タイでプリペイドSIMを使う その47: TrueMoveの通信速度

バンコク

前回はタイで購入しTrueMoveのプリペイドSIMカードを使用できるようにしました。

今回は気になる通信速度を紹介したいと思います。

2017/08/27 追記

2017年8月の情報に基づいてTrueMoveの情報をアップデートしました。かなり詳細に記載しましたのでぜひご覧ください。!

今回は2017年8月時点でのTrueMoveのプリペイドSIMカードの使用方法をまとめます。現時点で調べられた内容はすべて盛り込んだつもりです。このページをご覧頂けば、タイでTrueMoveのプリペイドSIMカードを使って過ごせるはずです。

BTS プロンポン駅付近

プリペイドSIMカードを購入した後にすぐに測定しみました。

まずは3Gでの通信速度です。

3Gでの通信速度

つづいてLTEの通信速度です。

LTEでの通信速度

上り・下りの両方でLTEのほうが早くなっています。特にのぼりで3倍以上早くなっています。

BTS ナナ駅付近

夜中に測定したのですが、ナナ駅付近は繁華街ということもあり、電波的には混んでいたかもしれません。

今回もまずは3Gでの通信速度です。

3Gでの通信速度

続いてLTEでの通信速度です。なおこの時はアンテナアイコンがフルになっていませんでした。

LTEでの通信速度

プロンポン駅での測定に比べ下り速度は低下していますがこれは周囲の環境によるものと思います。同じ場所で3GとLTEを比較するとLTEのほうが明らかにスピードが出ています。また、PINGの値が半分以下になっている点も見逃せません。

スワンナプーム国際空港

タイを離れる前にスワンナプーム国際空港で測定しました。

2回測定しましたがこの時は両方ともLTEです。

LTEでの通信速度

LTEでの通信速度

空港は玄関口ということもあるのか、各社ともネットワークが強化されていてスピードが出やすい気がします。これくらいの通信速度が出ていればストレスなく利用できると思います。

まとめ

今回はタイのTrueMoveのプリペイドSIMカードを利用した際の通信速度を紹介しました。

TrueMoveでは3GもLTEも安定して通信できている気がします。TrueMoveは地方は弱いという話もありますが、バンコク市内に滞在するのならばTrueMoveは結構良いかもしれません。

次回はTrueMoveのプリペイドSIMカードの使い方を紹介します。