中華スマホP8 miniで遊ぶ その3: ベンチマークを実行!

前回はElephone P8 miniの初期設定と初期状態を紹介しました。

P8 miniは最初からGoogle Playが使える状態なのでベンチマークソフトをインストールして実行してみたいと思います。

今回使用しているElephone P8 miniは通販サイトのGeekBuyingから提供していただきました。

GeekBuyingではElephone P8 miniは2017/07/16時点で135.99ドルで販売していますので、購入にトライしようと思う方は下記サイトを参照してみてください。

今回は中国の通販サイトであるGeekBuyingの使い方について紹介します。 品ぞろえはGearBestに及ばない感じですが、サイトの作り・取扱商品を見るとGearBestの対抗馬となるサイトだと思います。中華タブレットや中華スマホを買うときには、GeekBuyingも確認してみるとよいでしょう。

このスマホはクーポン・フラッシュセール対象となることも多いので、購入前にはクーポン・セール情報を忘れずにチェックしましょう!

このページではGeekBuyingのマーケティング担当者などから紹介があったセール情報・クーポン情報のうち、私が面白いと思ったものを記載してみます。 情報が入ったら随時更新するようにしてきます。

Antutuベンチマーク

AntutuベンチマークはAndroidでは定番のベンチマークソフトです。3Dの性能を見るためAntutu 3DBenchもインストール済みです。

AnTuTu Benchmark
AnTuTu Benchmark
Developer: AnTuTu
Price: Free
Antutu 3DBench
Antutu 3DBench
Developer: AnTuTu
Price: Free

Antutuベンチマークソフトを実行した結果は下記の通りです。ベンチマーク実施時は充電はせずにバッテリで駆動している状態です。

Antutuベンチマーク

私がこれまで使ってきたスマホと比べると次の通りです。

メーカーElephoneXiaomiXiaomiXiaomiXiaomi
モデルP8 miniMi Pad 3Mi5sRedmi Note 4Redmi Note 3 Pro
カテゴリ5インチ
スマホ
7.9インチ
タブレット
5.15インチ
スマホ
5.5インチ
スマホ
5.5インチ
スマホ
CPUMediaTek
MT6750T
MediaTek
MTK8176
Qualcomm
Snapdragon
821
MediaTek
Helio X20
Qualcomm
Snapdragon
650
トータル39607801291466508491776188
3D720715002593291625518398
UX1647231846465533643626366
CPU1220826538302412549424686
RAM372067431052767326738

1世代前のハイエンドのMi5s のスコアのおよそ4分の1、ミドルレンジのRedmi Note 4の約半分とかなり厳しいスコアとなりました。

特に、グラフィクス系(3DとUX)で大きく差がついています。

P8 miniでグラフィクスを駆使するゲームを楽しむのは厳しいでしょう。

また、Antutuベンチマークではシステム情報を表示することができますので紹介しておきます。

基本情報

ストレージ

CPU

ディスプレイ

カメラ

バッテリー

OS

機能

ネットワーク

センサー

センサー類では一部のセンサーが省略(サポートしない)となっています。

以前使用していたRedmi Note 4もこんな感じだったので、特殊な用途に使わなければ問題ないのだと思います。

GeekBench 4

CPUコアの性能を測定するベンチマークとしてGeekBench 4を実行してみました。

Geekbench 4
Geekbench 4
Developer: Primate Labs Inc.
Price: Free

結果は次の通りです。

GeekBenchの結果

もう少しこのスコアをブレークダウンした内容は次のとおりです。

Single core

Multi Core

これだけだとわからないので手持ちのスマホ・タブレットのスコアと比較してみます。

メーカーElephoneXiaomiXiaomiXiaomi
モデルP8 miniMi Pad 3Mi5sRedmi Note 4
カテゴリ5インチ
スマホ
7.9インチ
タブレット
5.15インチ
スマホ
5.5インチ
スマホ
CPUMediaTek
MT6750T
MediaTek
MTK8176
Qualcomm
Snapdragon
821
MediaTek
Helio X20
Single-CoreTotal590159616901544
Crypto44810287361106
Integer647169914711505
Floating Point411132515831220
Memory764191525842226
Multi-CoreTotal1909336642164669
Crypto2188346320144392
Integer2597445745805925
Floating Point1411258047084471
Memory1039206432132211

