マレーシアでプリペイドSIMを使う その2: プリペイドSIMカードを購入!

クアラルンプール

前回はマレーシアのプリペイドSIMカード事情を調べてみました。今回はいよいよ現地で購入です。

今回は空路でクアラルンプール国際空港(KLIA)に入りました。これは一般的なルートだと思います。

クアラルンプール国際空港

飛行機を降りて入国審査に向かうとうわさどおり、イミグレーションの手前にプリペイドSIMを販売しているカウンターがありました。確かMAXIS, DiGi, CELLCOMだったと思います。

支払い方法を尋ねたところ、現金のみでなおかつマレーシアリンギのみの取り扱いと言われました(米ドルも不可)。ここで買っても良かったのですが、客が多くいて時間がかかりそうなのと、手持ちのマレーシアリンギがなかったので今回はパスすることにしました(近くにATMはあります)。

イミグレーションと税関を抜けて到着ロビーに出ると、右に少し言ったところにMAXIS(HotLink)のカウンターがあります。私の場合は電車(KLIA Express)の出発時間が近づいてきたので、ここでも購入しませんでした。

しかし、このMAXISのカウンターにはとても重要なアイテムが置いてあります。それは日本語のHotLinkのガイドです。時間があればこのカウンターでプリペイドSIMを購入するのがよさそうですが、時間がない場合にもこの日本語ガイドは入手しておきましょう。

image

このガイドのサイズはパスポートより一回り小さいぐらいです。

KLセントラル駅

結局、KLIA ExpressでKLセントラル駅に到着し、一般列車(KTMコミューター等)のチケット売り場に抜ける道のところで両替(割とレートが良かった)して、さらに進むとMAXIS(HotLink)のお店がありました。

空港で日本語のガイドを入手していたこともあって、今回はここでMAXIS(HotLink)のプリペイドSIMカードを購入することにしました。

プリペイドSIMカードの購入

MAXIS(HotLink)のお店で店員のお兄さんに

  • プリペイドSIMカードが欲しいこと
  • スマートフォンを持っていること
  • インターネットが使いたいこと

を伝えると、紹介してくれたのがこのプリペイドSIMカードでした(英語が通じます)。

image

image

価格は5リンギ(約150円)。購入にはパスポートが必要です。SIMカードのサイズは通常サイズですがお願いすれば店員さんがマイクロSIMサイズにカットして渡してくれます。

ただし初期残高は0円のため、トップアップが必要です。これもお店で言えばトップアップカードを売ってくれます。店員には20リンギぐらいをすすめられますが、私は2日間という短期滞在なので5リンギだけお願いしました(1日2リンギ100MBのデータパッケージを2回購入予定だったので)。

渡してもらったトップアップカードはこんな紙切れのようなものでした。

image

まとめ

今回はKLセントラル駅のMAXIS(HotLink)のお店で5リンギのプリペイドSIMカードと5リンギのトップアップカードを購入しました。

これでMAXIS(HotLink)のお店でするべき手続きは終了です。お店ではこの辺までしか手伝ってくれないので、あとは自力でアクティベートしてインターネットパッケージを申し込む必要があります。

次回は今回購入したプリペイドSIMカードをアクティベートします。