タイでプリペイドSIMを使う その58: スワンナプーム空港の状況 (2017年5月)

2018年05月のスワンナプーム国際空港の様子を下記にまとめました。

今回は2018年5月上旬のタイ・スワンナプーム国際空港でのSIMカード販売の様子を紹介します。半年前の調査に比べ、各キャリアともデータ量を増やしていたり、ユーザにうれしいプラン改良がなされていました。特に299バーツ/8日間のパッケージは激戦らしく、データ量が増えた状態で横並びになっています。

前回までは中華スマホのElephone P8の紹介をしていました。ここのところ中華ガジェットの記事ばかりなので、しばらくたまった海外SIMカードネタを書いていきたいと思います。

まずはタイのSIMカードネタです。今年のGWにタイで調査したネタがあるのでそのをしていこうと思います。

今回はGWにトランジットでタイに寄った際のスワンナプーム国際空港の状況を紹介します。

なお前回のタイ編は下記になります。

今回はタイのSIMカード利用に指紋登録が義務化されるという話を紹介します。2017年2月からは新規にプリペイドSIMカードを購入する際に指紋を登録する必要がありますが、既存のユーザについてはとりあえずは影響はなさそうです。

スワンナプーム空港の様子

このときはスワンナプーム国際空港に19時頃に到着しました。

さすがは観光大国タイの玄関口だけあってスワンナプーム国際空港はいつも混んでいます。

AIS

最大手のAISのカウンターは長蛇の列でした。

本来ならお金を払ってSIMを開通させるだけなので、1人あたりの時間は短いはずなのですが、実際にはかなり時間がかかります。

私はこの列に並んだわけではありませんが、30分は覚悟をしておいた方が良いと思います。

ツアーの場合やホテルのピックアップがある場合などは時間的に厳しいかもしれません。

19時頃のAISカウンター

こではカウンターに料金プランが書いてあるカードが置いてあります。

自分が必要とする期間・データ量でプランを選んでお金を払うだけという仕組みです。

AISのプラン

表に書き起こすと次の通りです。

価格期間データ量超過時
通信速度
通話
SMS
299B7日2.5GB384kbps100B
499B10日3.5GB128kbpsなし
549B30日4.5GB64kbps50B
849B9GB128kbps
1049B15GB256kbps
1849B24GB256kbps100B

「超過時通信速度」というのは所定のデータ通信量を超えた場合にデータ通信速度がここに記載された速度に制限されると言うことです。つまり、所定のデータ量を使い切っても、データ通信は遅いものの引き続き使うことができるということです。

なお、この料金表のカードの裏には追加データパッケージが書かれています。規制のプランに希望するものがない場合は、追加データパッケージを使ってカスタマイズすることができます。

AISの追加インターネットパケージ

価格期間データ量超過時申し込み方法
52.5B1日320MB速度制限*777*1#
266.5B7日2GB*777*74#
213B30日1GB*777*984#
427B3GB*777*985#
748B6GB*777*986#
855B12GB*777*987#
1925B20GB*777*449#
523B5GB1MBあたり2B*777*9030#
951B14GB*777*9031#

追加パッケージは必要な金額をTOP UP(チャージ)したあとに電話アプリで申し込みの欄に書いたコードへ発信すればOKです。

空港の店舗の場合はお願いをすれば店員さんが申し込んでくれると思います。

DTAC

DTACのカウンターも長蛇の列でした。

AISと同様に時間に制約がある方はここでSIMカードを入手するのは少々厳しいかもしれません。

19時頃のDTACカウンター

DTACは料金プランが書かれたプレートが置いてあり、それを指さして選ぶ仕組みです。

DTACのプラン

価格期間データ量通話
SMS
299B7日4GB20B
2.5GB100B
499B10日90B
599B15日6GB100B
549B30日4.5GB85B
849B9GB65B
1349B20GB135B

旅行者がプリペイドSIMを使用する場合はやはりデータ利用が多くなると思います。

そう考えると一番上の299バーツで7日間 4GBというプランはかなり使い勝手が良いと思います。データ量が必要な方はDTACを利用すると良いでしょう。

なお、DTACのカウンターの左隣にはプリペイドSIMを購入できる自動販売機があります。

DTACの自動販売機

この自動販売機は人気がなくすいていることが多いので、時間がない方は自動販売機でプリペイドSIMカードを購入する手があります。

今回はタイのDTACがスワンナプーム国際空港にSIMカードの自販機を設置したことを紹介します。 空港の店舗はいつも混んでいるので、この自販機は卒業旅行・GWと続く旅行シーズンに強い味方となりそうです。次の訪タイ時には試してみようと思います。

操作自体は英語でできますし、サポートする店員さんがいるのでなんとかなると思います。途中でパスポートをスキャンさせる必要がある点に注意が必要なぐらいでしょう。

なお、自販機で購入できるプリペイドSIMカードのプランと、カウンターで購入できるプランは異なるようです。

私が調査したときには7日のプランが3つ、15日のプランが1つの合計4つから選択できたようです。

TrueMove

比較的すいていたのがTrueMoveのカウンターです。私が確認したときにはすぐに店員さんと話せる状況でした。

19時頃のTrueMoveカウンター

TrueMoveのカウンターで声をかけると店員さんは次のような紙を渡してくれます。

TrueMoveのプラン

表に書き出すと下記のようになります。

価格期間データ通話
SMS
Wi-Fi申し込み方法
200B3日1GB50B無料*900*8956#
299B7日2.5GB100B
450B10日2.5GB100B*900*8958#
600B15日4GB100B*900*8959#
850B30日9GB50B*900*8960#
1050B12G150B*900*8983#

TrueMoveの特徴は無料Wi-Fiが含まれている点です。TrueMoveのWi-Fiはショッピングモールなどに設置されていますので、バンコクなどの都市部に滞在する方には有効だと思います。

申し込み方法が書いてありますが、実際にはお金を払ってスマホを渡すと店員さんが希望のプランを有効にしてくれるはずです。

なお、299Bのプランに申し込み方法がないのは、これがTOURIST SIMとしてあらかじめ用意されているプランだからです。

เดินทางไปต่างประเทศ : ขณะอยู่ต่างประเทศ

299Bのプランは空港以外でも入手できると思います。

別の時間の様子

このバンコクでのトランジットでバンコクを離れるときに同じく各カウンターの様子をチェックしてみました。

時間的には13時前です。

面白いことに私が到着した際(19時ごろ)とは全く状況が違いました。

まずはAIS。いつも混んでると思いきやガラガラです。

13時前のAISカウンター

となりのDTACも同じ状況です。

13時前のDTACカウンター

この時間帯は到着便が少なくて旅行者が少ないのかと思いきやTrueMoveは大混雑でした。

13時前のTrueMoveカウンター

おそらく、この時間帯に到着した便の客の出口にTrueMoveのカウンターが近かったのではないかと思います。

普通の旅行者は最初に目についたカウンターでSIMを調達しようとするのではないでしょうか。

まとめ

今回は久しぶりの海外SIMカードネタとしてバンコク・スワンナプーム国際空港の状況を紹介しました。

空港でプリペイドSIMを調達する場合に問題となるのは長蛇の列です。正直なところタイの3キャリアは値段の差も少なく、どこを選んでもそこそこ使えるはずです。

カウンターが空いているキャリアを選ぶか、DTACの自販機を使うのが正解だと思います。

次回はドンムアン国際空港の状況を紹介します。