ドイツでプリペイドSIMを使う その17: Lycamobileのステータス確認と通信速度

ブレーメン

前回はドイツのLycamobileのプリペイドSIMカードでデータ通信ができるようになるまでを紹介しました。

今回はこのプリペイドSIMカードのステータス確認方法と通信速度について紹介します。

自分の電話番号確認

プリペイドSIMカードによってスマートフォンが電話番号を認識する場合(設定メニューの端末の状態で確認できる場合)と、認識しない場合があります。

LycamobileのプリペイドSIMカードの場合は認識しませんでした。「設定」→「端末情報」→「端末の状態」を確認すると電話番号は「+4900000000000」となってしまっています。

端末の状態

LycamobileのプリペイドSIMカードで自分の電話番号を確認する方法は、「*132#」に発信することによって行います。この番号に発信すると、画面に自分の電話番号が表示されます。

電話番号

残高確認

残高確認は「*131#」に発信することによって行います。この番号に発信すると画面に残高が表示されます。

残高確認

この画面では残高が60セント(0.6ユーロ)になっています。これは初期残高7.5ユーロだったところに、6.9ユーロのインターネットパッケージを申し込んだからです。

インターネットパッケージの有効期限&残量確認

インターネットパッケージの残量と有効期限の確認は、「*137#」に発信することによって行います。こちらも画面に表示されます。

有効期限とデータ残量

上記の例では、500MBのインターネットパッケージを購入していて、あと395.92MBの通信ができるとなっています。また、このインターネットパッケージの有効期限は2014/09/15になります。

データ通信速度

データ通信速度はspeednet.netというソフトで測定を行いました。

今回はプリペイドSIMカードを購入したのが帰国の数時間前だったので、データ通信速度の測定はフランクフルト空港でのみしか行えませんでした。

測定は3回行い、次のようになりました。

データ通信速度 測定結果 1回目

データ通信速度 測定結果 2回目

データ通信速度 測定結果 3回目

速度の違いはありますが、傾向として明らかにアップロードが遅いです。

ダウンロードも3Mbps程度とあまり早くありませんが、動画でも見ない限り我慢できる範囲だと思います。しかし、アップロードが200Kbps程度というのは3Gとしてはかなり物足りないところです。

おそらく、今回購入した500MBのインターネットパッケージだと速度制限があるか、LycamobileのプリペイドSIMカード自体に速度制限があるのかもしれません。

メール送信やSNSへの写真投稿ぐらいなら気にならないかもしれませんが、LINEやIP電話での通話が必須の方は注意したほうがよいかもしれません。

まとめ

今回はドイツのLycamobileのプリペイドSIMカードでのステータス確認方法と通信速度を紹介しました。

ステータス確認などは、マニュアルに書いてありますしかなり簡単で、戸惑うことはないと思います。一方、通信速度に関しては少々物足りない結果となりました。

それでもインターネットの利用はできると思います。価格も安いので、緊急避難的に使うのならばこのプリペイドSIMでもよいでしょう。

次回はドイツLycamobile編の最後としてプリペイドSIMカードの登録について紹介したいと思います。