチパネルディスプレイだと画面が奥の方にあるように見えることがありますが、OGSではそのようなことはありません。

Chuwi Hi9の外観

実際に今回リークした画像を見るとタブレットとしてはかなりの狭額ディスプレイであることがわかります。2.5Dインチディスプレイの効果もあってベゼルが細く見えているのかもしれません。

Chuwi Hi9の最新画像

9月のプロトタイプの時の写真が下記です。

Chuwi Hi9のプロトタイプ(2017/9時点)

ディスプレイを含む筐体の様子がかなり変わっているのがわかります。

完全に金型を作り直してますね・・・開発の方も大変です。

ベゼルが薄くなったということは本体サイズも小さくなったということです。

今回はサイズや重さのリークはなかったですが、どれくらいのサイズになっているか楽しみなところです。

Chuwi Hi9の今後

ChuwiはHi9を「ゲーミングタブレット」として売り出して行く模様です。

ゲーミングタブレットということで、ベゼルを細くして没入感を開けようとしているのかもしれません。

正式リリース時期は年末となりそうです。気になる値段は未定とのこと。

近いスペックのMi Pad 3が200ドル台でしたので、Chuwiには200ドルを切って欲しいところです。

まとめ

今回はChuwiの開発中の新タブレットChuwi Hi8の情報を紹介しました。

リーク情報によると8.4インチなが高精細なディスプレイを積んだコンパクトなタブレットなりそうです。「ゲーミングタブレット」というのはあまり聞かないコンセプトですので、どんな仕上がりになるか楽しみなところです。