中華スマホP8 miniで遊ぶ その2: 初期状態のチェック

前回はElephone P8 miniを入手したことを紹介しました。

今回はいよいよP8 miniに電源を投入したいと思います。

電源オン&再初期化

初期設定はSIMなしでもできます。今回はSIMを入れずに起動してみました。

電源を入れると中央にElephoneのロゴが表示されます。最初は白色のシンプルなロゴでその後カラーのアニメーションになります。

Elephoneのロゴ

ロゴ表示が終わると初期設定・・・と思いきや待ち受け画面(ロック画面)となりました。

ロック画面

今回はGeekBuyingからレビュー用のサンプルとしてもらったので初期設定済みだったようです。新品を買うとこのようなことはないと思いますが、サンプル品としてはよくあることです。

上スワイプでロック画面が解除できますので、「Settings」→「Backup & reset」→「Factory data reset」を選択します。

初期化

あとは確認出るので「REESET PHONE」→「ERASE EVERYTHING」と選択すれば再初期化が実行されます。

初期設定

再初期化するとP8 miniは再起動します。これで全てのデータが消去されて、初期設定画面が開始されるはず・・・と思ったらいきなりホーム画面になりました。

正確にはホーム画面上にGoogle位置サービスを有効にするかどうかという質問がオーバレイして表示されます。

Google位置サービスの設定

ここは有効にするなら「Agree」を無効にするなら「Disagree」を選択します。

これでホーム画面が表示されます。

ホーム画面

どうもP8 miniにはNexusやXiaomiにあるような初期設定画面(初回起動時にWi-Fi情報やアカウント情報を順々に設定させていく画面)はないようです。これは驚きました。

初めてのスマホがP8 miniな人は何を設定したらよいかわからないかもしれません・・・

気を取り直して初期設定を手動でしていきます。

なお、ホーム画面を左にスワイプすると「Settings」というアイコンがあるので、それを利用して設定メニュー(Settings)に入ります。また、画面上部を下スワイプ2回しても「Settings」アイコンは表示されます。

言語

最初は言語設定です。

設定メニューから「Language & input」を選択します。

言語設定メニュー

つづいて「Languages」を選択します。

Languagesを選択

「Add a language」を選択します。

Add a languageを選択

下にスクロールしていくと「日本語」があるのでこれを選択します。

日本語を選択

これで言語一覧に日本語が追加されます。あとは日本語の右側の「=」アイコンを上に引き上げて日本語を一番上にすれば完了です。

日本語を上位へ

Wi-Fi

これは簡単です。

設定メニューから「Wi-Fi」を選択します。

Wi-Fi設定を選択

デフォルトではWi-FiがOFFなのでONにすればアクセスポイントが見つかるので、自分のアクセスポイントを選択して接続します。

Wi-FiをONにしてアクセスポイントを選択

なお5GHzは利用できますが、11acには対応していないので通信速度は速くありません。

5GHzを使用した状態

日時と時刻

SIMカードを挿入していれば自動で設定されると思いますが、Wi-Fiのみの時は自分で設定しておきます。

設定メニューから「日時と時刻」を選択します。

日付と時刻を選択

「タイムゾーンの自動設定」をいったんオフにしてからタイムゾーンを日本標準時にしておきます。

タイムゾーンの自動設定をオフにしてタイムゾーンを手動選択

Wi-Fiにつながっていればこれで時間が合うはずです。一度時間があったら「タイムゾーンの自動設定」を再びオンにしておきます。

Googleアカウント

Gogoleアカウントの設定は「設定」→「アカウント」です。

アカウントを選択

まず「アカウントの追加」を選択します。

アカウントを追加

「Google」を選択します。

Googleを選択

これでGoogleアカウントの設定に入ります。まずはメールアドレスを入力します。

メールアドレスの入力

パスワードを入力します。

パスワードを入力

二段階認証を設定している場合は認証コードを入力します。

認証コードを入力

利用規約とプライバシーポリシーを確認の上、同意します。

利用規約に同意

Googleサービスの設定を確認して設定を終了します。

Googleサービスの設定

初期状態

初期状態を確認してみます。

OSの状態

設定から「端末情報」でOSの状態などを確認できます。

Androidバージョンは「7.0」で、ビルド番号は「Elephone_P8_Mini_20170526」となっていました。

端末の状態

内蔵ストレージの状態

設定から「ストレージ」で確認できます。

64MBモデルなのでかなり余裕があります。ストレージとしては53.6MB使用可能で、初期状態では400MBも使用されていません。

内部ストレージの状態

ELE OS!?

ここまでP8 minの状態を見てきましたが、ちょっと引っかかるものがあります。

というのも、GUIが素のAndroid (つまりAOSP)そのものに見えると言うことです。

もちろん、余計なものが入っていなくて、これはこれでありがたいのですが、P8 miniのサイトを見るとELE OS 1.0という独自GUIを搭載すると記載されています。

ELE OS

これはどう見ても私の入手しているP8 miniとは違います。

私のP8 miniが「Engineer Sample」だからかと思い、Elephoneのフォーラムを検索してみると・・同様の状況の方がいるようです。

No ELE OS 1.0 on my new Elephone P8 Mini - After-sales service - Elephone forum,Elephone service,Elephone BBS of P8000,P9000,S3
No ELE OS 1.0 on my new Elephone P8 Mini ,Elephone forum,Elephone service,Elephone BBS of P8000,P9000,S3

どうも初期ロットはELE OSではなく素のAndroidを書き込んで出荷しているようです。そのうちアップデートがあってELE OSになるのかもしれません。

まとめ

今回はElephone P8 miniの初期設定と初期状態を紹介しました。

私が入手したP8 miniは独自ROMのELE OSではなく素のAndoridとなっていましたが、これは初期ロットのP8 miniに共通の現象のようです。しかし、素のAndroidのおかげか最初から日本語に対応しており、逆に使いやすいかもしれません。

次回はこのP8 miniでベンチマークソフトを動かしてみたいと思います。