中華タブレットTeclast X98 Plus IIで遊ぶ その1: 入手!

Teclast X98 Plus II

前回までは中華スマホ Redmi Note 3 Proの紹介を続けてきましたが、今回から話題を変えて中華タブレットネタです。

今回紹介するのはTeclast X98 Plus IIという10インチクラスの中華タブレットです。OSはWindows10とAndroid5.1のデュアルブートとなっています。10インチクラスのWindowsタブレットは初めて使います。

今回使用しているTeclast X98 Plus IIは海外通販サイトGearBestから提供していただきました。

私が使用したTeclast X98 Plus IIは販売終了となっていますが、CPUをAtom X5-Z8350にリニューアルしたTeclast X98 Plus IIはGearBestで21499円(2018/02/09時点で)で販売しています。

GearBestで購入に挑戦しようという方は下記を参照してみてください。

今回は香港・中国の通販サイトであるGearBestの使い方について紹介します。 GearBestはAliExpressよりもサイトが使いやすく簡単な英語がわかれば注文することができます。中国ブランドのタブレットやスマホを安く入手したい場合は有力な選択肢となるでしょう。

Teclastについて

Teclastは中華タブレット界(?)ではかなりメジャーなメーカです。

私はこれまで2台のTeclat製の中華タブレットを試したことがあります。海外通販サイトでタブレットを探したことがある方は一度は見たことがあるのではないでしょうか。

今回は上海の電脳街で中国製タブレット(通称中華Pad)を購入したことを紹介します。 値段交渉で頑張ったのですが、日本での価格の2割引き程度にしかなりませんでした。
今回はGearBestから提供してただいた中華AndroidタブレットTeclast X16 Plusを紹介します。個人輸入すると1.5万円という価格で10インチクラスのタブレットでは安価な部類に入るものです。サムスンの液晶パネルを使っているということで、画面に自信があるようなので、動かしてみるのが楽しみなところです。

Teclast X98 Plus IIについて

今回レビューするTeclast X98 Plus IIはTeclastの10インチ級のタブレットです。リリースされたのは2016年の6月でまだ1ヶ月ほどしかたっていません。

実はTeclastは「X98」という名前がつくタブレットを複数リリースしています。

現在Gearbestで手に入るものを比べると次の通りです。今回紹介するX98 Plus IIは一番左です。

X98 Plus II X98 Plus X98 Plus 3G X98 Pro
Teclast X98 Plus II Teclast X98 Plus Teclast X98 Plus 3G Teclast X98 Pro
CPU Cherry Trail
X5 Z8300
Max 1.84Mhz
Cherry Trail
x5 Z8300
Max 1.84GHz
Cherry Trail
x5 Z8300
Max 1.84GHz
Cherry Trail
x5 Z8500
Max 2.24Mhz
RAM 4GB 4GB 4GB 4GB
ストレージ 64GB 64GB 64GB 64GB
ディスプレイ 9.7インチ
2048×1536
9.7インチ
2048×1536
9.7インチ
2048×1536
9.7インチ
2048×1536
WiFi 802.11bgn 802.11bgn 802.11bgn 802.11bgn
モバイル なし なし WCDMA+GSM なし
Bluetooth 4.0 4.0 4.0 4.0
microSD あり あり あり あり
バッテリ 8000mAh 8000mAh 8000mAh 8000mAh
サイズ 23.98×17.60
×0.80cm
24.0×16.9
×0.78cm
24.00×16.95
×0.81cm
23.90×16.90
x0.78cm
重さ 568グラム 510グラム 534グラム 526グラム
OS Windows10
+
Android5.1
Windows10
+
Android5.1
Windows10
+
Android5.1
Windows10
+
Android5.1
GearBestでの価格
2015/7/22時点
164.99ドル
(約17,500円)
189.89ドル
(約20,000円)
228.89ドル
(約24,000円)
235.76ドル
(約25,000円)

比べてみると「X98 Plus 3G」と「X98 Pro」との違いは分かりやすいです。

「X98 Plus 3G」にはSIMスロットがあり、3Gでのモバイル通信ができることが割ります。

また、「X98 Pro」はCPUがワンランク上のCherry Trail Z8500になっているので、機能強化版といえると思います。

問題は「X98 Plus II」と「X98 Plus」の違いです。スペックは全く一緒で違うのはサイズと重さだけです。そこでX98 Plus IIとX98 Plusの写真を見比べると、X98 Plusの方が金属的なボディで薄型なことがわかりました。

