中華スマホRedmi Note 4で遊ぶ その6: グローバル版ROMの初期状態

調査

前回は中国版ROMだったRedmi Note 4にグローバル版ROMを書き込んでみました。

今回はこのグローバル版ROMの初期設定をしてみたいと思います。

中国版ROMの初期設定については下記を参照してください。ただ試した時の中国版ROMは「MIUI 7」だったので、MIUI 8となったグローバル版ROMとはバージョンが大きく違う点には注意してください。

今回はRedmi Note 4の初期状態を紹介します。これまでのところRedmi Note 3 Proと使用感はほぼ一緒という感じです。またROMの様子を見るとショップのカスタムROMではなく、中国向けの公式ROMが書き込まれているようです。

今回使用しているRedmi Note 4 (64GBモデル・シルバー)は海外通販サイトEverBuyingから提供していただきました。

EverBuyingでは、このスマホは2017/05/28現在は売り切れとなっています。

このモデルはGeekBuying209.99ドルで、TOPTOP200.99ドルで販売しています。

GeekBuyingでの購入にトライしようと思う方は下記ページを参照してみてください。

今回は中国の通販サイトであるGeekBuyingの使い方について紹介します。 品ぞろえはGearBestに及ばない感じですが、サイトの作り・取扱商品を見るとGearBestの対抗馬となるサイトだと思います。中華タブレットや中華スマホを買うときには、GeekBuyingも確認してみるとよいでしょう。

TOMTOPでの購入にトライしようと思う方は下記ページを参照してみてください。

今回は中国の通販サイトであるTOMTOPの使い方について紹介します。Webサイトも日本語化され、決済も日本円対応となっており、日本の消費者を取り込みたいという意欲を感じる作りです。スマホやタブレットなどの中華ガジェットを探すときにはTOMTOPも比較対象にするとよいでしょう。

初期設定

今回はSIMを挿入していない状態で初期設定を開始しました。

最初にMIUI 8であることをアピールしてくるので画面下のアイコンをタップして先に進みます。

MIUI 8の初期設定画面

最初に行うのは言語設定です。残念ながら日本語はないので「English (United Status)」を選択します。

言語の選択

次はロケール(地域設定)ですが「China」しか選択できません。

ロケールの選択

次はキーボードアプリの設定ですが、とりあえず「Google keyboard」としておきます。これは後でATOKなどの日本語のIMEをインストールする必要があります。

キーボードの選択

Wi-Fiの設定になりますので、アクセスポイント一覧から使用するアクセスポイントを選択します。

アクセスポイントの選択

アクセスポイントを選択したらパスワードを入力します。

アクセスポイントのパスワードを入力

アクセスポイントに接続すると「Connected」となるので先に進みます。

アクセスポイントとの接続完了

次は使用許諾とプライバシーポリシーです。確認して先に進みます。

使用許諾とプライバシーポリシーの同意

ここでSIMカードのチェックが行われて、SIMカードを挿入していないとSIMカードを挿入するように言われます。あとで挿入することにしてここは先に進みます。

SIMカードの挿入

次はGoogleアカウントの設定です。これは中国版ROMではなかった項目です。AndroidユーザはGoogleアカウントを持っていると思いますので「Yes」を選択します。

Googleアカウントの設定

Googleアカウントの設定は言語が英語の点を除けば普通のスマホと一緒です。最初にメールアドレスを入力します。

メールアドレスの入力

パスワードを入力します。

パスワードの入力

二段階認証を設定している場合は6桁のコードを入力します。

二段階認証コードの入力

認証に成功したら「ACCEPT」を選択します。

Googleの使用許諾

Googleのプライバシーポリシーを確認して「NEXT」を選択します。

Googleサービスの使用

これでGoogleアカウントの設定は完了で、ここからMiアカウントの設定になります。

とりあえずスマホを使うだけならMiアカウントはなくてもよいので今回は「Skip」を選択します。

Miアカウントの設定

Skipを選択すると次のようにメッセージがでるので「OK」を選択します。

Miアカウントの設定をスキップ

次は指紋認証の設定です。Redmi Note 3 Proでの経験から指紋認証は便利なのですが、環境設定中などは不要なのでとりあえず設定しないことにします。設定しない場合は「Skip this setup」を選択します。

