トルコでプリペイドSIMを使う その9: AveaのAndroidアプリ

ブルーモスク

前回はAveaのプリペイドSIMカードで利用できるSIM Toolkitなどを紹介しました。

今回はAveaが出しているAdnroidアプリについて紹介します。SIM Toolkitは完全なテキストベースのアプリでしたが、Androidアプリはもちろんそんなことはありません。

Andriodアプリのダウンロード

Google PlayでAveaで検索するとたくさんアプリが出てきます。そのうち設定などを行うことができるアプリは「Avea Online İşlemler」になります。

ダウンロードには特に特別なものは必要ありません。普通にインストールしてください。

ワンタイムパスワードの入手

アプリを起動するとわかりますが、このアプリを利用するためのワンタイムパスワードが必要です。

パスワードは「*952#」に発信することにより入手することができます。次のように6桁の数値が表示されるはずです。

ワンタイムパスワード

Aveaアプリの起動とログイン

それではアプリを起動してみましょう。最初の画面で電話番号とワンタイムパスワードを要求されるので、自分の電話番号と先ほど入手したワンタイムパスワードを入力します。

電話番号は最初の「0」は省略して「5」から始まる10桁を入力します。電話番号を忘れた場合は「*101#」で表示されます。

ログイン画面

電話番号とワンタイムパスワードを入力したら画面下のボタンをタップします。これでログインできるはずです。

Aveaアプリの機能

電話番号とパスワードを入力してログインすると、次のような画面が表示されます。

トップメニュー

ざっと訳してみたところ、上から

  • 使用状況
  • 残高確認
  • 支払いとTOP UP
  • 料金とパッケージ
  • 製品とサービス
  • 海外での利用
  • SMSでシェア

という感じです。

簡単に調べてみたところ使えるかもしれないのは、「データ通信の使用状況」「残高確認」「クレジットカードの登録」

データ通信の使用状況

トップメニューから「Lira işlemleri」→「Harcama Detayi(支出詳細)」→「GPRS KULLANIM DETAYI(GPRS使用詳細)」とえらぶと次のような画面になります。ここで調べたい期間の最初と最後の日付を設定して「GONDER」を選択します。

期間の入力

するとすっごく詳細な使用状況が表示されます。どうも各欄の一番下「indirilen Bayt」というのがダウンロードしたバイト数のようです。つまりデータ通信を行うごとにその時に何バイト通信したかを見ることができます。

通信履歴

・・・ただちょっと細かすぎますよね。知りたいのは合計でどれくらい通信したか、なのですがここではそれは表示されません。

残高確認

トップメニューから「Lira işlemleri」→「Kalan Bakiya(残高)」を選択すると次のような画面が表示されます。

残高確認結果

一番上のBakiyeが残高です。気になるのは下から二番目の「Her Yöne Hediye Süre」という項目です。これはインターネットパッケージの残りデータ量でないかな・・・と思います(この図では残り14.9MB??)。検証してみたいのですが、すでに帰国してしまい、本当にこの項目が残りデータ量なのかどうかは確信が持てません。

クレジットカードの登録

トップメニューから「Ödeme ve Yükleme」→「Kredi Karti ile Lira Yükleme」を選ぶとクレジットカードを登録する画面になります。

クレジットカードの登録

なぜこのメニューを紹介したかというと、クレジットカードを使ってTOP UPできるのではないか、と思ったからです。しかし、これも検証できておりません(そもそもTOP UPする必要もないので・・・)。どなたか、試したら教えてほしいところです。

その他

トップメニューの「Tarife ve Paketler」を選ぶと各種パッケージを選択するメニューが表示されます。

各種パッケージの申し込み

しかし、残念なことにここにインターネットパッケージを選択するメニューは出てきません。通話やSMSのパッケージより、インターネットパッケージのほうが重要なのですが・・・

まとめ

今回はAveaが提供しているAndroidアプリを紹介しました。

いろいろ機能があるようですが、旅行者に便利に感じる項目は少なそうです。ちなみに、このアプリは日本国内からでも使用することができます。

次回はトルコAveaの最終回としてここまで紹介できなかった細かい情報を紹介します。