ドイツでプリペイドSIMを使う その5: O2で料金のチャージ

ケルン

前回までで買ってからとりあえず使った感想を一通り記載しました。

次はO2のプリペイドSIMカードを末永く(?)使うために、SIMカードに料金をチャージ(リチャージ あるいは TOP UP)する方法について照会します。

最初に白状しますが、私はリチャージしたことがありません。このページの内容は私がドイツ語を必死に翻訳した結果だと思っていただければ幸いです。

ATMによるリチャージ

銀行のATMでリチャージできるそうです。私のプリペイドカードについてきたマニュアルでは一番最初に照会されていました。これがお勧めの方法なのかもしれません。対応している銀行は

  • HypoVereinsbank
  • Sparkassen
  • Volks- und Raiffeisenbanken
  • Postbank

このうちPostbankのみは”口座を持っていること”という記述がありました。逆に言うとそれ以外は、口座がなくてもATMを見つけられればリチャージできるのかもしれません。

リチャージカードの利用

15ユーロ、20ユーロ、30ユーロのリチャージカードがあるそうです。マニュアルにはいろんな店で売っていると書いてあります。

リチャージカードには削る部分ばあって、削ると数字(リチャージ番号)が出ます。「*103*リチャージ番号#」を発信すれば完了です。

リチャージに成功するとSMSが送られてくると思います。

私がMediaMarktで購入したように一部のお店ではリチャージカードではなく、レジでレシートを発行してくれて、そのレシートにリチャージ番号が書かれています。これをeバウチャーというようです。

こちらの場合も同じく「*103*リチャージ番号#」を発信すれば完了です。

インターネットでクレジットカードによるリチャージ

http://www.o2.de/aufladungにアクセスするとクレジットカードでリチャージできると書いてあります。しかしリチャージの前に何らかの登録が必要みたいです。

画面は全部ドイツ語ですし、ちょっと敷居が高いです。

Bank Transferによるリチャージ

なんだかよくわかりませんでした・・・

まとめ

どう見ても、リチャージカード(あるいはeバウチャー)を使うのが手っ取り早いです。問題はどこで売っているか良くわからないこと。その辺のキオスクやスーパーで売っているんでしょうか?

ただ、やっぱりインターネットでのチャージは魅力的です。どこにいてもリチャージできますし、すでにO2のプリペイドカードを持っていれば、ドイツに行く前に日本でリチャージするしておくということもできるかもしれません。

できるかどうかわかりませんが、次回はインターネットでクレジットカードによるリチャージに挑戦してみたいと思います。