どうやらTeclast X98 Plus IIは、Teclast X98 Plusの外装を廉価にしたもの、と考えてよさそうです。

なお、Teclast X98シリーズには「Plus」も「Pro」もつかないものがあります。この無印シリーズは、CPUがひと世代前のBayTrailになっているようです。無印シリーズはもう売っていないと思いますので、気にしないでよいと思います。

また注意点として、上記の表を見て分かるようにX98シリーズでもサイズが微妙に違うことがあります。このため、ケースやスクリーンプロテクタなどのアクセサリが流用できない可能性があります

アクセサリを買う場合は「Teclast X98 Plus II用」と明記されているものを購入しましょう

外箱の様子

Teclast X98 Plus IIはGearBestからFedexで送られてきました。輸入時の消費税はかかりませんでした。

Teclast X98 Plus IIの外箱は次の通りです。デザインはTeclast X16 Plusの外箱と全く同一です。日本の製品だと製品ごとに箱をデザインし直すと思いますが、同じデザインを使いまわすのもコストダウンの工夫なのだと思います。

Teclast X98 Plus IIの外箱の上面

箱の裏面には中国語のスペックが貼られています。

Teclast X98 Plus IIの外箱の底面

スペックの部分を拡大するとこのようになります。

Teclast X98 Plus IIの外箱のシール

気になるのは「効能支持」のところに黒く塗りつぶされている項目があるところです。この塗りつぶしは以前レビューしたTeclast X16 Plusの時にもありました。

塗りつぶされているのは、おそらく上段が「HDMI」と「OTG」、下段が「藍牙4.0 (Bluetooth 4.0)」だと思います。いずれもTeclast X98 Plus IIでサポートされている機能だと思いますので、なぜ塗りつぶされているのか正直なところよくわかりません。

開梱

それでは箱を開けてみます。箱を開けると当然ながらTeclast X98 Plus II本体が入っていて(下記の写真の左側)、USBケーブルなどは仕切りの中に入っています。右側は上蓋で、輸送中の破損を防ぐためか内側にスポンジが貼られています。この辺もTeclast X16 Plusと同じです。

Teclast X98 Plus IIの箱を開けた状態

内容物を取り出すと次のようになります。

Teclast X98 Plus IIの内容物

上段のケーブル類は、左から「充電ケーブル」「microUSBケーブル」「OTGケーブル」です。

右側中段は左から「Windows側の簡易説明書(中国語)」「Android側の簡易説明書(中国語)」「保証書(中国語)」です。

右側下段は左から「Windows側の簡易説明書(英語)」「Android側の簡易説明書(英語)」「保証条件(英語)」です

これ以外に、紙1枚で検査証明書的な紙も入っていました。

困ったことに充電のためのACアダプタは同梱されていませんでした。これはTeclast X16 Plusの時と同様です。TeclastのタブレットはACアダプタを同梱しない主義(?)なのかもしれません。

説明書を見ると充電には2.0~3.0A出力のUSB-ACアダプタが必要だと記載されています。最近のスマホについてくるものは2A出力に対応していると思いますが、古いものしか持っていない方は出力が2Aあるかどうか確認しておいた方がよいでしょう。

英語の説明書についてはスキャンしておいたのでWindows編だけ貼り付けておきます。

Teclast X98 Plus II Windows側説明書 1

Teclast X98 Plus II Windows側説明書 2

Teclast X98 Plus II Windows側説明書 3

Teclast X98 Plus II Windows側説明書 4

タブレット本体の確認

それでは本体の確認をしていきましょう。

ちょっと写真がピンボケですが正面は本体はこんな感じです。まだ保護シールは外していません。正面中央の上部にカメラがあります。ボタンやタッチセンサーはありません。通知用のLEDもないようです。

Teclast X98 Plus IIの正面

見て分かるように額縁部分がかなり広く取られています。左右が1.4cm、上下が2.1cmというところでしょうか。ここを削ればかなりサイズダウンができそうなだけに残念な部分です。

背面はシルバー(というかグレー)で質感はプラスチックです。前身のTeclast X98 Plusでは金属的な質感だったようなので、こここはコストダウンが図られたところと考えてよさそうです。

