中華フィットネストラッカー Makibes HR3で遊ぶ その1: 入手!

前回まではスピーカーフォンの紹介をしてきました。

今回からはフィットネストラッカーのレビューです。もちろん中華ガジェットになります。

今回使用するのはMakibesというメーカーのフィットネストラッカーです。

今回使用しているMakibes HR3は通販サイトのGeekBuyingから提供していただきました。

GeekBuyingではMakibes HR3は2018/06/24時点で19.99ドルで販売しています。

購入にトライしてみようという方は下記のページを参照してみてください。

今回は中国の通販サイトであるGeekBuyingの使い方について紹介します。 品ぞろえはGearBestに及ばない感じですが、サイトの作り・取扱商品を見るとGearBestの対抗馬となるサイトだと思います。中華タブレットや中華スマホを買うときには、GeekBuyingも確認してみるとよいでしょう。

フィットネストラッカーとは

フィットネストラッカーとは身に着けることにより歩数・睡眠時間などの日々の活動状況を記録するためのガジェットです。

アクティビティトラッカー・活動量計・スマートバンド等とも呼ばれます。

古くは歩数計(万歩計)というのがありましたが、近年はセンサーの進化やスマホとの連携などにより、身に着けているだけで様々なデータが取得できます。

私はいくつかのフィットネストラッカーとスマートウォッチを使ってきましたが、活動状態を記録するにはフィットネストラッカーの方が便利です。

これまでレビューしたのはXiaomi Mi Band 3、Huawei Honor Band 3、そして、Makibes G03 Plusの3機種です。

今回はBanggood.comのアクティビティトラッカーのMi Band 2を購入したことを紹介します。中華通販サイトは送料無料の場合は配達に時間がかかることもあるのですが、今回は10日ほどで入手することができました。入手したMi Band 2はシンプルなデザインで区政のない感じです。
今回は海外通販のGearBestからHuaweiのフィットネストラッカーHonor Band 3を購入したことを紹介します。シンガポール経由の配送ですが1週間程度で届き、製品の作りも良さそうです。あとはちゃんと英語で使えるか、というところが気になります。
今回は海外通販GeekBuyingから提供していただいたフィットネストラッカーMakibes G03 Plusを紹介します。Makibesの製品を入手するのは初めてですが、パッケージ・本体共に作りは悪くありません。これで使い勝手が良ければ価格が安いのでかなり魅力的な選択肢になりそうです。

ちなみに私はHuawei Honor Band 3を愛用しています。

Makibes HR3を入手!

今回は海外通販のGeekBuyingからMakibesのフィットネストラッカーのレビューの声をかけていただき、製品を送ってもらいました。

MakibesのフィットネストラッカーはMakibes G03 Plusに続いて2機種目です。

MAkibes G03 Plusは機能を詰め込みすぎて逆に使いにくいという残念な製品でした。

今回のMakibes HR3はシンプルな製品なので、使い勝手がどうか楽しみなところです。

下記がMakibesのオフィシャルサイトです。

Makibes began with a mission to create high quality wearables designed solely to meet the demanding needs of those looking to enhance their real life experience...

今回紹介するMakibes HR3のオフィシャルサイトは下記になります。

このMakibes HR3とといま私が使っているHuawei Honor Band 3と比較すると次のようになります。

Makibes HR3 Huawei Honor Band 3
サイズ (センサー部) 18×47×10mm (実測) 16.3×43×10.3mm
サイズ(バンド) 270mm (実測) 210mm
重さ 25g 18g
バッテリー 通常利用 7日 スタンバイ 30日
ディスプレイ 0.96インチ カラーTFT OLED
通信インターフェース Bluetooth Bluetooth
GPS なし なし
防水 あり あり
測定項目 歩数、心拍、睡眠 歩数、心拍、睡眠
その他の機能 電話通知、メッセージ通知、アラーム 電話通知、メッセージ通知、アラーム

