中華ドラレコYi Compact Dashcamで遊ぶ その1: 入手

3
Yi Compact Dashcam

前回はXiaomiのワイヤレスイヤホンを紹介しました。

今回はXiaomi系列のYi Technology (Xiaoyi)のドライブレコーダー(ドラレコ, 車載カメラ)を紹介したいと思います。

今回紹介するドラレコYi Compact Dashcamは海外通販のCafagoから提供していただきました。

実はこの製品を入手したのは結構前で、この製品は残念ならがCafagoでは売り切れとなっていました。

他のモデルをCafagoから買ってみたいという方は下記を参照してみてください。

今回は中国の通販サイトCAFAGOの使い方について紹介します。サイトは全て英語ですが、一般的な通販サイトの作りなので、スムーズに使えるのではないかと思います。CAFAGOは日本円決済にも対応しているようなので為替手数料を気にせずショッピングが楽しめそうです。

Yi Technologyについて

Yi Technologyは中国の会社でカメラ関係のデバイスを開発・発売をしています。公式サイトは下記になります。

See What Matters. AI vision solution. Affordable and accessible for any consumer and business

最近では日本に進出しているようで日本語のサイトも用意されています。

See. Think. Act. The best mirrorless camera and more.

Yi Technologyは以前はスマートフォンで有名なXiaomiの支援を受けていたため「Xiaoyi」というブランドも用いていました。

しかし、最近ではXiaomiから独立を強め、独自の「Yi」というブランド名で製品展開を進めています。ただし、Xiaomiは依然として大株主のようなのでXiaomi系列の会社と言っても良さそうです。

Yi Compact Dashcam

今回入手したのはベーシックな車載カメラでYi Compact Dashcamという名称になっています。

2020年2月時点ではCafagoでは品切れ、AliExpressなら購入可能。

Yiからは既に後継製品の「Yi Smart Dashcam」が発売されています。

See. Think. Act. The best mirrorless camera and more.

日本のAmazonでも可能なので、いま買うならこちらがお勧めです。

Yiの製品には中国語版と国際版(英語版)があり、私が入手したYi Compact Dashcamは中国語版でした。

Cafagoから送ってもらったYi Compact Dashcamは緩衝材の着いた封筒に入って送られてきました。中華通販ではおなじみの梱包です。

配送時の梱包状態

この封筒を開けてみるとパッケージが緩衝材に包まれていました。

緩衝材に包まれたパッケージ

中華通販では製品パッケージはむき出しのことが多いので、このように保護されているのはかなり珍しいです。

この緩衝材をとるとパッケージが出てきます。

製品のパッケージ

正面と背面をスキャナでスキャンしてみました。

正面はYiのロゴなどがあるだけでシンプルな物です。この辺はXiaomiっぽいです。

製品のパッケージ 正面

背面にはスペックが書かれています。

製品のパッケージ 背面

このスペックでは撮影できるビデオは1980×1080の30fpsと1280×720の60fpsになっています。後継のYi Smart Dashcamだと1980×1080の60fpsに対応しているので、ここはちょっと残念です。

ちなみにレンズの画角もこの製品は130度で、Yi Smart Dashcamは165度になっています。

パッケージの赤い部分は帯になっています。この帯を外してパッケージを開けるとカメラが出てきます。

開封

カメラの下には付属品などが入っています。内容物を取り出したのが下の写真です。

内容物一覧

左側の上段から

  • Yi Compact Dashcam本体
  • お礼のカード
  • 取扱説明書

右側の上段から

  • microUSBケーブル
  • マウントブラケット
  • シガーソケットUSBチャージャー

となります。

Yi Compact Dashcamの詳細

それではパッケージの中身をチェックしていきます。

Yi Compact Dashcam本体

私が入手したのはブラックモデルです。入手したときにはレンズ部分に保護シールが貼られていたのですが、剥がしてから撮影しています。

Yi Compact Dashcam本体 正面

レンズ部分にはレンズのスペックが書かれており、やはり画角は130度のようです。

レンズの右下の穴はマイクの穴です。

裏側はディスプレイとボタンが設けられています。

Yi Compact Dashcam本体 背面

ボタンは左から

  • 緊急録画ボタン
  • 撮影ボタン
  • 再生ボタン
  • 設定・電源ボタン

となります。

またその右隣にはLEDがあり、左側が動作状態を表し、右側が電源状態を表します。

上部にはマウントブラケットを接続するためのくぼみがあります。

Yi Compact Dashcam本体 上面

上部の網状の部分はスピーカーと放熱穴となっています。

底面部分には型番などが記載されているシールがあります。

Yi Compact Dashcam本体 底面

この製品の型番「YCS 1216」になるようです。

側面にはmicroSDカードスロットがあります。

Yi Compact Dashcam本体 側面

対応しているmicroSDカードは8~64GBです。クラス10以上のカードを使うように説明書には記載されています。

反対側の側面には電力を供給するためのmicroUSBポートがあります。

Yi Compact Dashcam本体 側面

また、microUSBポートの下にはリセットするための穴があります。Yi Compact Dashcamがおかしな状態になったら、ヘアピンなどでリセットすることができます。

マウントブラケット

Yi Compact Dashcamをフロントガラスに固定するためのブラケットです。

マウントブラケット

フロントガラスに貼り付ける面には3Mの両面テープがあらかじめついています。

マウントブラケット 固定面

Yi Compact Dashcamと接続するときには、マウントブラケットの下の部分の突起をYi Compact Dashcamのくぼみに差し込みスライドさせます。

マウントブラケットの固定

ブラケットは角度を調整することができます。天井に固定するならこのように接着面を水平に近い状態にします。

マウントブラケットを装着した状態

フロントガラスに固定する場合はこのように接着面を立てると良いでしょう。

マウントブラケットを装着した状態

シガーソケットUSBチャージャー

車のシガーソケットに挿入し、USB電源を取得するための物です。

シガーソケット USBチャージャー

USBポートが一つあるので、こことYi Compact Dashcamの間をUSBケーブルでつなげば、Yi Compact Dashcamに電源を供給することができます。

シガーソケット USBチャージャーのUSBポート

microUSBケーブル

先ほど紹介したシガーソケットUSBチャージャーとYi Compact Dashcamを接続するための物です。

長さは3.5mなので十分なはずです。

microUSBケーブル

microUSBコネクタ側はL字型なので、Yi Compact Dashcamに接続したときに横に飛び出しません。

microUSBケーブルを接続した状態

取扱説明書

取扱説明書はすべて中国語です。

解読するにはスマホのGoogle翻訳アプリを使いましょう。

取扱説明書 1

取扱説明書 2

取扱説明書 3

取扱説明書 4

取扱説明書 5

取扱説明書 6

取扱説明書 7

取扱説明書 8

取扱説明書 8

お礼カード

このカードにはYi Technology関係のSNSアカウントが記載されています。

いずれも中国語だと思うのであまり役に立つ情報ではありません。

お礼カード 表

お礼カード 裏

Yi Compact Dashcamの後継製品です。2020年2月時点でAmazonで5850円

まとめ

今回は中華ドラレコのYi Compact Dashcamを入手したことを紹介しました。

実は入手したのは2年前なので既に後継製品であるYi Samrt Dashcamが発売されていますが、せっかくなのでこのYi Compact Dashcamを使って見ることにしました。

Xiaomiの関連会社と言うことでカメラの造りやパッケージングは問題なさそうです。

次回はこのドラレコをテストしてみたいと思います。