中華スマホRedmi Note 4で遊ぶ その2: 初期状態のチェック

Redmi Note 4

前回はXiaomi Redmi Note 4を入手したことを紹介しました。

今回はいよいよRedmi Note 4に電源を入れてみたいと思います。

今回使用しているRedmi Note 4 (64GBモデル・シルバー)は海外通販サイトEverBuyingから提供していただきました。

EverBuyingでは、このスマホは2017/05/28現在は売り切れとなっています。

このモデルはGeekBuying209.99ドルで、TOPTOP200.99ドルで販売しています。

GeekBuyingでの購入にトライしようと思う方は下記ページを参照してみてください。

今回は中国の通販サイトであるGeekBuyingの使い方について紹介します。 品ぞろえはGearBestに及ばない感じですが、サイトの作り・取扱商品を見るとGearBestの対抗馬となるサイトだと思います。中華タブレットや中華スマホを買うときには、GeekBuyingも確認してみるとよいでしょう。

TOMTOPでの購入にトライしようと思う方は下記ページを参照してみてください。

今回は中国の通販サイトであるTOMTOPの使い方について紹介します。Webサイトも日本語化され、決済も日本円対応となっており、日本の消費者を取り込みたいという意欲を感じる作りです。スマホやタブレットなどの中華ガジェットを探すときにはTOMTOPも比較対象にするとよいでしょう。

電源オン&初期設定

初期設定はSIMなしでもできますが、今回はタイDTACのマイクロSIMを入れて起動してみました。

電源を入れると中央にXiaomiのロゴが表示されます。ちょっと目新しいのは画面下部に「Powered by android」と表示される点です。これはRedmi Note 3 Proではなかった気がします。

起動画面

最初の画面は中国語(ピンイン)の入力方法の選択のようです。上がバイドゥ(百度)、下がGoogleです。Googleのほうが使いやすいので下のほうを選んで「下一歩」を選択します。

ファクトリーリセットしてもう一度試したところ、最初の画面は言語選択(簡体中国語、繁体中国語、英語)でした。

初回起動とファクトリーリセット後の起動は微妙に違うのかもしれません。

中国語の入力方法の選択

次はWi-Fiの設定です。接続したいアクセスポイントを選択します。

アクセスポイントの選択

アクセスポイントのパスワード入力画面になるので入力して右側の「確定」選択します。

アクセスポイントのパスワードの入力

Wi-Fiが無事につながったら「下一歩」を選択して次に進みます。

アクセスポイントへの接続完了

次は使用許諾です。どうせ見てもわからないので、右下の「同意」を選択しておきます。

使用許諾の確認

次はMiアカウントの設定です。この画面からMiアカウントの作成、あるいは、既存のMiアカウントへのログインはできるのだと思います。ただ、中国語の画面で正しく設定できる自信がないので、ここは「跳進(?)」で先に進むのが無難です。

Miアカウントの設定

すると、ログインしなくてよいのかという確認(おそらく)が表示されるので「確定」を選びます。

Miアカウントを設定しない確認

この次はよくわからいのですが、おそらくXiaomi端末同士の無料通話機能だと思います。使うことはないのでオフにして次に進みます。

無料通話(?)の設定

次は指紋認証の設定です。これは言語設定を英語に切り替えてからの方がよいので「跳進」でスキップしておきます。

指紋認証の設定

次はおそらく位置情報と使用状況提供の設定です。ここは両方オフにして「下一歩」で先に進みましょう。

位置情報などの設定

最後にUIのスタイルの選択です。好みを配色を選んで「下一歩」です。

配色の設定

これで設定完了です。画面下の「開始使用」で初期設定の完了となります。

初期設定の完了

初期設定を終了するとホーム画面が表示されます。

ホーム画面

なお、この手順で設定すると指紋認証の設定はしていません。ロック画面になってしまったら上スワイプでロックを解除できます。

ロック画面

Tablet PCs

言語と日時の設定

中国語だと使いにくいので、英語に変更します。

設定メニューに入るには左下の歯車アイコン(設置)を選択します。

設定アイコン

設定画面に入ったらスクロールして「其他高級設置」を選択します。

その他の設定へ

すると「言語和輸入法」というメニュー項目があるのでこれを選択します。

言語設定へ

一番上が「言語」メニューです。

言語の選択

「言語」を選択すると、選択肢として「中文(簡体)」「中文(繁体)」「English」があるので、「English」を選択します。

Englishを選択

これで表示がすべて英語になり、そこそこ使えるようになります。

英語になったメニュー

言語の設定ができたら日時の設定だけはしておきましょう。

「Settings」→「Additional settings」→「Date & Time」で日時設定画面に入り日時を設定します。SIMカードが入っている場合はデフォルトのままで大丈夫とおもいますが、Wi-Fi運用の方は「Automatic date & time」と「Automatic time zone」はOFFにして手動設定した方がよいかもしれません。

