中華Pad(TECLAST P81HD)を試す その12 ICSの初期状態

ようやくアップグレードできてAndroid 4.0(ICS)に更新できました。

今回はICSの初期状態がどうなっているかを確認してみます。購入直後の状態は「中華Pad(TECLAST P81HD)を試す その1 初期状態調査」で確認していますので、興味がある方はそちらと比較をしてみてください。

なお、調べるにあたっては言語を日本語に変更しています。その他は変更していません。

アプリケーションの状況

「設定」→「アプリ(すべて)」でインストールされているアプリケーションを見てみます。

  • Androidキーボード (*)
  • Androidシステム (*)
  • ApkInstaller (*)
  • Blutooth共有
  • Books
  • BooksProvider (*)
  • Bubbles
  • com.android.backupconfirm
  • com.android.provision (*)
  • com.android.sharedstoragebackup
  • com.android.smspush
  • Document Viewer
  • DRM保護されたコンテンツの保存 (*)
  • E-Book
  • Exchangeサービス
  • Explore (*)
  • Gmail (*)
  • Google One Time Init
  • Google TTS Engine
  • Googleアカウントマネージャー
  • Googleサービスフレームワーク (*)
  • Googleの連絡先の同期
  • Googleパートナーのセットアップ
  • Googleブックマーク同期
  • HTMLビューワ (*)
  • Key Chain
  • Live Wallpaper Picker (*)
  • MusicFX
  • News & Weather
  • OpenWnn
  • Phase Beam
  • Pico TTS (*)
  • RKUpdateService
  • SIM Toolkit
  • Speech Reader
  • TalkBack
  • User Dictionary (*)
  • Video (*)
  • Voice Search
  • VpnDialogs
  • アドレス帳 (*)
  • カメラ (*)
  • カレンダー (*)
  • カレンダーの保存 (*)
  • ギャラリー (*)
  • システムUI
  • ストリートビュー
  • ストレージの設定 (*)
  • ダウンロード (*)
  • ダウンロードマネージャー (*)
  • タグ
  • トーク
  • パッケージアクセス支援ツール (*)
  • パッケージインストーラ (*)
  • ブラウザ
  • マーケット (*)
  • マーケットフィードバックエージェント
  • マーケット更新ツール
  • マイアップロード
  • マップ (*)
  • メール
  • メディアストレージ (*)
  • モバイルデータ
  • モバイルネットワークの設定
  • ランチャー
  • 音楽 (*)
  • 音声レコーダ (*)
  • 検索 (*)
  • 検索アプリプロバイダ (*)
  • 時計 (*)
  • 証明書インストーラ (*)
  • 設定 (*)
  • 谷歌拼音输入法
  • 電卓
  • 利用ネットワーク
  • 連絡先

入力にすっごい疲れました。(*)は購入直後のファームウェアでも存在していたアプリケーションです。

購入直後に比べて、ESファイルエクスプローラーのようなサードパーティのアプリがなくなった一方、システム関係のアプリがかなり増えています。日本語入力のOpenWnnもはじめから入っています。

TECLAST P81HDにはBluetoothやNFCなどの機能はないにもかかわらず、Bluetooth関係・NFC関係のアプリが入っているのが気になります。

やはりTECLAST P81HD用にカスタマイズされたファームウェアなのではなく、オリジナルのAndroid 4.0(ICS)のファームウェアをほぼそのまま流用したものなのでしょう。

なお、内部ストレージの状況は「77MB使用中/427MB空き」となっています。これは購入直後の状態とほぼ同じです。

RAMの状況

同様に「設定」→「アプリ」で実行中のアプリケーションを見てみます。

  • 設定
  • Googleサービス
  • RKUpdateSerivice
  • Androidキーボード

この時点でのRAMの状況は「184MB使用中/88MB空き」となっています。購入直後の状態では「73MB使用中/159MB空」だったので

  • ICSはかなりメモリを食う(使用中のメモリが110MB増えた)
  • 使えるメモリが増える(232MB→272MBに拡大。40MBが増えた?)

ということがわかります。

空きメモリが減っているのが痛いです。Android 4.0(ICS)の推奨メモリサイズは790MB以上といううわさもあるので、メモリサイズ512MBのTECLAST P81HDでは厳しいかもしれません。

内蔵ストレージ

「設定」→「ストレージ」で表示される「INTERNAL STORAGE」を確認すると、「合計容量 6.21GB/アプリ 46.77MB/空き容量 6.21GB」と表示されました。

「アプリ 46.77MB」というのが良くわかりませんが、内蔵ストレージは今のところほとんど使われていないようです。

端末情報 (再掲)

これは前回記載したものと同じです。

購入直後のFW 今回更新したAndroid 4.0 FW
モデル番号 P81HD Full AOSP on Rk29sdk
Androidバージョン 2.3.1 4.0.1
カーネルバージョン 2.6.32.27
root@sc-server-desktop #146
3.0.8+
yick@yick-desktop #158
ビルド番号 rk29_gingerbread_v2.00.00 V1.00_20111129 rk29sdk-eng 4.0.1 ITL41D
eng.root.20111226.123354 test key

まとめ

やはりAndroid 2.3からAndroid 4.0に進化したのでだいぶ中身が変わっています。

心配なのはメモリサイズ。明らかに余裕がありません。それに操作感もだいぶモッサリしています。

次回はAndroid 4.0化したTECLAST P81HDをセットアップしたいと思います。