中華タブレットChuwi Vi10 Plusで遊ぶ その6: USBの使い方

USB

前回は中華タブレットChuwi Vi10 Plusで試行錯誤して分かったRemix OS使い方を紹介しました。

今回はChuwi Vi10 Plusについている二つのUSBコネクタについて紹介したいと思います。

今回使用しているChuwi Vi10 Plusは通販サイトのGearBestから提供していただきました。

GearBestではChuwi Vi10 Plusは2017/03/19時点で18260円で販売していますので、購入にトライしようと思う方は下記サイトを参照してみてください。

今回は香港・中国の通販サイトであるGearBestの使い方について紹介します。 GearBestはAliExpressよりもサイトが使いやすく簡単な英語がわかれば注文することができます。中国ブランドのタブレットやスマホを安く入手したい場合は有力な選択肢となるでしょう。

Chuwi Vi10 PlusのUSBコネクタ

Chuwi Vi10 Plusの側面には二つのUSBコネクタがあります。

  • microUSB
  • USB Type-C

の二つです。

二つのUSBコネクタ

普通のタブレットではUSB端子はmicroUSBかUSB Type-Cのどちらか一つで、その一つを充電・PCへの接続・USBデバイス(マウス・メモリ等)など複数の用途に使います。

しかし二つ(しかも形が違う)のUSBコネクタがある場合は、どちらを何に使うのでしょうか。

今回の記事ではこれを調べようというわけです。

microUSBコネクタ

まずはmicroUSBコネクタです。

結論からいうとこのコネクタはUSBデバイスをつなげるためのものです。

というのも、このコネクタにmicroUSBケーブルを差し、接続してみると

  • USB ACアダプタに接続 → 充電が行われない
  • PCに接続 → PCは一切反応しない

という状況でなにも使えないのです。

そこで、USB OTGケーブル(USBホストケーブル)を介して、SDカードリーダを接続してみると、SDカードを認識しました。

USB経由でSDカードを認識した状態

この画面では、キヤノンのデジカメのSDカードを読み取ったので「CANON_DC」と表示されています。

そのほかにもUSBマウスを接続してみたところ、こちらも認識しました。試していませんがたぶんキーボードも大丈夫だと思います。

結局microUSBコネクタはUSBホストケーブルを介してUSBデバイス使うためのものでした。

なお、USBホストケーブルというのは下記のようなもので、片方がmicroUSBオス、反対がUSB Type-Aメスになっているケーブルです。

USBホストケーブル

今回のChuwi Vi10 PlusにはUSBホストケーブルはついてきませんので、Amazon・楽天等で購入する必要があります。

USB Type-Cコネクタ

続いてUSB Type-Cコネクタです。

Chuwi Vi10 PlusにはUSB Type-Cケーブルが付属しますので、接続にはこのケーブルを使ってみます。

USB ACアダプタとの接続

まずUSB ACアダプタに接続してみると・・・充電しました。充電にはUSB Type-Cを使うことになります。

充電中

PCとの接続

次にPCに接続してみます。するとChuwi Vi10 Plusには「メディアデバイスとして接続」という通知が表示されます。

PC接続時のChuwi Vi10 Plusの通知

そしてPCのほうでは「CW-Vi10 Plus」として認識されました。

PCがChuwi Vi10 Plusを認識した状態

これでPCからChuwi Vi10 Plusの内部ストレージにアクセスすことができるようになりました。また充電も開始しました。

PCとの接続(USBデバッグ)

いったん、PCとの接続を終了して、Chuwi Vi10 Plusの「設定」→「タブレット情報」で「ビルド番号」を連打して「開発者向けオプション」を有効にします。

ビルド番号を連打

そして「開発者向けオプション」の「USBデバッグ」をオンにします。

USBデバッグ機能

この状態でPCに接続してみると、Chuwi Vi10 Plusには「USBデバッグが接続されました」という通知が表示されます。

USBデバッグ接続時のChuwi Vi10 Plusの通知

この状態でPC側でadbコマンドを実行するとChuwi Vi10 Plusに接続することができます。

adbコマンドの実行

USBデバイスとの接続

続いて下の写真のようなUSB Type Cハブを使ってみます。

USB Type-Cハブ

USB Type-Cハブを使うと、通常のUSBデバイスを接続することができます。

この状態でSDカードリーダを接続してみます。しかし何も反応しません。USBマウスを接続しても同様に反応しません。

Chuwi Vi10 PlusのUSB Type-C端子はUSBホスト機能は持たないようです。

一覧表

USBコネクタと機能の関係を表にしてみます。

充電 PC接続 デバッグ
(adb)
ホスト機能
(USBデバイス接続)
microUSB
コネクタ

×

×

×

USB Type-C
コネクタ

×

こう見るとUSBホストケーブル本来は同梱すべきだったと思います。

2017/03/19時点での最安値はGearBestの18260円!
2017/03/19時点での最安値はGearBetの3032円!

まとめ

今回は中華タブレットChuwi Vi10 Plusの二つのUSBコネクタの働きを調べてみました。

二つのUSBコネクタの役割は完全に分かれており、microUSBコネクタはホスト機能としてしか使用できないことが分かりました。それなのにUSBホストケーブルが同梱していないところは不親切だと思います。

次回はRemix OSでマウスとキーボードを使ってみたいと思います。