タイでプリペイドSIMを使う その59: ドンムアン空港の状況 (2017年5月)

前回はバンコクのスワンナプーム国際空港でのSIMカード売り場の状況を紹介しました。

今回はバンコクのもう一つの国際空港・ドンムアン空港の状況を紹介します。一時期はドンムアン空港は国内線専用だったのですが、その後、LCC用の空港として国際線が復活しました。

LCCを使ってタイに行く方はドンムアン空港に到着することもあるかと思います。なお調査したのは国際線が発着するターミナル1です。

2017/08/02 更新

コメントで情報をいただいたの、記載を若干変更しました。

AISとDTACのキャリア直営ショップはターミナル1と2の間にあるそうです。

特定キャリア向けショップ

久しぶりにドンムアン空港に行ったのですが、各キャリア向けのショップはすぐに見つかりました。

到着ロビーに出て左側に3キャリア向けのショップが並んでいます。

キャリアのカウンター

色でわかるように手前からDTAC・AIS・TrueMoveです。

このときは夜の20時過ぎだったのですが、旅行者がほとんどおらず空港はガラガラでした。

そのため、店舗に近づくとがっつりと店員さんに絡まれしまい調査に支障をきたしてしまいました。

AIS

これがAISのカウンターです。AIS直営と言うよりも、どこかの業者に委託している感じでもあります。

AISのカウンター

AISで一押しだったのは、

  • 7日間 / データ 2.5GB / 通話・SMS 100B で299バーツ

というパッケージです。

これはTRAVELLER SIMとしてあらかじめ用意されているプランだと思います。

Enjoy BEST PRICE on BEST QUALITY NETWORK with Unlimited Data in Thailand

そのほかにスワンナプーム国際空港で見かけなかったプランとしては次のようなものがありました。

価格期間データ量通話
SMS
199B7日2GBなし
269B2GB100B
699B30日5GB不明

このほかにもプランはあるようでしたが、近づくと店員さんに絡まれるため調査できませんでした。

まお、スワンナプーム国際空港で見かけなかったサービスとして、モバイルルーターのレンタルというのもありました。

AISのモバイルルーター

レンタル期間は4日と7日でもちろんデータ通信が可能です。

複数人で旅行する場合はモバイルルーターもありかもしれません。

DTAC

DTACのカウンターでも押しているのは通常のHappy Tourist SIMでしたが、店員さんに声をかけるといろいろプランを出してくれるようです。

DTACのカウンター

店舗では次のような張り紙もありました。

DTACの張り紙

「Unlimited (無制限)」と記載されていますが、DTACの場合はあらかじめ決まっているのデータ量を超えると速度制限がかかります。

この張り紙には速度制限無しのでデータ量が記載されていないので、店員さんに確認する必要がありそうです。

TrueMove

TrueMoveの店舗はこちらです。ここは他社のロゴもなく直営店っぽいです。

TrueMoveのカウンター

TrueMoveで押しているのはやはりTourist SIMです。

TrueMoveの看板

価格期間データ量通話
SMS
Wi-Fi
199B7日3.5GB100Bあり
299B8日2.5GBなし不明
600B15日4GB100Bあり

199Bのプランはスワンナプーム空港ではなかったプランだと思います。

もちろんこれ以外のプランも店員さんに言えば出てくる感じでした。


キャリア縛りがないショップ

スワンナプーム空港には特定キャリア向けのカウンターしかなかったですが、ドンムアン空港には特定キャリアに縛られないショップがありました。

私が見つけたのは2カ所です。

一つ目は到着して到着ロビーに出て右側に出たところにあります。つまり3キャリアのカウンターがある反対側です。

ここは看板のカラーはDTACのブルーなのですが、TrueMoveも扱っているようです。

非キャリアショップ その1

ここは話を聞かなかったのですが、見た感じではTrueMoveとDTACの旅行者向けSIM(Tourist SIM)を取り扱っているようです。

キャリア以外のお店ではSIMカードだけを渡してくれてサポート無しということが多いのですが、ここは空港と言うこともあってサポートはあるのではないかと思います。

もう一店舗は到着ロビーに出て左側に進み、2階へあがるエスカレータ(階段だったかも)の前にあります。

非キャリアショップ その2

ここもメインはDTACですが、TrueMoveも扱っているようです。AISについてはわかりません。

キャリアの店舗を指さしつつ、ここの店員さんに「SIMは同じなの?」と効いたところ「Same! Same!」と帰ってきました。

ちなみにこの左隣のショップもSIMを取り扱っている感じです。

非キャリヤショップでSIMを買う場合は、SIM(プラン)の選択肢が少ないことが予想されます。

必要に応じて自分でTOP UPしてインターネットパッケージを追加していくというのが基本的な使い方になるのではないでしょうか。

まとめ

今回はちょっと内容がうすいですがバンコク・ドンムアン空港の様子を紹介しました。

ドンムアン空港にはキャリアショップだけでなく非キャリアのショップがあり、プリペイドSIMの入手性はかなり容易だと思います。キャリアショップではここで紹介した以外にもプランを用意していると思うので、店員さんに確認してみてください。

次回はバンコクスワンナプーム空港で1バーツでSIMを入手したことを紹介します。

『タイでプリペイドSIMを使う その59: ドンムアン空港の状況 (2017年5月)』へのコメント

  1. 名前:ウド男 投稿日:2017/07/30(日) 22:12:03 ID:7bf4d88a2 返信

    こんにちは。いつもSIM情報を参考にさせて頂いています。バンコク在住の者です。上記ドンムアン空港でのAISとDtacのお店は直営店ではない携帯ショップですね。両キャリアの直営店は、空港内の別の場所に存在します。少し判りにくい場所ですが、ドンムアン空港ターミナル1の到着口を出て左にまっすぐ進むと、ターミナル1と2の間の連絡通路上にAISとDtacの直営店がありますよ。
    おせっかいかも知れませんが、このサイトは本当に色々参考にさせてもらっているので、よろしければご参考頂ければ幸いです。

    • 名前:scratchpad 投稿日:2017/08/02(水) 23:20:30 ID:fa2cd9282 返信

      情報ありがとうございます。

      いただいた情報を元に若干記載を変更しました。
      ドンムアン空港にいったときにはだいぶ疲れていて、ダーミナル間まではチェックしませんでした。情報いただき助かりました。