私はタイのSIMカードを差しているので、時刻のフォーマットを24時間表記に変えただけで日時の設定は完了です。

日時の設定

画面構成

XiaomiのスマホはOSはAndroidなのですが、かなりカスタマイズしてMIUIという名称を付けています。

どのような感じなのかスクリーンショットで紹介しておきます。

Redmi Note 3 ProのMIUI画面を知りたい方・比較したい方は下記を参照してみてください(ほとんど同じです)。

今回はRedmi Note 3 Proの初期状態を紹介します。Redmi Note 3 Proで採用されいてるMIUIはかなり作り込まれており、Nexus5で標準のAndroidになれている身とすると逆にちょっと使いにくい気もします。また、16GBモデルは内蔵ストレージの状態がかなり厳しいのでできれば32GBがお勧めです。

ホーム画面

ホーム画面は時計が右上にあるほかはアプリのアイコンが並びます。

MIUIでは、通常のAndroidとは異なりホーム画面にアプリのアイコンがすべて並びます。つまり、アプリアイコンが一覧できるドロワー画面がないことになります。これはiPhoneと同じ構成です。

ホーム画面

Messagingアイコンの右肩には数値が表示されていて、これは未読のメッセージ(SMS)があることを示しています。

また、アプリアイコンはグループ化できるので、画面がアイコンだらけになるのは避けることができます。初期状態では「Tools」というグループがあり、これをタップするとアプリアイコンが表示されます。

グループ化されたアイコン

通知画面

何か通知がある場合には、画面上部から内側にスワイプインすると通知画面が表示されます。下記の画面の例ではスクリーンショットを撮ったことなど通知されています。

通知画面

この画面で左スワイプするとショートカットパネル(?)が表示され、各種設定がワンタッチで行えるようになります。なお、通知がない場合には、画面上部からのスワイプインでいきなりこのショートカットパネルが表示されます。

ショートカットパネル

アプリ管理画面

ホーム画面で本体のメニューボタン(右側のタッチボタン)をタップするとアプリ管理画面になります。

この画面では動作中のアプリと空きメモリサイズがわかります。

アプリ管理画面

この画面でアプリアイコンを上にスワイプするとそのアプリを終了してメモリを開放することができます。

逆に下にスワイプするとアイコンにロックマークが付き、そのアプリが自動的に終了されないように保護することができます。この保護は、もう一度アイコンを下スワイプすると解除できます。

アプリのロック

アプリ管理画面の「×」をタップすると、保護されていないアプリ以外を一気に終了させ、メモリを開放することができます。

メモリの解放

なお、アプリ管理画面でアプリのアイコンをタッチするとそのアプリに切り替わります。

設定画面

設定画面は項目が結構多いです。2画面ちょっとありました。

設定メニュー 1/3設定メニュー 2/3設定メニュー 3/3

「Additional Settings」を選択するとさらに設定項目が表示されます。

詳細設定メニュー

初期状態

初期状態を確認してみます。

OSの状態

「Settings」から「About phone」でOSの状態などを確認できます。

初期状態ではベースとなるAndroidは「6.0」、MIUIのバージョンは「MIUI 7.3 Stable 7.3.8.0」と表示されました。これは中国版のROMのようです。

OSの状態

なお画面下部の「System update」を選択すると、「MIUI 8」へOTAでアップデートできることがわかります。OTAでアップデートできるということは、ショップのカスタムROMではないということかもしれません。

アップデートの通知

なお、ROMはグローバル版に書き換えようと思っているので、今回はアップデートは見送ります。

内蔵ストレージの状態

「Settings」→「Additional Settings」→「Storage」で確認できます。

Redmi Note 3 Proの場合は16GBモデルを使っていたので、初期状態でも空きが10GB程度と厳しいものでしたが、今回は64GBモデルなので空が55GB以上とかなり余裕があります。これならmicroSDはなくてもよい気がします。

内蔵ストレージの状態

2018/02/10現在の最安値はTOMTOPの200.99ドル! 次点はGeekBuyingで209.99ドル!
2018/02/10現在は在庫はAmazonのみで24,475円!
2018/02/10現在の最安値はGeekBuyingで185.99ドル! 次点はGearBestの187.89ドル!

Redmi Note 4にはRAM 3GB/ROM 32GBのモデルが追加されました。ストレージは32GBあればそこそこ使えますので安いスマホ狙いの方にはおすすめです。

2018/02/10現在の在庫はTOMTOPのみで166.99ドル!
2018/02/10現在の在庫はGeekBuyingのみで価格は174.99ドル!
2018/02/10現在の最安値は159.99ドル! 次点はTOMTOPの166.99ドル!

まとめ

今回はRedmi Note 4の初期状態を紹介しました。

これまでのところRedmi Note 3 Proと使用感はほぼ一緒という感じです。またROMの様子を見るとショップのカスタムROMではなく、中国向けの公式ROMが書き込まれているようです。

次回は中国向けのROMでGoogle Playを使えるようにしたいと思います。