若干Makibes HR3の方が大きいものの、スペック的にはかなり似ている製品と言えそうです。

Makibes HR3のパッケージ

それではGeekBuyingから入手したMakibes G03 Plusの紹介をしていきます。

まずはパッケージです。

黒い正方形のボックスにシルバーでMakibesのロゴが書かれているシンプルなものです。

Makibes HR3のパッケージ

底面はCE等の規格類のロゴが左下に記載されていて、中央には「Always-on Heart Rate」と記載されています。

心拍数の測定がこの製品のアピールポイントであることがわかります。

Makibes HR3のパッケージ 底面

側面にはバーコードのシールが貼られています。

Makibes HR3のパッケージのシール

なんとなく、心拍数が測れること、Bluetoothが利用できること、アプリが多言語に対応していることなどが読み取れます。

パッケージの内容

気になるパッケージの内容を紹介してきます。

内容物はシンプルにMakibes HR3本体と取扱説明書のみです。

内容物一覧

今まで使っていたフィットネストラッカーでは必ず充電アダプタがついてきたのですが、このMakibes HR3にはついてきません。

気になる充電の方法については後ほど紹介します。

本体の様子

それではMakibes HR3本体の様子です。

入手時にはディスプレイには保護フィルムがついていました、この写真を撮ったときには外してあります。

ディスプレイ面はわずかな曲線があります。ディスプレイの下側には見にくいですがタッチセンサーがあることがわかります。

Makibes HR3本体 正面

側面にはボタンも何もありません。反対側側面も同様です。

Makibes HR3本体 側面

裏側はセンサー面になっています。中央が心拍数を計測するセンサーです。

Makibes HR3本体 センサー部

バンドはシリコンラバーになっています。

バンドの装着する方法は、普通の腕時計と同様に穴にピンを通して固定する方法です。

Makibes HR3本体 バンド

XiaomiのMi Band 2やHuawei Honor Band 3では、バンドに空いている穴に突起をはめて固定する方法でした。しかし、この固定方法は不意に外れてしまい、紛失の原因になります。

私としてはバンドの止め方はMakibes HR3の腕時計方式が良いと思っています。

重さを量ってみるとスペック通りの25グラムでした。

Makibes HR3本体 重さ

充電方法

Makibes HR3の充電方法については購入時に貼られている保護シールに書いてあります。

充電方法

バンドをセンサー部から外すと充電用のコネクタが出てくるということです。

実際はずそうと思うとかなり固くてそう簡単に取り外せません。まっすぐ引っ張って抜くのはほぼ不可能で、結局この図の通りに片方に折り曲げるようにすると外すことができました。

バンドを外した状態

完全にバンドを取り外したのが下の写真です。出てきたのはUSBコネクタに差す端子です。

充電のための端子

この部分をそのままUSBチャージャーに挿入すれば充電することができます。

USBチャージャーに接続した状態

多くのフィットネストラッカーは充電するために専用のアダプタが必要です。普段ならばこれでも問題ないのですが、旅行などで長期間の外出するときには充電用のアダプタを持ちあるかなければいけません。

Makibes HR3のように直接USBコネクタにさせる方式であればアダプタを持ち歩く必要もなく便利だと思います。

取扱説明書

取扱説明書は英語のみです。「IV Device Features」と「V APP Features」は文字ばかりでちょっと理解しにくいかもしれません。

取扱説明書 1

取扱説明書 2

Huawei Honor Band 3との比較

私が普段使っているフィットネストラッカーであるHuawei Honor Band 3と比較してみます。

左側はHuawei Honor Band 3で右側がMakibes HR3です。若干Makibes HR3の方がセンサー部が大きめですが、ほぼ同じようなサイズです。

Huawei Honor Band 3との比較 側面

正面から比較してもほぼサイズは同じです。

Huawei Honor Band 3との比較 正面

これだとHuawei Honor Band 3から違和感なく移行できそうです。

まとめ

今回は海外通販GeekBuyingから提供していただいたフィットネストラッカーMakibes HR3を紹介しました。

Makibes HR3はコンパクトでタッチセンサーが1個あるだけといういうシンプルな製品です。フィットネストラッカーとしてはシンプルな方が使いやすいことも多いので期待したいところです。

次回はスマートフォンアプリをいれてセットアップしたいと思います。