背面の上部にはカメラのほかにmicroSD等のスロット・コネクタ類が集中しています。なお、背面には保護シールが貼られています。

Teclast X98 Plus IIの背面

スロット・コネクタ部分を拡大した写真が下記です。

左側からマイクの穴・ヘッドホンジャック・充電用コネクタ・microHDMIコネクタ・microUSBコネクタ・microSDカードスロットとなります。充電がmicroUSB経由でなく専用のコネクタな点に注意が必要です。このコネクタに差すためのケーブルは付属します(後述します)。

2016/11/05 追記

充電は、専用コネクタだけではなくmicroUSBからもできることを確認しました。

Teclast X98 Plus IIのコネクタ部

本体底面にはスピーカーが二つ付いています。ステレオスピーカーなのだと思います。

Teclast X98 Plus IIのスピーカ

注意点としては、キーボードやドックを接続するようなコネクタが見当たらない点です。キーボードを接続するときはBluetoothが基本となるようです。

サイズ感

サイズはかなり大きいです。

8インチタブレットのChuwi Hi8 Proと5インチのNexus5を並べて写真を撮ってみました。Teclast X98 Plus IIの大きさがわかると思います。

ディスプレイのサイズだけでなく、額縁部分が大きいだけ本体サイズも大きくなります。

Teclast X98 Plus IIとの大きさの比較

先日レビューしたTeclast X16 Plusと比較すると次のようになります。両方とも10インチクラスのディスプレイですが、Teclast X98 Plus IIはディスプレイが4:3で、Teclast X16 Plusが16:9のため、見た目はかなり異なります。

Teclast X98 Plus IIとTeclast X16 Plusの比較

Teclast X98 Plus IIはサイズも大きく、筐体がプラスチックなことから剛性が心配になりますが、持ってみると意外としっかりしています。

端っこを持っても筐体がゆがむということはなさそうです。

付属品の確認

最後に付属品の確認です。

まずはmicroUSBケーブルです。これは何の変哲もないものです。長さは75cmぐらいでしょうか。

付属のmicroUSBケーブル

OTGケーブルも付属します。OTGとはOn-The-Goの略で、1台の機器がUSBのデバイスにもホストにもなれる仕組みのことです。Teclast X98 Plus IIはOTG機能を持っているので、このOTGケーブルを介してマウスやキーボードを接続することができます

付属のOTGケーブル

もう一つのケーブルが充電用のケーブルです。写真を見て分かるように片方がUSB Type-Aのオス端子に、もう一方が丸型のピン端子になっています。USB Type-Aの方をUSB-ACアダプタに差し、ピン端子の方をTeclast X98 Plus IIの充電コネクタに差すことになります。

このケーブルは入手困難と思われるため、絶対になくしてはいけませんこのケーブルがないとTeclast X98 Plus IIは充電できなくなってしまいます。

付属の充電ケーブル

しかし、こんな特殊な充電方法ではなく、microUSBコネクタからできる方がはるかに使い勝手がよいはずです。あるいは、充電とアクセサリ接続用のコネクタをUSB Type-Cコネクタに統一してもよかったと思います。

充電にこのような特殊なケーブルが必要となるというのは、ユーザビリティの観点からはマイナスポイントになります。

2016/11/05 追記

充電は、専用コネクタだけではなくmicroUSBからもできることを確認しました。充電用のケーブルがなくてもmicroUSBケーブルでで運用することは可能です。

2016/11/13 追記

付属の充電ケーブルの代替品は日本でも購入可能との情報を頂きました。型番「DC-2307」「DC-2307A」「EC-2307」のケーブルが該当するとのことです。

充電ケーブルをなくしてしまった方はこの代替品をお試しください。

2018/02/10時点で最安値はBanggoodの185.99ドル、次点はGearBestの189.99ドル!