指紋認証の設定

「アプリでの位置情報の利用」と「利用状況の収集」の許可が出ますのでとりあえず両方オフにしておきます。

位置情報と使用状況の収集

最後にテーマを選択して初期設定の完了です。

テーマの選択

これで初期設定が完了しました。

初期設定の完了

先に進もうとすると次のようなメッセージが表示されますので「ACCEPT」を選択しておきます。

Googleによるセキュリティチェック

これでホーム画面が表示されると思いきや、次のような警告が表示されました。

アプリのインストールをブロック

「FMラジオアプリ(?)がユーザ情報を収取するかもしれない」ということで、インストールが中断されたようです。FMラジオアプリはおそらくプリインストールのアプリだと思います。プリインストールアプリでこのような警告がでるのはさすがは中華スマホです。

ここは「OK」を選択しますが、私の環境では同じ警告が3回ぐらい表示されました。しつこく「OK」を選択していると先に進めました。

初期設定を終了するとホーム画面が表示されます。

ホーム画面

なお、この手順で設定すると指紋認証の設定はしていません。ロック画面になってしまったら上スワイプでロックを解除できます。

ロック画面

時刻の設定

SIMカードを挿入していな状態で初期設定すると時刻が1時間遅れていると思います(SIMカードを挿入しても遅れているかもしれません)。

これはタイムゾーンが中国になっているためです。

タイムゾーンを変更するためには歯車アイコン(Settings)を選択します。

Settingsを選択

設定画面に入ったらスクロールして「Additional settings」を選択します。

Additional Settingsを選択

「Additional settings」では「Date & time」を選択します。

Date & timeを選択

「Date & time」では「Automatic time zone」をオフにして「Select time zone」で「Tokyo (Japan Standard Time)」を選択します。ついでに時刻表示も24時間ひょじにしておきます(これは個人の好みによります)。

時刻設定を変更

画面構成

XiaomiのスマホはOSはAndroidなのですが、かなりカスタマイズしてMIUIという名称を付けています。

どのような感じなのかスクリーンショットで紹介しておきます。

Redmi Note 3 ProのMIUI画面を知りたい方・比較したい方は下記を参照してみてください。

今回はRedmi Note 3 Proの初期状態を紹介します。Redmi Note 3 Proで採用されいてるMIUIはかなり作り込まれており、Nexus5で標準のAndroidになれている身とすると逆にちょっと使いにくい気もします。また、16GBモデルは内蔵ストレージの状態がかなり厳しいのでできれば32GBがお勧めです。

ホーム画面

ホーム画面は時計が右上にあるほかはアプリのアイコンが並びます。

MIUIでは、通常のAndroidとは異なりホーム画面にアプリのアイコンがすべて並びます。つまり、アプリアイコンが一覧できるドロワー画面がないことになります。これはiPhoneと同じ構成です。

ホーム画面

Google Play Storeアイコンの右肩には数値が表示されていて、これは未読の通知があることを示しています。

また、アプリアイコンはグループ化できるので、画面がアイコンだらけになるのは避けることができます。初期状態では「Google」と「Tools」というグループがあり、これをタップするとアプリアイコンが表示されます。

