中華タブレットChuwi Vi10 Plusで遊ぶ その2: 初期設定と初期状態

Chuwi Vi10 Plus

前回は中華タブレットChuwi Vi10 Plusを入手したことを紹介しました。

今回はこのタブレットに電源を投入して初期状態を確認したいと思います。

今回使用しているChuwi Vi10 Plusは通販サイトのGearBestから提供していただきました。

GearBestではChuwi Vi10 Plusは2017/03/19時点で18260円で販売していますので、購入にトライしようと思う方は下記サイトを参照してみてください。

今回は香港・中国の通販サイトであるGearBestの使い方について紹介します。 GearBestはAliExpressよりもサイトが使いやすく簡単な英語がわかれば注文することができます。中国ブランドのタブレットやスマホを安く入手したい場合は有力な選択肢となるでしょう。

電源ON!

電源ボタンを押してChuwi Vi10 Plusを起動すると最初にChuwiのロゴが表示されます。

デジカメで撮った上にちょっと加工しているので不自然な気がしますが、こんな感じです。

Chuwinのロゴ

つづいて表示されるのはRemix OSのロゴです。これは新鮮です。

Remix OSのロゴ

これが終わるとRemix OSの初期設定画面が表示されます。

Remix OSの初期設定

Remix OSの初期設定の最初の画面は言語選択です。

言語の選択

言語リストをスクロールすると「日本語」がありますので、これを選択すると画面が日本語に切り替わります。日本語に切り替わったら「続ける」を選択します。

日本語を選択

次に利用規約が表示されます。一応目を通して「続ける」を選択します。

利用規約の確認

次はWi-Fiの設定です。接続したいアクセスポイントを選択します。

Wi-Fiのセットアップ

キーボードが出るのでパスワードを入力して「接続」を選択します。

Wi-Fiパスワードの入力

Wi-Fiの接続ができれば初期設定の終了です。

セットアップの完了

Androidの初期設定と違ってGoogleアカウントの設定はありませんでした

Android Smart Phones! Experience the Next Level!

Remix OSのアップデート

初期設定をしてしばらく放置しておいたところ通知エリアにRemix OSのアップデートがあるとの表示がありました。

Remix OSのアップデートの通知

通知をタップしてみると次のように最新版(B2016080801)が使用できることになっています。せっかくですので「再起動してインストール」を選択してアップデートしてみることにします。

システムアップデートの実行

アップデートを選択すると、Chuwi Vi10 Plusは再起動してOSの更新が始まります。OSの更新画面はAndroidキャラクターのドロイド君のアニメーションが表示されます(写真を撮り忘れました)。この辺はRemix OSがAndroidベースのOSだと感じさせます。

OSの更新が終わると再び再起動して、更新されたRemix OSが立ち上がります。

Magnetic Docking Foldable PU Leather

Chuwi Vi10の初期状態

Remix OSの更新後の状態で、Chuwi Vi10の初期状態を確認してみます。

プリインストールアプリ

Remix OSは左下のアイコンをタップするとインストールされているアプリの一覧が表示されます。この辺はWindowsに似ています。

初期設定後のアプリ一覧は次の通りです。

プリインストールアプリ

Chrome・Google Play・YouTubeなどのおなじみのアプリのほかに「Remix AppCloud」「Remix Central」「WPS Office」といった見慣れないソフトもプリペイドSIMカードインストーされていることが分かります。

また設定メニュー(設定アプリ)が、通常のAndroidの歯車アイコンとは異なり六角形(ナット?)アイコンになっているので見落とさないように注意が必要です。

設定メニュー

設定アイコンをタップすると次のような設定メニューが現れます。

設定メニュー

この中からいくつか内容を紹介したいと思います。

タブレット情報

まずは右下の「タブレット情報」メニューです。このメニューではOSのバージョンなどが表示されます。

タブレット情報

Remix OSのバージョンは2.0で、ベースとなるAndroidのバージョンは5.1.1となっています。

シリアル番号は「0123456789ABCDEF」となっています。このへんは中華タブレットのクオリティです。

ちなみにAndroidバージョンのところを連続タップするとlollipopのロゴが表示されます。これはAndroidと同じです。

lollipopのロゴ

セキュリティ

設定メニューで「セキュリティ」を選ぶと現在のセキュリティ設定が表示されます。

ここを見てみると「ユーザーエクスペリエンスプログラム」がオンになっており、使用状況を開発元(JIDE)に送る設定になっています。気になる方はここはオフにしておくとよいでしょう。

セキュリティ

アカウント

設定メニューで「アカウント」を選択すると現在設定されているアカウントが表示されます。

Remix OSは初期設定時にGoogleアカウントの設定がありませんので、デフォルトではアカウントは設定されていません。

アカウント

ストレージの状態

Androidと異なりRemix OSの設定メニューにはストレージの状態を調べる項目があります。

設定メニューの「アプリケーション」を選択すると内蔵ストレージの状態が表示されることがわかりました。

初期状態では内蔵ストレージは25GBを使えて、使用しているのは1GB以下でした。これはかなり余裕があると考えてよいと思います。

内蔵ストレージの状態

2017/03/19時点での最安値はGearBestの18260円!
2017/03/19時点での最安値はGearBetの3032円!

まとめ

今回は中華タブレットChuwi Vi10 Plusの初期設定と初期状態を紹介しました。

初期設定はシンプルのため、自分としては初のRemix OSでしたが簡単にセットアップすることができました。設定メニュー等は独自形式ですが、ところどころAndroidの痕跡が残っているのが面白いところです。

次回はRemxi OS向けのプリインストールアプリを紹介したいと思います。