まとめ

今回はGearBestから提供してただいた中華WindowsタブレットTeclast X98 Plus IIを紹介しました。

筐体がプラスチックであることなどコストダウンの工夫が目立つ機種ですが、18,000円を切る価格で2048×1536という高解像度というところがポイントです。質感よりスペックを重視する方には選択肢になるのではないでしょうか。

次回はTeclast X98 Plus II用に購入したアクセサリを紹介したいと思います。

 

海外通販サイトで販売されている無線機器は日本国内の技術基準適合証明を取得していない可能性があります。

そのような機器を日本国内で使用すると、電波法違反に問われる場合もあります。

本ブログは技術標準適合証明を未取得の機器の利用を推奨しているわけではありません。

『中華タブレットTeclast X98 Plus IIで遊ぶ その1: 入手!』へのコメント

  1. 名前:GearBestにだまされた 投稿日:2016/10/01(土) 01:32:22 ID:265946e75 返信

    貴サイトは大変参考になり、ありがとうございます。
    Teclast X98 Plus IIの記事を見て、興味がわきGearBestから購入しました。
    しかし、なかなか発送せず、強く催促したら翌日発送したのですが、届いた商品は中古品で、Windowsしか立ち上がらず(Android側はBoot Managerが壊れているようです)、さらにすでにアカウントが作られており、パスワードを入力しないとログイン画面から先に進めないありさまでした。
    流石、中華ショップというかあきれるばかりです。
    GearBestとは交渉中ですが、GearBestにはこりごりです。
    貴サイトもGear Bestを薦めるのは考えなおした方がよろしいかと思います。

    • 名前:scratchpad 投稿日:2016/10/02(日) 18:21:19 ID:bb8e59178 返信

      コメントありがとうございます!

      それは災難でしたね。中華ショップは日本人の想像してないことが起こりますね・・・

      私は中華ショップ(GearBest, Banggood, Geekbuying, AliExpress)で買っていますが、GearBestで買った液晶保護シールが折れていた(おそらく郵送中)、AliExpressで買ったのと違うスマホが届いた、ということを体験しました。
      特に違うスマホが届いたときにはやり取りが面倒だったことを覚えています。

      GearBestは一応日本語ができる方(在日中国人?)が公式Twitterをしているので、そこに相談してみてはどうでしょうか?
      返金や返品に対応してくれない場合は、PayPalに相談する手もあるかもしれません。

  2. 名前:X98 plus2 4GB ver. 買いました! 投稿日:2016/11/03(木) 18:18:13 ID:e06c76963 返信

    こちらのレビューサイト、購入前にとても参考になりました。
    先日、仕事で中国 深圳に行った際、電脳街のTeclast製品しか置いていない正規取扱店(といっても電脳城の中の一ブース)があったので、そこでX98 Plus2 4GB ver. や純正カバーなどを買いました。
    こちらのレビューを見て、専用プラグでしか充電ができないというのがネックだなぁと感じていたので、予備の専用充電配線も欲しいと聞いたところ、MicroUSB端子からも充電ができるよとの返答。
    実際、店頭でMicroUSB端子からでも充電ができるのを確認できました。
    USB機器を使用しながらも充電ができるように別に充電専用端子もあるとのことでした。
    自分にとっては、購入前に気になっていたことが一気に解決したので即買いしました。
    ちなみに専用充電配線もサイズを計ったら規格物なのでネットで探せば日本でも長い配線やL型になったもの、巻き取り式のものも手に入ります。私も何個かamazonで予備として買いました。

    • 名前:scratchpad 投稿日:2016/11/05(土) 13:41:42 ID:aa16a7324 返信

      コメントありがとうございます!

      最近はネットでだいたいの値段がが把握できるので、ボラる心配がないので現地でも買いやすくなったかもしれませんね。

      確かに試してみたところmicroUSBコネクタからも充電できますね! 本文のほうも修正しておきました。
      だいぶ電流を引っ張るようなので、出力の高いUSB-ACアダプタを使ったほうがよさそうです。

      もしよろしければ動作実績がある予備品のAmazonへのリンクを教えてください! せっかくなので当サイトでも紹介したいと思います。

      • 名前:匿名 投稿日:2016/11/09(水) 20:24:28 ID:caf30f67d 返信

        X98 PLUS2のDC5V充電ポートに使用できるのは
        コネクター側が外径2.35mm 内径0.7mmの充電ケーブルです。

        DC-2307,DC-2307A,EC-2307で検索すれば出てきますよ。

        DC-2307 ストレートタイプ
        DC-2307A 直角タイプ
        EC-2307 伸縮タイプ

        全部買ってみましたが使用できましたよ。

        アダプターはANKER製の5V 8A出力OKのを使用してます。

        • 名前:scratchpad 投稿日:2016/11/13(日) 01:05:12 ID:dd1e33298 返信

          情報ありがとうございます!

          実際に使えているというのは大変貴重な情報です。本文のほうにも追記させていただきました。
          ありがとうございました。