モンゴルでプリペイドSIMを使う その3: Mobicomの初期設定

前回はウランバートルのノミンデパートでMobicomのプリペイドSIMカードを購入したことを紹介しました。

今回はこのプリペイドSIMカード使えるようにしたいと思います。

アクティベーション

Mobicomの店舗で購入したので、アクティベーションはMobicom店員さんがやってくれました。

ただ、SIMカードにはPINロックがかかっているので「0000」でロックを解除する必要があります。

電源をOFF・ONすると毎回PINロックが必要になりますので、「設定」→「セキュリティ」→「SIMカードのロック」などのメニューで解除しておくと良いと思います。

スマホがSIMカードを認識するとまもなくして次のようなSMSを受信します。

アクティベーション完了

続いて次のようなSMSも受信します。

アクティベーション完了

問題なのがこれが一体何を言っているのかわからないことです。

Google翻訳アプリには「モンゴル語」がありますが、このSMSについては全く翻訳できません。

どうも、このSMSのモンゴル語は、モンゴル語をアルファベットで記述した形式のようで、キルリ文字を使う本来のモンゴル語ではありません。そのためGoogle翻訳アプリでは翻訳できないようなのです。

とりあえず、アクティベーションは問題ないようなので気にしないことにしておきます。

TOP UP

前回紹介したように、私は通話・SMSのために2500ユニットを購入することをお願いしました。

どうもこの2500ユニットのTOP UPはお店の端末ではできないようで、店員さんが私のスマートフォンでTOP UP操作を行ってくれました。

従って、通話アプリの画面で店員さんにスマートフォンを渡すだけでOKなはずです。

自分でやる必要がある場合は、16桁のTOP UPコードがあると思いますので、通話アプリで「*212*」+「16桁のTOP UPコード」+「#」と入力して発信してください。

TOP UPに成功すると画面に何か出るのですが、店員さんが操作していたのでスクリーンショットがとれませんでした。

TOP UPしたあとにしばらくすると(3時間ぐらい経過していました)、次のようなSMSが来たのでこれがTOP UP完了のお知らせかもしれません。

TOP UP完了

3500.00Tというのが残高だと思います。

私は2500ユニットをTOP UPしたので、SIMカードの初期残高が1000ユニットあったのだと思われます。

データ通信の設定

スマートフォンでインターネットを利用するためにはデータ通信の設定を行う必要があります。

ここで行うべきは

  • インターネットパッケージ (データパッケージ)の購入
  • APNの設定

の2点です。

インターネットパッケージの購入

私の場合はプリペイドSIMカードを購入するときに、15日間 2.5GBのインターネットパッケージを11500MNTで購入しました。

このため店員さんがお店のコンピュータでこのインターネットパッケージを有効にしてくれたため、私は特に操作する必要はありませんでした。

自分でインターネットパッケージを購入する必要がある場合は、十分な金額をTOP UPした状態で、592にアクティベーションコードをSMSで送信すれば良いようです。

2017/10/01現在のインターネットパッケージとアクティベーションは次の通りです。

期間 データ量 4Gボーナス 価格(MNT) アクティベーション
コード
1日 600MB 600MB 1500 24
2日 1GB 1GB 2000 2
3日 1.5GB 1.5GB 3500 3
7日 3GB 3GB 7000 7
15日 5GB 5GB 11500 15
30日 3GB 3GB 16500 30

インターネットパッケージの購入に成功すると次のようなSMSが送られてきます。

インターネットパッケージの申し込み完了

ただし、私の場合は3時間後ぐらいに送られてきました。

モンゴル語でなんだかわかりませんが、「2.5GB」というキーワードもあるので、インターネットパッケージが有効になっているのだと思います。

APNの設定

インターネットパッケージを申し込んだらAPNの設定をしましょう。APNの設定を行わないとデータ通信はできません。

Androidにもよりますが「設定」→「モバイルネットワークの設定」→「アクセスポイント名」というメニュー項目から設定できます。

MobicomのAPN情報は次のとおりです。この情報に従って新規にAPNを作成して選択しておきます。

名前 mobicom (なんでもよい)
APN internet
ユーザ名 なし (空欄のまま)
パスワード なし (空欄のまま)

APN設定

この情報に従って新規にAPNを作成して選択しておきます。

APNが正しく設定できれば、ステータスバーのアンテナピクトに「LTE」や「3G」の文字が表示されるはずです。

日本を含む世界111ヶ国対応のクラウドWiFiルーター グローカルネット

言語の設定

ここまで受信したSMSからわかるようにmobicomのから送られてきた情報は全てモンゴル語です。

mobicomのWebサイトを見ると一応言語を英語に変更ができるようです。

Монголын анхны үүрэн холбооны оператор

言語の変更

この説明は「213」と書かれているのですが、説明を見ると「Pre-paid subscriber may change 212 dial service language」となっているので「212」に電話をしてみました。

「212」に電話すると自動音声案内が流れて「1」を選ぶと英語を選択したことになります、さらに確認の音声が流れるので「1」を入力すると確認完了です。

しかし、私の場合はこれをやってもモンゴル語のままでした。

今となっては「213」でもやるべきだったのかもしれませんが、「213」は未確認です。

まとめ

今回はモンゴルのMobicomのプリペイドSIMカードの初期設定を紹介しました。

最大の難関はモンゴル語ですが、TOP UPやインターネットパッケージの申し込みならなんとかなるという感じです。しかしプリペイドSIMカードになれていない場合はMobitelの店舗でやってもらった方が良いでしょう。

次回はMobicomのプリペイドSIMカードの使用した状況を紹介したいと思います。