ドイツでプリペイドSIMを使う その11: O2をドイツ国外で使う

ベルリン

前回はO2のSurf Managerというオンラインサービスを紹介しました。

今回はO2のプリペイドSIMカードをドイツ以外で使うとどうなるかを紹介します。

ドイツは周囲の国とは陸続きですし、また、ヨーロッパ圏内は格安航空網も発達しているので、ドイツから他の国へ移動することもあると思います。

今回はO2のプリペイドSIMをドイツ国外で使った場合について紹介したいと思います。

EU圏内

O2はEU圏内はローミングサービスを提供しており、ローミング料金も他の地域よりは比較的安くなっているようです。

また、EUに加盟はしていませんが、アイスランドやバチカン市国、サンマリノ、モナコもEU圏内と同じ料金体系のようです(スイスはEU非加盟でやや割高の料金体系になります)。

EU圏内の他国に移動するとO2からSMSが2通送られてきます。

通話・SMSローミング料金

1通目は通話料金とSMS料金について。ドイツ語ですが意味は「EU圏内では通話は0.41ユーロ/分、着信は0.13ユーロ/分、SMSは0.13ユーロ」ということです。

dataroaming

2通目はデータ通信料金について。こちらもドイツ語で意味は「EU圏内では0.15ユーロ/100KBで、最大1ヶ月(カレンダーでの1ヶ月)あたり59.5ユーロ」ということです。

以下ではO2のWebページを参照しながら、関係しそうなところをピックアップして紹介します。

通話

EU圏内でローミング中での1分あたりの通話料は下記のようになっています。

ドイツへの通話 0.41ユーロ/分
EU圏内での通話 0.41ユーロ/分
日本への通話 1.29ユーロ/分
着信 0.13ユーロ/分

例えば、フランスなどに一時的にいる場合、ドコモのSIMカードでローミングすると、通話料金はドイツへは280円/分、日本へは180円/分となります。EU圏内にいる場合は、O2のSIMカードをそのまま使うと良いでしょう。

SMS

SMS料金体系は単純です。送信が1回0.13ユーロ、受信は無料です。

こちらも、フランスでドコモのSIMカードでローミングした場合だと、SMSは1通100円です。こちらでもO2のほうがお得です。

データ通信

料金は0.15ユーロ/100KBです。メールの送受信程度でしたら添付メールがなければ100KB以下に収まることもあると思います。これくらいのローミング料金なら常用は無理でも、ある程度は使っても平気ですね

データ通信を行うためには、スマートフォン側の設定で「設定」→「無線とネットワーク」→「モバイルネットワーク」→「データローミング」をONにする必要があります。

フランスでドコモのSIMカードでローミングした場合だと、「50パケットまで50円、それ以上は0.2円/パケット」となっています。ドコモは1パケット128バイトですから、仮に一度に100KB通信したとすると800パケットですから200円となります。データ通信でもO2のほうがお得です。

日本

O2のプリペイドSIMカードは日本でも使うことができます。ローミング先はドコモかソフトバンクです。

日本でO2のプリペイドSIMカードをセットして電源を入れると次のようなSMSが送られてきます。

20120514-012957

EU圏内の場合と違ってこのSMSは料金案内ではなくて、税金(消費税)についての説明のようです。

ローミング料金を確認するにはO2のWebページを見る必要があります。

通話

日本でローミング中での1分あたりの通話料は下記のようになっています。

ドイツへの通話 2.99ユーロ/分
EU圏内への通話 2.99ユーロ/分
日本国内への通話 2.99ユーロ/分
着信 0.13ユーロ/分

ドコモの国際電話サービスを使うと、ドイツへの通話は平日昼間は216円/分、平日夜間と土日祝は156円/分となっています。これはドコモががんばっていますね!

SMS

SMS料金は、送信が1回0.59ユーロ、受信は無料です。

ドコモでドイツにSMSを送ると1回50円ですので、よっぽどの円高・ユーロ安にならなければドコモのほうがお得です。

データ通信

料金は0.12ユーロ/10KB (100KBあたりではありません)。

当然ながらドコモのSIMカードがあるのならば、それを使ったほうが良いと思います。

(実は、仮にパケット定額などを契約していないと、ドコモは1パケット(128バイト)あたり0.21円なので、10KB通信すると16.8円だったりします(さらに300円/月のiモードあるいはspモード契約が必要)。1ユーロ100円とすると実はO2のほうが安かったりします。)

その他の国

カナダ・シンガポールなどその他の国でもO2はローミングサービスを提供しております。料金体系は日本で使用する場合と同等になります(クロアチア・トルコ・チュニジア・アメリカは若干安いです)

まとめ

今回はドイツのO2のプリペイドSIMカードをドイツ国外で使う場合の料金を紹介しました。

EU内でしたらローミング料金も割りと抑えられているので、短期滞在でしたら、わざわざその国でSIMカードを購入する必要もないかもしれません。

また、海外のプリペイドSIMの場合、日本からその国へ通話する場合は、海外のプリペイドSIMカードを使ったほうが安い場合もあるのですが、O2の場合はそうではありません。国内ではドイツに通話するときにもドコモのSIMカードを使いましょう。

次回は、O2のプリペイドSIMカードについていったんまとめをしたいと思います。