グループ化されたアプリ

通知画面

何か通知がある場合には、画面上部から内側にスワイプインすると通知画面が表示されます。下記の画面の例ではアプリのアップデートがあることなどがが通知されています。

通知パネル

さらに通知画面の上部には各種設定のショートカットボタンが配置されています。

通知パネルのショートカットボタン

これは左右にスクロールすることができ、数えたところ合計で20個のボタンが配置されていました。

  1. モバイルデータのON/OFF
  2. Wi-FiのON/OFF
  3. LEDライトのON/OFF
  4. サイレントモードのON/OFF
  5. スクリーンショットの実行
  6. BluetoothのON/OFF
  7. 画面の明るさの自動調整のON/OFF
  8. フライトモードのON/OFF
  9. 画面のロック
  10. 画面の自動回転のON/OFF
  11. バイブレーションのON/OFF
  12. GPSのON/OFF
  13. 非通知モード(Do No Disturb)のON/OFF
  14. Mi Drop (Xiaomi端末間でのデータ交換機能)
  15. Wireless DisplayのON/OFF
  16. Hotspot(テザリング)のON/OFF
  17. 本読みモードのON/OFF
  18. 同期のON/OFF
  19. タッチボタンのON/OFF
  20. パフォーマンスモードのON/OFF

ちょっと多すぎ、整理されていないと感じるのは私だけでしょうか・・・

アプリ管理画面

ホーム画面で本体のメニューボタン(右側のタッチボタン)をタップするとアプリ管理画面になります。

この画面では動作中のアプリと空きメモリサイズがわかります。MIUI 7ではアプリアイコンが表示されるだけでしたが、MIUI 8では縮小画面が表示され実行しているアプリが分かりやすくなっています。

アプリ管理画面

この画面でアプリアイコンを上にスワイプするとそのアプリを終了してメモリを開放することができます。

逆に下にスワイプすると「Lock」「Info」のアイコンが表示されます。「Lock」を選択するとそのアプリが自動的に終了されないように保護することができます。この保護は同様の操作をすることで解除できます。

「Lock」と「Info」

アプリ管理画面の「×」をタップすると、保護されていないアプリ以外を一気に終了させ、メモリを開放することができます。

アプリの終了

なお、アプリ管理画面でアプリのアイコンをタッチするとそのアプリに切り替わります。

設定画面

設定画面は項目が結構多いです。2画面ちょっとありました。

MIUI 8の設定メニュー

「Additional Settings」を選択するとさらに設定項目が表示されます。

MIUI 8のAdditional settingsメニュー

初期状態

初期状態を確認してみます。

OSの状態

「Settings」から「About phone」でOSの状態などを確認できます。

初期状態ではベースとなるAndroidは「6.0」、MIUIのバージョンは「MIUI 8.0 Stable 8.0.3.0」と表示されました。

OSの状態

内蔵ストレージの状態

「Settings」→「Storage」で確認できます。

中国版ROMに比べると1GB程度空き容量が減っています。これはプリインストールアプリが異なるためだと思います。

内臓ストレージの状態

2018/02/10現在の最安値はTOMTOPの200.99ドル! 次点はGeekBuyingで209.99ドル!
2018/02/10現在は在庫はAmazonのみで24,475円!
2018/02/10現在の最安値はGeekBuyingで185.99ドル! 次点はGearBestの187.89ドル!

Redmi Note 4にはRAM 3GB/ROM 32GBのモデルが追加されました。ストレージは32GBあればそこそこ使えますので安いスマホ狙いの方にはおすすめです。

2018/02/10現在の在庫はTOMTOPのみで166.99ドル!
2018/02/10現在の在庫はGeekBuyingのみで価格は174.99ドル!
2018/02/10現在の最安値は159.99ドル! 次点はTOMTOPの166.99ドル!

まとめ

今回はグローバル版ROMを書き込んだRedmi Note 4の初期状態を紹介しました。

入手時に書き込まれていた中国版とは見た目が結構違うところがあるのですが、入手時の中国版がMIUI 7だったためです。グローバル版だけあって中国語が表示されることありません。カスタムROMが出回るまではグローバル版のROMが本命といえるでしょう。

次回は再度ベンチマークを実行してみたいと思います。