予想はしていましたがこのベンチマークもMi5sやRedmi Note 4に惨敗です。

マルチコアだと若干差は縮まっていますが、それでもかなり処理能力に差があると理解した方がよいでしょう。

PC Mark

次にWindowsで有名なベンチマークソフトのAndroid版を試してみたいと思います。

PCMark for Android Benchmark
PCMark for Android Benchmark
Developer: UL LLC
Price: Free

テストには「Work 2.0」「Computer Vision」「Storage」の3つがあります。「Work」というテストもありますが、これは「Work 2.0」の前身のようです。

結果のスクリーンショットは省略して、手持ちのデバイスとの比較を紹介します。

メーカーElephoneXiaomiXiaomiXiaomi
モデルP8 miniMi Pad 3Mi5sRedmi Note 4
カテゴリ5インチ
スマホ
7.9インチ
タブレット
5.15インチ
スマホ
5.5インチ
スマホ
CPUMediaTek
MT6750T
MediaTek
MTK8176
Qualcomm
Snapdragon
821
MediaTek
Helio X20
Work 2.03088454260774633
Computer
Vision
1612274433062567
Storage2759392928944146
Work41695765完走せず5839

Work 2.0はWebブラウジングやドキュメント閲覧時のパフォーマンスです。Mi Pad 3とRedmi Note 4の3分の2、Mi5sの半分という感じです。

Cmputer Visionは画像処理などのパフォーマンスです。こちらも同様にMi Pad 3とRedmi Note 4の3分の2、Mi5sの半分という感じでしょうか。

Storageについては意外と検討しています。

GeekBenchのようなCPU能力を比較するベンチマークでは、Mi Pad 3やRedmi Note 4の3分の1という大差がつきましたが、PC Markの様な実際のアプリの動作を考慮したベンチマークではスコアの差が小さくなった点には注意しておきたいところです。

3D Mark – Ice Storm Extreme

最後にゲーム向けのベンチマークである3D Markから「Ice Storm Extream」を実行してみます。

3DMark - The Gamer's Benchmark
3DMark - The Gamer's Benchmark
Developer: UL LLC
Price: Free

Ice Storm Extremeを選択したのはこのテストがローコスト向けのAndroidスマホをカバーしているからです。

このベンチマークもスクリーンショットは省略して、手持ちのデバイスとの比較を紹介します。

メーカーElephoneXiaomiXiaomi
モデルP8 miniMi5sRedmi Note 4
カテゴリ5インチ
スマホ
5.15インチ
スマホ
5.5インチ
スマホ
CPUMediaTek
MT6750T
Qualcomm
Snapdragon
821
MediaTek
Helio X20
Ice Storm Extreme5609128087375
Graphics score5209134036934
Physics score7668110849484
Graphics test 1(fps)29.259.535.8
Graphics test 2(fps)18.557.126
Physics test(fps)24.335.230.1
OS Version7.07.1.26.0

さすがにハイエンドのMi5sにはかないませんが、意外ととRedmi Note 4に近い値(全体的に70~80%)となりました。

正直なところもっと差がつくと思っていました。

3Dグラフィクスの描写にはOpenGL ESを使っているはずなのですが、このOpenGL ESに最適化されているのかもしれません。

まとめ

今回はElephone P8 miniでベンチマークソフトを動かして手持ちの製品と比較してみました。

P8 miniが搭載しているMT6750Tはミドルレンジ向けのCPUということもあってその位置づけに相応のスコアとなってしまいました。このスコアを見る限りサクサクという動作は厳しいかと思いきや、実際の動作はまずまずです。実動作では4GBというRAMが効いているのかもしれません。

次回はP8 miniのカメラ機能を調べてみます。